塞翁が馬

平成17年7月31日

back

next

home

「塞翁が馬」とは?

砦の近くの老人の馬。
昔、中国の北方の砦近くの村に、うらない事の好きな老人が住んでいた。
ある時、この老人の馬が不意に敵陣に逃げ行ったので、人々がこれを不幸だと言うと、
老人はこれが幸せをもたらすこもしれないと言った。
ところがなんと、その馬が数ヵ月後に、立派な馬を引き連れて戻ってきたので、
人々は大いに祝った。
しかし、老人はこれが不幸になるかもしれないと言った。
老人には一人息子があり、この子は好んでこの良馬に乗った。
ある日落馬して骨を折ってしまった。
人々は、これを不幸だといって嘆いたが、老人はこれが幸せをもたらすのだと言った。
そして、やがて敵が攻めてきて戦争になった時、近所の若者達は戦場で戦って、
ほとんど死んでしまったが、老人の息子は、足が悪かった為に戦場にかり出されることなく、
父子ともども無事であったという。

人間にとって何が幸せか、不幸かを、一概に判断するのは難しい。
人生の幸不幸は、定まってはいず、互いに原因になりあって、変化してゆく。

ものの捕え方で、人生模様も変ってくるのは確かである。
昔中学生の頃こんな物語を読んだ。
以前にも書いたかもしれないが、やしのみにとってその話はいつまでも、そうこの60歳に近い
この歳になるまで心に残っている、いわば座右の銘の如くの話である。
それは今考えると「プラス志向」を教えてくれた、最初の教本なのであった。
その少女は何が起きても全て良い方に解釈してしまう。
例えば、片足をなくした子に対しても、もう一方の足があって良かったわね、という具合に。
発想の転換にも繋がる。
いやなことに遭遇した時に、そのいやなことのみを考えるのではなく、そのことでもたらす
色んな事象を考える。
掲題の場合は、マイナス志向も掲げているので、言わんとすることとは少しニュアンスは
違ってくるが、要するに一つの現象に対して、結果はどうころぶか分らない。
ウダウダ考えても仕方がないということなのだろう。

1億円の宝くじが当たる人もいれば、300円しか当たったことがない人もいる。
まさしくやしのみは後者であるが・・・(笑)
しかし、貧乏人はいつまでも貧乏人でもない。
お金持ちはいつまでもお金持ちとは限らない。
家庭がいつまでも平和だとは限らない。
いつまでも健康であるとは言い切れない。
しかし、奇跡を生むこともある。
がん患者が直ったと言う話も聞く。
いろいろいろいろ・・・

心の持ち方で、なんと人生は様々に彩られることか。
一度しかない人生ならば、塞翁が馬の話の如く、飄々と生きてみたいものである。