映画の誘惑

TOPDVD

戦争映画ベスト50に向けて(DVDガイド)

これまでにつくった「フィルム・ノワール ベスト50」「西部劇ベスト50」にならって、「戦争映画ベスト50」というのをつくろうと思ったのだが、作業をはじめてからだいぶ立つのに、いっこうにまとまりそうにない。しょうがないので、作成中につくったメモを、なんとか体裁を繕ってむりやりアップした。

平凡社の『世界大百科事典』には、戦争映画とは「戦場,戦闘を描いた映画,戦争をドラマの背景にして銃後の生活を描いた映画,侵略者に対する抵抗を描いた映画(レジスタンス映画),戦争のつめあとが残っている戦後の社会を描いた映画等々の総称」と書かれている。これだけでもかなり広範囲の映画をカバーする使い方になっていると思う。しかし、ここではこれよりもさらにアバウトな意味で「戦争映画」を考えている。すなわち、戦争行為と戦争を生み出すシステム(軍隊その他)に関係がある映画は、すべて戦争映画であるというのが、ここでの立場である。したがって、フレデリック・ワイズマンの『軍事演習』のようなドキュメンタリーもここでは戦争映画と見なされる。ただし、19世紀以前の戦争を描いた作品については、いずれ歴史映画というくくりで考えるつもりなので、いくつかの例外を除いて、ここでは考慮に入れない。

まだ作成中で、適当に分類してタイトルをならべただけだが、様々な戦争映画に、様々な角度から光を当てることはできたと思っている。

 

海外のDVDが再生出来る!! Pioneer DV-420V-K(光沢黒) Multi-Format DVD, HDMI対応【海外仕様】

戦争映画と歴史

 

『ズール戦争』『夏の嵐』 『ウォーカー』 『夕日のギャングたち』

『モホークの太鼓』 『アメリカ』

南北戦争:

『国民の創生』『騎兵隊』『勇者の赤いバッヂ』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『南部の反逆者』『壮烈第七騎兵隊』『風と共に去りぬ』『薔薇は何故赤い』『キートンの将軍*大列車追跡)』

ロシア革命

『戦艦ポチョムキン』『女狙撃兵マリュートカ』

第一次大戦

『暁の偵察』『四人の息子』 『私は弾劾する』『西部戦線1918』『Les croix de bois』『黙示録の四騎士』『私が殺した男』『武器よさらば』 『担え銃』 「世界の心」『ビッグ・パレード』『西部戦線異状なし』『栄光』『つばさ』 『永遠の戦場』 『大いなる幻影』『ヨーク軍曹』 『突撃』 『銃殺』 『ジョニーは戦場へ行った』 『肉弾鬼中隊』 『詐欺師トマ』

レジスタンス:
『鉄路の白薔薇』『死刑執行人もまた死す』『無防備都市』 『戦火のかなた』『影の軍隊』『海の沈黙』

ヴィシー政権:
『小さな赤いビー玉』

ナチ:
『マンハント』『生きるべきか死ぬべきか』『ヒトラーの狂人』 『リリー・マルレーン』『地獄に堕ちた勇者ども』 『海外特派員』『救命艇』『黙示録の四騎士』『ヒトラー ドイツ映画』『戦場を駈ける男』『戦火の傷痕』 『地下水道』 『大列車作戦』

コラボ:
『哀れみと同情』
『ルシアンの青春』

日常:
『さよなら子供たち』『パリ横断』『禁じられた遊び』『大進撃』

太平洋戦線:
『ミッドウェイ海戦』『空軍/エア・フォース』『攻撃目標ビルマ』『コレヒドール戦記』『真珠湾攻撃』『硫黄島の砂』『ここより永遠に』『裸者と死者』『トラ・トラ・トラ』『硫黄島からの手紙』『陽動作戦』 『ならず者部隊』『プライベート・ライアン』『シン・レッド・ライン』『戦場のメリークリスマス』『アナタハン』

『スタジオ・クラシック・シリーズ 陸の戦いBOX太平洋戦線』(太平洋戦争下の陸戦をテーマにした名作「ガダルカナル・ダイアリー」「地獄の戦場」「ならず者部隊」「白い砂」「トリポリ魂~海兵隊よ永遠なれ~」の5タイトルをセットにしたDVDボックス。)

ヨーロッパ戦線

北アフリカ:
『砂漠の鼠』『にがい勝利』『大侵略』

ロシア戦線
『L'uomo della croce』『愛する時と死する時』『戦争のはらわた』 『スターリングラード』『僕の村は戦場だった』『秘密諜報員』『国境の町』『海に出た夏の旅』『戦いのない20日間』『動くな、死ね、甦れ!』

イタリア戦線:
『白い船』『戦火のかなた』『Lo sbarco di Anzio』『G・I・ジョー』『イタリア戦争映画DVD-BOX』(伝説的なイタリアン戦争映画の2枚組BOX。クエンティン・タランティーノ監督によるリメイクが予定されている『地獄のバスターズ<デジタル・リマスター版>』と、名優マルチェロ・マストロヤンニ主演の『裂けた鉤十字/ローマの虐殺』を収録。)

フランス戦線:
『史上最大の作戦』『パリは燃えているか』『特攻大作戦』『プライベート・ライアン』

ベルギー戦線:
『戦場』『大反撃』

『愛欲と戦場』『攻撃』『白い砂』 『眼下の敵』『遠すぎた橋』『駆逐艦ベッドフォード作戦』 『パットン大戦車軍団』『最前線物語』 『ドイツ零年』 『テレマークの要塞』

『スタジオ・クラシック・シリーズ 陸の戦いBOXヨーロッパ・アフリカ戦線』(ヨーロッパ、アフリカ戦線での陸戦をテーマにした名作「砂漠の鬼将軍」「砂漠の鼠」「脱走特急」「遠すぎた橋 〈特別編〉」「大列車作戦」「レマゲン鉄橋」の6タイトルをセットにしたDVDボックス。 )

ショアー:

『夜と霧』『パサジェルカ』『ショアー』『Hotel Terminus』『シンドラーのリスト』

朝鮮戦争

『鬼軍曹ザック』『折れた銃剣』『地獄への退却』『トコリの橋』『最前線』 『サヨナラ』『勝利なき戦い』 『M★A★S★H』

アルジェリア戦争


『アルジェの戦い』『ロスト・コマンド 名誉と栄光のためでなく』 『小さな兵隊』 『自由、夜』

ベトナム戦争

『グリーン・ベレー』『地獄の黙示録』『ディア・ハンター』『ベトナムから遠く離れて』『ランボー』『プラトーン』『フルメタル・ジャケット』

冷戦と核の恐怖:

『テレマークの要塞』 『博士の異常な愛情』 『未知への飛行』

内線の傷跡:

『スペインの大地』『戦争は終わった』 『旅芸人の記録』『ゲバラ』『大地と自由』『麦の穂をゆらす風』 『アンダーグラウンド』

パレスチナ:

『D.I.』『ジェニン ジェニン』『キプール』『栄光への脱出』『石の微笑』

『コロンビア・プレミアム 戦争映画コレクションBOX 18枚組』

[『アラビアのロレンス[2枚組]』『戦場にかける橋[2枚組]』『ナバロンの要塞』『将軍たちの夜』『サハラ戦車隊』ほか、コロンビア映画が誇る珠玉の戦争映画16タイトルを収録した18枚組BOX。全商品にキネマ旬報社特別編集の解説本「名画への扉」を封入。]

上に戻る

戦争のジオグラフィー

 

小高い丘 ;

『地獄の黙示録』『シン・レッド・ライン』『突撃隊』『ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場』『あの高地を取れ』

ジャングル;

『地獄の黙示録』『燃える戦場』

砂漠;

『アラビアのロレンス』『フォスター将軍の栄光』

孤島;

『アナタハン』 『硫黄島からの手紙』 『硫黄島の砂』

塹壕;

『担え銃』『突撃』

橋:

『遠すぎた橋』

国境:

『大いなる幻影』 『ユリシーズの瞳』

上に戻る

戦争映画の機械

 

戦闘機


『つばさ』『軍法会議』『空軍/エア・フォース』『トルペド航空隊』『スタジオ・クラシック・シリーズ 空の戦いBOX』(空中戦をテーマにした名作「ブルー・マックス」「英空軍のアメリカ人」「頭上の敵機」「追撃機」「空軍大戦略」「633爆撃隊」の6タイトルをセットにしたDVDボックス)

ヘリコプター:

『地獄の黙示録』『キプール』

戦艦・潜水艦

『中共脱出』 『地獄と高潮』『戦艦シュペー号の最後』 『眼下の敵』 『深く静かに潜行せよ』 『ミスタア・ロバーツ』

『スタジオ・クラシック・シリーズ 海の戦いBOX』(海戦をテーマにした名作「眼下の敵」「ビスマルク号を撃沈せよ!」「ミッドウェイ囮(おとり)作戦」「潜航決戦隊」「モリツリ/南太平洋爆破作戦」「深く静かに潜航せよ」の6タイトルをセットにしたDVDボックス。)

列車

『鉄路の闘い』 『大列車作戦』

戦車:

『パットン大戦車軍団』

ジープ:

地雷:

『地獄へ10秒』

原爆:

『二十四時間の情事』

トーチカ

無線:

拡声器

『燃える戦場』『M★A★S★H』

訓練所:

『長い灰色の線』『ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場』

捕虜収容所

『大いなる幻影』『捕らえられた伍長』『第十七捕虜収容所』『ブリック』

軍事法廷:


上に戻る

戦争のイデオロギー

 

『わんぱく戦争』 『まぼろしの市街戦』

架空の国の戦争

『我が輩はカモである』
『独裁者』 『それはここで起きた(It's happened here)』

支配の日常:


『フィールド・ダイアリー (Field Diary)』『ルート181:パレスチナーイスラエル 旅の断章』

軍国主義:

『パニッシュメント・パーク(Punishment Park)』
『軍事演習』

寓話としての戦争

『銃殺』 『恥』 『緑色の髪の少年』 『カラビニエ』 『1941』

上に戻る

ジャンルとしての戦争映画

 

メロドラマとしての戦争映画:


『愛する時と死する時』

コメディとしての戦争映画:

『我が輩はカモである』 『生きるべきか死ぬべきか』『独裁者』『M★A★S★H』

SFとしての戦争映画:

『スターシップ・トゥルーパーズ』

戦争映画の紋切り型;


戦争映画の女性像


野戦病院の看護婦、娼婦

『M★A★S★H』

上に戻る

参考文献

 

サミュエル・フラー『映画は戦場だ』

Copyright(C) 2001-2007
Masaaki INOUE. All rights reserved.

 

masaakiinoueをフォローしましょう

 

映画の誘惑 セレクション

映画DVD新作情報

コメディ映画 ベスト50

映画史を作った30本

フィルム・ノワール ベスト50

西部劇ベスト50

戦争映画ベスト50に向けて