突然涙が、、、

今年の夏は一体どうなっているのか?
8月初めに梅雨明け宣言をしたかと思えば、お盆にはお布団が欲しくなるくらいの寒さ。
そして、今日24日はこの夏最高の暑さである。
何に怒るといっても、この天地異変だけは当たりようがない。
植物に影響がなければよいがと危惧する今日この頃である。

しかし、思うに人間にしてもしかり。
情緒不安定なのか、突然わ〜んと泣きたくなることがある。
突然怒ったり、突然笑い出したり、、、

8年前に20歳という若さで次女は天国に逝った。
若い子にはまれな小脳出血であった。
月日が解決してくれると人は言う。しかし、これは希望的観測でしかない、と私は思う。
悲しみは薄れるどころか、年々濃くなっていくような、、、
いつもにこにこしていれば、大丈夫。いつも何かに夢中になっていれば大丈夫。
しかし、隙を見ては忍び寄る涙がいた。突然思い切り泣き出したくなる自分がいる。
しかし、それはそれでいいのではないかと。
悲しいこと、苦しいこと、色々あるけれど、それはそれでいいのではないかと。

「いつでも会える」「もう一度会える」
きっときっと自分のそばにいつでもあの子はいる。。。

平成15年8月