お待たせしました!32回目となりました2019年サマーキャンプは、本日5月5日から参加受付開始です。
今年は、ほぼ昨年と同じプログラムで実施します。(プログラムは2年ごとに変え2020年は新しいプログラムで実施。)
サマーキャンプの大きな特徴は、4連泊の野外での泊まりとそこで原体験する「ミッション チャレンジ&サポート」
のアクティビィティです。
「ミッション チャレンジ&サポート」は、山中泊をしながら自分たちが選択した目標にチャレンジする
「チャレンジチーム」とそのチャレンジチームをサポートする「サポートチーム」の両方の体験を通して
目標に向かってチームでチャレンジすることの大切さと、チャレンジするチームをどう具体的に
サポートすることが相手に感謝と信頼が生まれる応援となるのかを学びます。また同時にチームワーク、
仲間がいることの大切さやリーダーシップなどを1週間のキャンプを通して学びます。
今年もひとりひとり個性のある子どもたちと、想い出に残る熱い時間を過ごしたいとスタッフ一同考えています。
お子さまのご参加心からお待ちしています。


2019サマーキャンプ〈32th〉

期間:8月4日(日)〜10日(土) 6泊7日

                           昨年のサマーキャンプから


スケジュール

 日  午前 午後      夕方〜 宿泊 
 4日    14時30分現地集合
オリエンテーション
みんなでゲーム! 
ミーティング 
   ウエルカム ディナー
/スタッフ料理

きもだめし!
 
CHE泊
  5日 ・「ミッション チャレンジ&サポート」の説明とチーム分け
説明→情報配布→チーム分け→
チーム名決定→チャレンジチームミーティング→
発表→サポートチームミーティング→発表
 みずがきの森公園へ
出発
大テント張り!
 みんなで夕食づくり  ミーティング
明日の準備
 全員
 6日    「ミッション チャレンジ&サポート」      
チャレンジチーム 山中泊
チャレンジチームA   準備→スタート9時        

サポートチームB
 サポートチーム
 7日   「ミッション チャレンジ&サポート」     ふりかえり
各チームで
全員で
 
 フリータイム 夕食  ミーティング 
明日の準備
 全員
チャレンジチームA               14時ゴール

サポートチームB
 8日    「ミッション チャレンジ&サポート」      
チャレンジチーム 山中泊
チャレンジチームB  準備→スタート9時  

サポートチームA
 
 サポートチーム
 9日   「ミッション チャレンジ&サポート」     ふりかえり
各チームで
全員で
大テント撤収
片付け
温泉入浴

 CHEへ 
 さよならパーティ
準備→パーティ
 
CHE泊
チャレンジチームB               14時ゴール

サポートチームA


 10日
全員協力して川登りにチャレンジ!   クロージング 
スタート 孫女橋→
ゴール平橋
ゴール地点で川DEランチ!
 
 14時30分現地解散予定



☆「ミッション チャレンジ&サポート」でチャレンジチームになる場合は、スタッフから提示されたいくつかの山からひとつの山をチームで選び、スタート地点のみずがきの森公園から山中で1泊し目的を果たし、再びスタート地点まで戻ってくるというものです。どの山を選ぶかどのように行くのか、どこで泊まるのか、必要な持ち物などを計画準備します。
サポートチームになる場合は、チャレンジチームの計画発表を聞いてどのようにサポートするのがチャレンジチームのためになるのか考え、具体的にサポートの準備をし、実行します。
☆いずれのアクティビティもスタッフが同行します。
☆川登りチャレンジ!は、滝の下から川に入り、滝を登り急流を歩き全員で力を合わせてゴールを目指します。
(注)天候や参加者の状態などにより山やスケジュールなどが変わる場合があります。  


   

みんなをサポートするチームサマキャンのスタッフ  
 
フル参加の6人のサポーターです。 
(キャンプネームのアイウエオ順で掲載)

おぶっちゃん
(小吹 真司。静岡から参加。ファシリテーター)
卓球歴30年。現在、静岡市卓球協会常任理事。水泳が得意で山も大好き人間です。
2012年〜2015年、2018年サマーキャンプスタッフ。
個人事業主「伝心」代表。
さくら
(野本さくら。滋賀から参加。サマーキャンプOB)
現在、滋賀の森のようちえん「えくぼ保育園勤務。栄養士。
2018年サマーキャンプスタッフ。
なおみさん
(田崎 尚弥。
山梨。
ファシリテーター)

エデュケイション・ラボラトリー所属
まろ
(田崎 哲夫。
山梨。
ファシリテーター。)元、京都の山岳会「京都北嶺会」チーフリーダー。エデュケイションラボラトリー代表/人間関係トレーニングファシリテーター。

むね
(河合宗寛。長野から参加。ファシリテーター。)
青年海外協力隊、日本アウトワードバウンド協会でインストラクターとして活躍。2015年独立。山岳ガイドと体験講座を行う「ウイルダネス・ファシリテーション」を立ち上げ代表となる。ベーシックコース2013年、2015年受講。

 りんご
(堀内 雄太。山梨。高校3年生。)高校1年から北杜市の放課後子ども教室(ほくとワクワク教室)のスタッフとして活躍。昨年サマーキャンプのスタッフとして初参加。「子供たちのお兄ちゃん的な存在でありたい」がモットー。
いずれのファシリテーターもエデュケイション・ラボラトリーの人間関係
ファシリテーションを過去に学んだ人、または現在学んでいる人です。  


サマキャンの特色
エデュケイション・ラボラトリーのいくつかのキャンプに共通した目的は、「お互いの違いを
理解する」、「お互いを尊重し、お互いに分かり合う関係をつくる」ことにあります。そのため
キャンプでの学習方法は「体験学習」を使い、様々な原体験で起きたことを「ふりかえり」、
学ぶようにしています。
スタッフは、子供たちが感じたことや気づいたことをそのまま素直に表現できるように関わりながら、
子供たちの主体性を大切に運営していきます。
サマキャンでは、特に子供たちの豊かな感情を引き出し、スタッフや子供たち同士のつながりから
学ぶために、人間関係の学習方法をベースに行っているのが特長です。


開催要領

日時 2019年8月4日(日)〜10日(土) 6泊7日
会場 山梨県北杜市須玉町江草7838 クリエイティブハウス・江草(宿泊・主会場)
塩川獅子淵、瑞牆山麓みずがきの森公園、北杜市の山とその周辺。
対象 小学校2年生〜中学生(小学1年生の参加は事前にご相談ください)
定員 15名(定員になり次第締め切りますのでご了承ください。)
参加費 39,000円
(講座料、宿泊食事代、保険、野外キャンプ用品、川登り用品レンタル代、温泉代)
「参加のしおり」が届いてから口座にお振込みください。お振込みをもって参加確定となります。
申し込み 申込書をクリックしていただき、プリントアウトして必要事項をご記入の上FAX(0551-42-4481)で
お送りください。
Eメールでも受け付けます。必要事項(申込書)をご記入いただきメールしてください。
なおこちらからは受け付け確認のメールまたはFAXを必ずお送りしますのでご確認ください。
その他 開催1ヶ月前に「参加のしおり」をお送りします。
キャンプ中の様子はFBで公開する予定です。
定員はスタッフの人数と経験により決めています。お問い合わせは随時承っています。