tuzi now back number
***目次***
(2003-2016)

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月








tuzi now

5月25日(水)

「ゴミ問題」

漬物部屋と‘開かずの間’を片付けながら、大量のゴミが出た。
ほとんどが燃えないゴミ=鍋、釜など。
他に、大き目のザルとか、プラスチックの蓋とか、
ポリエチレンの大きな樽やバケツとか・・・。
「これって、燃えないゴミの粗大ゴミとして出していいの?」
分からんから、ダメもとで出してみようか・・・?
車で3往復分でした。
結果、見事に置いていかれました。
「プラスチックとか、ポリエチレンて、なんだろ?燃えるゴミ?」
ゴミ集積所に置いていかれた大量のゴミは私が出したものの残骸。
私の住む地域では、燃えるゴミ用とプラスチック用の2種類の袋があります。
「もしかして、プラスチック用なのかな?」
考えても分からんから、役所に電話して聞いてみた。
置いていかれたゴミは、燃えるゴミなんだって。
さっそく袋を持って集積所に行った。
残骸は、燃えるゴミ用の袋で2個分になりました。
「ビンに入ってるんだけど、さび付いて開かないのはどうしたものか・・・?」
缶に入っているのも同様で、古すぎて開かないのです。
中身を取り出すこともできない。困ったものだ・・・。

さて、今日はダンボールや古布の回収日でした。
これまた底の抜けた大量のダンボール。
ボロボロでしたが、なんとかごまかしながら十字に縛って出しました。
結果、それらはキレイに回収してくれてましたが、問題は古布です。
しっかり置いていかれてました。
古布といっても、ボロボロのマットレス3枚です。
十字に縛ったらなんとかなるかな〜、と思ったのが甘かった。。。
これも、燃えるゴミ用の袋にギュウギュウに詰めて3個分。
私が袋詰めに悪戦苦闘してたら、近くを通りかがったオバちゃんに、
「袋に入れてないから持って行かないのね」と声かけられた。
「ふふ・・」って頷いてごまかしたけど、そうじゃないと思うのよねー。
だって、今日は十字に縛れば持ってってくれる日のはず。
でも、置いていかれたっていうのはさ、
単純に私が分別に失敗したせいだと思うんですが。
なんとか押し込んで、袋に詰めてきました。
「フウ・・・疲れた〜」
集積所には回収してもらえなかった我が家の残骸が5個も取り残されています。
果たして次回、持って行ってもらえるでしょうか?
お願いですから持ってって欲しいー。
それにしても相変わらずゴミの分別、わからんわー。
分からんのは全部、燃えるゴミ、ってことでよろしいのかな?





Copyright (C) 2002-2016 by tuzi All Rights Reserved.



no.003