恩塚鸞鳳玉ストロンギ(アストロフィツム属)

仙太郎のサボテン再開驚きシリーズ第2弾は恩塚鸞鳳玉です。
仙太郎がサボテンを再開して非常に驚いた出会いの一つがこの恩塚鸞鳳玉でした。
仙太郎がサボテンを中断した昭和46年当時にこのような特殊な白点を持った有星類は見たことがありませんでした。
しかも、四角もあれば三角もあって、更にはそれほど高くないと言うことは、既にかなり以前からあったことを伺わせます。
恩塚鸞鳳玉は恩塚さんが作出した頃は背が高い小柄な球だったそうで、それを山川さんが改良され、今のような背の低い大きな立派な球に育て上げられたのだそうです。
最近、恩塚という名称が、仙太郎が入会していた「優型ギムノを守る会」に同じ頃に入会されて来られたあの恩塚勉さんである事を知りました。
当時は広島県の尾道市ご在住で、例会にも積極的に出席され、ギムノの分類集に毎回添付されていた特集「ギムノ・ロコ」にも何度か寄稿しておられました。
しかも、仙太郎とさほど遠くない年齢に見られたにもかかわらず、既に故人との事です。
ですから仙太郎にとっては今でも「ギムノの恩塚さん」なのですが、色々なことを思い出させてくれる鸞鳳玉です。


恩塚鸞鳳玉ストロンギ(アストロフィツム属)

2007年春のサボネットオフ会で、山川さんが他の本格的なサボテンクラブに出しても人気を得そうな、恩塚の白点の特徴を大変良く出している恩塚ストロンギの大球を競りに出されました。
オフ会は初心者の人が多数を占める会で、温室を持っている人はごく少なく、ベランダや窓際、あっても小さなフレームという人が多い会ですから、皆さん、大きな球は敬遠する傾向があるのです。
当然今回も値段はつり上がりませんが、山川さんはそんなことは承知の上でこのような立派な球をいつも出して下さっているのです。
そこでご厚意に甘えて今回は仙太郎が競り落としてきたという訳です。
でも、さすがにフレームに置いてみるとそのでかいこと。
その日から早速我が家のフレームの主になってしまいました。

<ひとくち栽培メモ>
多分、普通の鸞鳳玉と同じ扱いで良いのではないかと思います。
白点が密だと言う事は、強光線を必要とすることを伺わせます。
栽培法が鸞鳳玉と同じとすれば、培養土は普通の配合で良い筈で、更に有星類には一般的に石灰質を多くすると良いと言われますから、ボレーなどのカルシウム成分は多めにする方が良いだろうと思います。
鸞鳳玉は般若に次いで根が丈夫ですから、過湿に敏感な種類が多い有星類の中では水やりにさほど気を遣う必要のない、楽な品種です。
成長期は春から秋までで、冬は水を控えて休ませます。
兜のように高温を保ってやらなくても、しっかり成長します。