兜−1/白い兜(アストロフィツム属)

最近の兜は本当に白点が大きく、白い姿に変わって来ましたね。
こんなの昔だったらいくらしたか分かりません。
勿論、大量に入って来ていた原産地球にだってこんなのはまずありませんでした。
品種改良の賜物といえるでしょう。
これは埼玉の岩田さんから譲られた兜で、白さが特に目立つタイプの一つです。
スーパーとミラクルの区別さえままならぬ仙太郎には良く分かりませんが、この兜はじつはミラクル兜の血が濃いんだそうです。
兜ばかり並べている方が居られますが、こんな兜ならたとえ狭いフレームでも、いくつ置いても良いなと思えてきます。




兜−2/白い兜3種(アストロフィツム属)

これらも白さが特に際だつタイプです。
これも岩田さんから分けて頂いたものですが、大の兜好きの栽培家による長い改良のくり返しによって、最近ではこのような真っ白タイプの兜が随分見られるようになって来たのは本当に喜ばしいことです。
白点が多いぶんだけ、普通の兜よりも少し光線を強くする方が良いかも知れません。


兜−3/ロイヤルスーパー(アストロフィツム属)

ロイヤルスーパーという名称はどうも一般的なものではなく、スーパー兜と瑠璃兜の交配によって作出された中から特に面白い形質を持つものに対して岩田さんが命名されたもののようです。
ご覧のように、スーパー兜の中でも特に白点が連なって巨大化する形質と、岩田さんの瑠璃兜特有の青色が混じる独特の濃い肌色が強いコントラストを形作っていて、なかなか見飽きしない鑑賞価値の高さを持っています。
まだ現存数が少なく、固定化はまだ先のことかも知れませんが、これからもっと普及して買い求めやすい価格になり、兜好きなら誰でも手に入れる事が出来るようになると、兜のコレクションの幅がより広がって楽しいものになるでしょうね。


兜−4/テキサス兜(アストロフィツム属)

昭和の頃、輸入される兜の中に妙に白点が大きくて目立つ兜がありました。これを他とは区別してテキサス兜と呼んでいました。
おそらくテキサス州から来る兜にそのタイプが多かったんでしょうね。
白点は大きかったですが、体に点在する小白点の方は今の兜ほど目立つタイプは少なく、たまにある小白点も大きいタイプは非常に貴重でした。
伊丹さんがドリーム兜と呼んで栽培しておられた球もテキサス兜の一種であったと聞いています。
この球はテキサス兜の姿を彷彿とさせるので、わが家でテキサス兜と呼んで育てているものです。
今では殆ど見向きもされないタイプなんでしょうけれどねf(^-^;)

兜−5/瑠璃兜(アストロフィツム属)

岩田さんから譲られた瑠璃兜ですが、青みがかった深い色合いの肌色が魅力的な瑠璃兜です。
瑠璃兜はれっきとした原産地球があるのですが、おそらく今、国内で流通している瑠璃兜は殆ど兜と、碧瑠璃鸞鳳玉、或いは群鳳玉などとの交配から生まれた園芸改良種ではないかと想像します。
なぜなら、雑種強精と言うか、同じ環境で栽培してもどうも兜よりも根が丈夫な気がするのです。栽培技術がまだまだ未熟な時代に1センチばかりの小苗をいっぱい買い求めた時、普通の兜は根腐れで殆ど全滅してしまったのに、瑠璃兜は全部生き残っていたという経験があるのです。
瑠璃兜は肌が魅力の兜として、兜群像の中にちりばめておくとなかなか映える良い品種だと思います。

 

兜−5/兜錦(アストロフィツム属)

兜錦は最近は本当に安くなって来ましたね。
この株のように斑周りの良い兜錦だと、昭和のあのころだったら万札が10枚くらい必要でした。当時の貧乏学生やサラリーマンに買える物ではなかったのです。
だからどうしても昭和世代の我ら古狐達はそのころのノスタルジーで、今でも兜錦には目がない傾向があるようです。
だから仙太郎のフレームでも、しばらく居なくなっても、またどこかから買って来てしまうんですなあf(^-^;)

<ひとくち栽培メモ>
兜ほどよく普及しているにもかかわらず、栽培がやさしくないサボテンも珍しいと思います。
これはその独特の味わいからファンが多く、苦労しながらも色々なタイプを求めて多くの人が改良に努め、実に大量の苗が世の中に出回っているからではないでしょうか。
すなわち、枯れても枯れてもあとからあとから生産されて行くのです。
兜は基本的にかなり根の弱いサボテンです。
根が弱いにも関わらず、水は大好きと来ていますから実に困ったちゃんなのです。
根腐れを起こさない基本は、「湿っている時は根を温かく」に尽きると思います。
培養土は水はけに特に気を遣い、その代わりに水やりの頻度は多くして、適度の湿り気が培養土に長く保たれている状態にすることが理想でしょう。
比較的高温と湿度を好みますから、あまり通風を計り過ぎるとコチコチになってしまう傾向がありますが、ただし、順調に育てると寿命は20年程度だそうですが、経験的にコチコチ栽培をすると寿命は40年位はあるように思います。
一般的に強光線を嫌いますが、白点の濃いタイプはそれなりの光線量が必要のようです。
植え替えの際は根本から1センチほどを残して切断してしまう方法を岩田さんから教わりましたが、この方法は確かにその後の根腐れに強く、仙太郎もお勧めです。
根を切った時に空中雑菌に非常に弱く、簡単に赤腐されが侵入しますから、ここ太平洋沿岸地域では根の切断は空気が良く乾燥して空中雑菌が少ない2月頃が理想的ではないかと思います。
仙太郎の場合はやむを得ずに湿度の高い時に根を切った場合は必ず切り口にベンレートを塗り込むことを忘れません。