電子(e)内容証明とは?

電子内容証明(e内容証明)って、何ですか?

それは、ずばり字のごとく電子の内容証明です。(笑)

みなさんは、インターネット上から郵便が出せることを知っていますか?

実は、ポストに手紙を入れなくても、インターネットから手紙が出せるんです。パソコンで手紙文を作成し、インターネットで郵便事業株式会社の新東京支店に送信すれば、送信した手紙を印刷し、封筒に入れてくれます。そして、普通の郵便物と同様に配達されるのです。これを Webレター(コンピュータ郵便/Webゆうびん(旧ハイブリッドめ〜るサービス)と言います。

この「コンピュータ郵便」の付加サービスが、「電子内容証明(e内容証明)」サービスです。つまり、パソコンで内容証明を希望する文書を作成し、インターネットで郵便事業会社の新東京支店に送信すれば、郵便局側で内容証明の処理をやってくれるというものです。すなわち、用紙や封筒も郵便局が用意してくれるうえ、3通分の手紙の印刷、封筒の印刷、封入、発送とすべてやってくれるのです。

これにより、自分で同文の手紙を3通作成する必要も、差出人・受取人を書いた封筒を用意する必要もありません。何よりも郵便局に行く必要がありませんので、待ち時間もありません。しかも、インターネットで24時間受け付けています。(大きい郵便局なら24時間受付のところはあります。)

他に特徴としては、文字数の制限が緩和されています。従来の約3枚分の文字数が、電子内容証明では1枚分で記載できます。また、内容証明に必要な手紙の3通のうち1通は、差出人が証拠の謄本として保管すべきものですから、電子内容証明の場合、郵便局から差出人宛てに送られてくるという特徴もあります。

何だかいいことずくめの様ですが、実はそうとも言えません。

電子(e)内容証明サービスを利用するためには、まず、利用者登録をしなければなりません。料金の支払い方法は、クレジットカードか料金後納となりますが、クレジットカードの場合は、ホームページと電話で利用者登録は比較的すぐに完了しますが、クレジットカードがない等の理由で料金後納を選ぶ場合は、郵便局へ行って料金後納の審査申請をしなければなりません。この場合、利用者登録が完了するまで数日かかる場合もあります。

次に、利用者登録が完了したら、郵便事業会社の『電子(e)内容証明サービス』のホームページからソフトをダウンロードし、パソコンにインストールしなければなりません。

そして、何よりも、『電子(e)内容証明サービス』のホームページの説明を一つ一つ読むのがなかなか大変です。

電子(e)内容証明サービスは、頻繁に内容証明郵便を利用する事業所等にとっては便利ですが、初めて利用する一般市民にとっては、面倒かもしれません。

ところで、電子(e)内容証明は、料金体系も違います。参考までに、郵便局から出す場合との料金の比較を以下に掲げておきます。


注意 2016年4月3日より、電子内容証明郵便のやり方が変更になりました。詳しくは、電子内容証明郵便の新サイトでご確認ください。
電子内容証明(e内容証明)サービス


(参考)旧サイト 電子内容証明(e内容証明)サービス




参考

手紙文の枚数ごとの料金(通常の場合)(※ 枚数は、郵便局から出す場合の枚数

郵便局から出す場合

電子(e)内容証明サービス

1枚

@通常郵便物の料金  82円
A内容証明料    430円
B書留料      430円
C配達証明料    310円
D速達料      280円

@基本料             82円
A電子郵便料           15円
B内容証明料(謄本作成・照合等)375円
C内容証明料(差出人への送付) 298円
D書留料            430円
E配達証明料          310円
F速達料            280円

合計 1,252円(@〜Cまで)

合計 1,510円(@〜Eまで)

2枚

A内容証明料   +260円

合計 1,512円(@〜Cまで)

合計 1,510円(@〜Eまで)

3枚

A内容証明料   +260円

合計 1,772円(@〜Cまで)

合計 1,510円(@〜Eまで)

4枚

A内容証明料   +260円

A電子郵便料           +5円
B内容証明料(謄本作成・照合)+353円

合計 2,032円(@〜Cまで)

合計 1,868円(@〜Eまで)

なお、この表の手紙文の枚数は、郵便局から出す場合の枚数を表しています。電子(e)内容証明では、文字数制限が緩和されており、郵便局から出す場合の約3枚分の文字数が、電子内容証明では1枚分で記載できます。このため、この表では、郵便局から出す場合の3枚分までは、電子(e)内容証明の料金は変化しないことにしてあります。

(注意)この表の料金は、おおよその目安です。各種の事情によって変化します。







このエントリーをはてなブックマークに追加


 基本を教えて? はじめての内容証明

> 《ダイジェスト版(概要)》 内容証明郵便とは

> 内容証明ってな〜に?
> 配達証明ってな〜に?
> 内容証明と配達証明のまとめ
> 内容証明の効果・効力
内容証明の効果 2
> 電子(e)内容証明とは?
> 証拠の保管と再度証明

サイト内検索






※「はじめての内容証明」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2001-2016 Office Jin. All Rights Reserved.