tuzi now back number
***目次***
(2003-2016)

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月








tuzi now

7月24日(月)

「その男凶暴につき」

3月にノラ猫を手なづけようとして失敗していた私は、子猫でも通らないだろうか、と
春に生まれるノラ猫の子猫が迷い込んで来るのを期待していた。
しかし期待は外れ、オスのノラ猫さえ姿を見せなくなってしまった・・・。
そんな5月のある日。
親戚の叔父さんがやってきた。
自宅から遠くの職場に通ってる息子さんが、ノラ猫を拾ってきたという。
それがメス猫だったため、現在身ごもっているという。
「子猫いらないか?」
猫が飼いたいと願っていた私には天から降ってきたような話し。
というわけで、5月末に生まれたという子猫を見に叔父さん宅に行ってきました。
おそらく生後2ヶ月で、エサを食べ始めたというので、叔父さんとしては一刻も早く
引き取ってもらいたいみたいで。
子猫は5匹生まれてて、私が見た限り4匹はメス。
1匹だけがオスみたい。
メスと思われる4匹は毛並みも似ていて、オスの1匹だけが明らかに毛色が違っている。
メスの子猫たちは可愛い黒系のトラ猫で、白が多かったりはたまた黒が多かったりで
どの子も可愛らしい。
一方、オスの子は赤トラで、この子だけはなーんか毛並みが単調だ。
メスだと子猫を身ごもったりして、何かと気持ちが休まらない。
譲られるならオス、と考えていた私に選択の余地はない。
赤トラをもらい受けてきた。
名前はトラ(←トラ猫だから)


凶器は鋭い爪と歯
常に身構えていないと、前触れなく襲い掛かってくる

我が家にやってきた時は、体長25cm、体重650g
一週間経った現在、体長30cm、体重750g
順調に育っているようですが、まだおっぱいを欲しがって探すしぐさをする時があります。
あまりに小さいので、ツッビー(←チビが訛った)と呼んでいます。


ヒラヒラしたものが気になるみたいで、カーテンにじゃれるツッビー
私のスカートにもじゃれて、足が傷だらけに・・・

小さくて元気いっぱい走り回ってます。しかも威嚇の横っ走り!
困っているのは、爪を立てて引っかいて、鋭い歯でかぶりつく事です。
服も靴下もボロボロ・・・生傷が絶えません・・・。
なんだかんだ言いながらも父も気にかけているようす。
その父も生傷が絶えません・・・。
ツッビーはまだまだ子猫で遊ぶことしか考えてない様子で、
人見知りもなく、遊んでくれるなら誰でもいいみたい。
このままではただの暴れ者ですが、成長したら、何か個性が現れるかもしれないと期待しています。
今はゴミ箱が好きみたいで、家中のゴミ箱というゴミ箱に潜り込み、ひっくり返している。
チロぽんが拾われた時もこのぐらいだったと思うが、こんな乱暴物じゃなかったし、
茶さんにいたっては極端な人見知りで、絶対によその人には姿を見せなかった・・・。
歴代の男の中でこいつたけが、乱暴者だ。
叱れば叱るほど歯向かってくる極端な負けず嫌いなのだ。
「三つ子の魂百まで」、ツッビーがこのまま荒くれ者にならないことを祈るばかりだ。


父ちゃんの膝にうもれてるツッビー
父は噛みつき引っ掻かれ防止に毛布を掛けている





Copyright (C) 2002-2017 by tuzi All Rights Reserved.



no.003