>chronology>TOP


chronology 1997


1997/01/01 ローソン CM、放送開始。

※編注:森高千里の夫役で出演。翌1998年まで20パターンが放送された。

1997/01 DWWWにて声明文「around the daisyworld」を公開。

※参照:DWWW archives

1997/01/15 代々木アニメーション学院音楽学部の無料1日体験入学で講演。代々木/代々木アニメーション学院東京校。

1997/01/18 『キーボード・マガジン』(リットーミュージック)発売。
HATインタビュー/直感的に素早く作業を進めることが僕たちにとっては何より大切なんです
スウィング・スロー インタビュー/ミッドセンチュリーの音楽の響きを今の時代によみがえらせたかったんです

1997/01/24 『エスクァイア』3月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載対談「ホソノ・アワー」/マイクタイソンあらわるの巻。 細野晴臣 × テイ・トウワ

1997/01/25 『ジャップ』12号(光琳社出版)発売。
インタビュー

1997/02/01 『Ronza』3月号(朝日新聞社)発売。
対談/夢見の技法・インディアンの言葉 中沢新一 × 細野晴臣
※編注:連載「中沢新一の書評対談」第3回。

1997/02/02 代々木アニメーション学院音楽学部の無料1日体験入学で講演。代々木/代々木アニメーション学院東京校。

1997/02/06 『朝日新聞』夕刊発行。
スウィング・スロー インタビュー/50年代ポップスの響き再発見

1997/02/08 19:45 DWWWのゲストブック(掲示板)に投稿。

1997/02/10 『週刊ポスト』2月21日号(小学館)発売。
インタビュー/「商品最優先」ではないパーソナルな独立音楽レーベルを旗揚げ 撮影・文:安珠

1997/02/11 クォーテーションズ『HOT LIVE !!』ゲスト出演。札幌テレビの取材が入る。札幌/ベッシーホール。
クォーテーションズ  内海謙一(kbd, vo)、三上敏視(g, etc.)、井上大介(kbd)、野表直(b)、大山淳(ds)、谷崎牧子(vo)、細野晴臣(kbd, b, perc, vo)
 蝶々-San
 ウォリー・ビーズ
 ハニー・ムーン
 Iko Iko
 Don't You Just Know It
 High Blood Pressure
 他

1997/02/13 札幌テレビのニュース番組で、クォーテーションズ『HOT LIVE !!』の模様が紹介される。
コメント
※編注:「蝶々-San」「Iko Iko」の演奏の一部が放送された。 

1997/02 猿田彦大神巡行祭の予備調査で沖縄/宮古島へ。現地の祭り・トゥクルフムを見る。

1997/02/24 『エスクァイア』4月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載対談「ホソノ・アワー」/コンピュータでロックの巻。 細野晴臣 × 鮎川誠+シーナ

1997/02/25 『ミスター・ハイファッション』4月号(文化出版局)発売。
インタビュー/無名性の音楽、デイジーワールド。

1997/03/10 『バァフアウト!』4月号(ティーシーアールシー)発売。
鼎談/高木完「WORD!!!」SPECIAL 高木完 × 細野晴臣 × 松永耕一

1997/03 『談』no.56(たばこ総合研究センター)発売。
対談/その人の音……アンビエント・ミュージックをめぐって 細野晴臣 × 中沢新一

1997/03/21 『Ar21』vol.2(Ar21編集部)発売。
インタビュー/quiet edge

1997/03/24 『エスクァイア』5月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載対談「ホソノ・アワー」/森の石松とは誰かの巻。 細野晴臣 × 鮎川誠+シーナ

1997/03/25 村上ユカ『はちみつ』発売。
ハニー・ムーン:ambient

1997/03/25 22:45 NHK総合『私の第一作 - ファースト』放送。出演。
細野晴臣(g, vo)
 ろっかばいまいべいびい

1997/03/26 イエローマジックオーケストラ『ライブアットグリークシアター1979』発売。
ビハインド・ザマスク:synthesizer
中国女:synthesizer
コズミック
サーフィン:synthesizer
ライディーン:synthesizer
デイ
トリッパー:synthesizer
千のナイフ:synthesizer
東風:bass
※1979/08/04@グリークシアター

1997/04 シーナ&ロケッツのレコーディング終了。

1997/04/24 『エスクァイア』6月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「ホソノ・アワー」/AFTER HOURS 淡々とした一年でしたの巻。
※編注:最終回。細野晴臣のインタビュー。

1997/04/27 23:05 ニッポン放送『森高千里 Step by Step』放送。出演。
共演:森高千里

1997/05/14 DWWWのコラム「quiet voice」更新。
森高千里さんのこと
※編注:ローソンCM撮影の裏話。

1997 テイ・トウワ『サウンド・ミュージアム』フライヤー発行。
コメント

1997/05/24 『エスクァイア』7月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。連載「細野晴臣の問答2001」開始。
連載「細野晴臣の問答2001」/ものを集めるということ。

1997/05/25 テイ・トウワ『サウンド・ミュージアム』発売。
The Sound Museum:marimba
GBI(German Bold Italic):chorus

1997/06 『レインボウペーパー』Vol.4(RAINBOW 2000)発行。
対談/サウンドに込められた祈り、そして放射される魂。 岡野弘幹 × 細野晴臣

1997/06/18 20:00 チャラのレコーディング。
しましまのバンビ:bass

1997/06/24 『エスクァイア』8月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/システムに終わりは来るか。

1997/06/25 南佳孝『スケッチ・オブ・ライフ』発売。
bass
※編注:参加曲は特定不能。細野晴臣の他、高水健司、バカボン鈴木、岡沢茂がベーシストとしてクレジットされている。

1997/06/25 『リトルモア』VOL.1(リトル・モア)発売。
対談「音楽の先輩」第一回/細野晴臣 × 中原昌也

1997/06/27 リサ・カーボン『トリオ・デ・ジャネイロ』発売。
re-mastering

1997/06/27 データサイド『オンダス』発売。
re-mastering


1997/06/30 ミックスマスター・モリス&ジョナ・シャープとのレコーディングが決まる。

1997/07/02 ブライアン・イーノ『ザ・ドロップ』発売。
寄稿/名の無い力

1997/07/15 『サウンド&レコーディング・マガジン』8月号(リットーミュージック)発売。
シーナ × 鮎川誠 × 細野晴臣 インタビュー/コンピューターをロックさせることができると確信した 新しいロックンロールになったんだ

1997/07/21 テーリ・テムリッツ『クチュールコスメティック』発売。
re-mastering

1997/07/24 『エスクァイア』9月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/音楽の現在形と未来形。

1997/07/25 V.A.『サマー・オブ・レインボー 97』発売。
細野晴臣
 Biogenic Frequency:produce, compose, all instruments

1997/07/27 『ユリイカ 詩と批評』8月号(青土社)発売。
鼎談/「日系人」になりたい! 細野晴臣 × 中沢新一 × 蓮実重臣

1997/08/03 朝『RAINBOW 2000 白山』出演。石川/白山瀬女高原スキー場。
出演:BOOM BOOM SATELLITES、ナガイ・エリ、タツヤ・オオエ、YAMA、フィル・フリー、WADA、田中フミヤ、ケンイシイ、Photek、アレックス・パターソン
岡野弘幹 with 天空オーケストラ & 細野晴臣
 曲目不明

1997/08 シーナ&ロケッツ『@HEART』フライヤー発行。
鼎談/TALK@HEART シーナ&ロケッツ × 細野晴臣

コメント
※編注:鼎談ではアルバム『@HEART』収録曲を楽曲ごとに解説。

1997/08/06 シーナ&ロケッツ『@HEART』発売。
produce, keybords, electronics
 Makoto is My Love:bass
 Kitchen Panic:bass
 Indian Heart:compose
 Beautiful:bass

1997/08/06 シーナ&ロケッツ「INTERNET KISS/BEAUTIFUL」発売。
produce, keyboards, electronics
※編注:「Internet Kiss」はシングル・バージョン。「Beautiful」は英語バージョン。

1997/08/08 榊ひろと・高護のインタビュー取材を受ける。

※編注:同年12月12日発売の『HITSTORY 筒美京平 ultimate collection 1967〜1997』同梱ブックレットに掲載。

1997/08/10 『RAINBOW 2000 Mt.FUJI』フューチャー・グラウンドに出演。静岡/日本ランドHOWゆうえんち。
出演:GIO、Bamboo Data、ZACK、サワサキヨシヒロ、something wonderful、中山ケイ

岡野弘幹 with 天空オーケストラ & 細野晴臣
 曲目不明


1997/08 ミックスマスター・モリス&ジョナ・シャープのレコーディング。白金台/クワイエットロッジ。

1997/08/15 ヴァガボンド・シネマ・ポップス・アーケストラ『Promotional Only(from outer space)』へのコメントを脱稿。

1997/08/15 『スクロール』02デシベル(インタシグナム)発行。
鼎談/TALKING UP DIGITAL シーナ&ロケッツ × 細野晴臣
※編注:タワーレコード監修のフリーペーパー。

1997/08/20 DWWWのコラム「quiet voice」更新。
森高千里と打ち合せ!?

1997/08/21 ワールドスタンダード『カントリー・ガジェット』発売。
produce, guitar
 Country Sad Ballad Man:compose, instruments

1997/08/21 エヴリシング・プレイ『ポッシュ』(LP)発売。
ラル・インレイン:compose
※編注:オリジナル・モノ・ミックス。


1997/08/22 細野晴臣プレゼンツ『デイジー・ワールド・ミュージアム』初日。木場/東京都現代美術館。
サウンド・インスタレーション
※編注:館内には他に、アトム・ハート&テツ・イノウエ(サウンド・インスタ レーション)、ニック・フィリップ(CD-ROMとビデオ)、ハシモト・ミカ(CD-ROM)、テーリ・テムリッツ(ビデオ)、ティプシー(ビデオ)の作 品を展示。ミュージアム・ショップではTシャツ等グッズの販売も。8月24日まで3日間催された。


1997/08/22 17:00 『デイジー・ワールド・ミュージアム』コンサートに出演。木場/東京都現代美術館 企画展示室アトリウム。
出演:鈴木惣一朗、小柳帝、パシフィック231、ヴァガボンド・シネマ・ポップス・アーケストラ

DJ

スウィング・スロー コシミハル(vo)、細野晴臣(g, vo)
 曲目不明

1997/08/23 『エスクァイア』10月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/日本のソウルミュージックとは

1997/08/25 『ミスター・ハイファッション』10月号(文化出版局)発売。
アンケート/カンヌ映画祭についてのいくつかの質問
※編注:特集「50回めのカンヌ映画祭、その歴史と行方。」内。

1997/09/09 テイ・トウワのリミックス・レコーディング。白金台/クワイエットロッジ。
サウンド・ミュージアム

1997/09/10 テイ・トウワ『GBI』発売。
GBI(Radio Edit):chorus
GBI(German Bold Right)
:chorus

1997/09/19 シーナ&ロケッツ『LIVE@HEART』ゲスト出演。新宿/リキッドルーム。
シーナ&ロケッツ  シーナ(vo, Tambourine)、鮎川誠(g, vo, cho)、渡邊信之(g)、穴井仁吉(b)、東川元則(ds)、細野晴臣(b, bendir)
 Train Train
 Olds Mobile Rock
 Kitchen Panik
 Pledging My Time
 
Satisfaction
 Johnny B.Goode

1997/09/21 チャラ『ジュニア・スウィート』発売。
しましまのバンビ:bass

1997/09/22 『weekly ぴあ』9月29日号(ぴあ)発売。
コメント/私にとってのドラムン・ベース
※編注:特集「世紀末の音楽『ドラムン・ベースって何?』」内。

1997/09/24 『エスクァイア』11月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/未来型コンサート空間とは何か。

1997/09/26 猿田彦大神巡行祭に参加するため、伊勢/猿田彦神社へ。

1997/09/27 11:00 猿田彦大神巡行祭の出発報告祭で奉納演奏。伊勢/猿田彦神社 仮殿。

1997/09/27 沖縄へ移動。

1997/09/28 10:00 猿田彦大神巡行祭。沖縄/斎場御嶽(セイファウタキ)で奉納演奏。

1997/09/28 17:00 猿田彦大神巡行祭。沖縄/久高島・西の浜で奉納演奏。

1997/09/29 6:00 猿田彦大神巡行祭。沖縄/久高島・伊敷浜で奉納演奏。

1997/09/29 鹿児島へ移動。

1997/09/29 16:00 猿田彦大神巡行祭。鹿児島/霧島神宮で奉納演奏。

1997/09/29 17:30 猿田彦大神巡行祭。鹿児島/霧島神宮古宮跡(高千穂河原)で奉納演奏。

1997/09/30 宮崎へ移動。

1997/09/30 17:00 猿田彦大神巡行祭。宮崎/高千穂・天岩戸神社参拝。

1997/09/30 夜 三上敏視に「神楽をやろうと思う」と告げる。宮崎/高千穂。

1997/10/01 6:00 猿田彦大神巡行祭。宮崎/高千穂・国見が丘で奉納演奏。

1997/10/01 10:00 猿田彦大神巡行祭。宮崎/高千穂神社で奉納演奏。荒建神社参拝。

1997/10/01 福岡へ移動。

1997/10/01 18:00 猿田彦大神巡行祭。福岡/志賀島・志賀海神社参拝。

1997/10/02 島根へ移動。

1997/10/02 17:00 猿田彦大神巡行祭。島根/佐田神社で奉納演奏。

1997/10/02 18:30 猿田彦大神巡行祭。島根/加賀神社参拝。

1997/10/03 6:00 猿田彦大神巡行祭。島根/加賀の潜戸で奉納演奏。

1997/10/03 11:00 猿田彦大神巡行祭。島根/出雲大社で奉納演奏。

1997/10/03 伊勢へ移動。

1997/10/04 14:00 猿田彦大神巡行祭。伊勢/阿射加神社で奉納演奏。二見輿玉神社参拝。

1997/10/04 17:00 猿田彦大神巡行祭。伊勢/猿田彦神社に帰社報告、奉納演奏。

1997/10/05 猿田彦大神本殿遷座奉祝祭で奉納演奏。伊勢/猿田彦神社。

1997/10/12 猿田彦神社おひらきまつりで奉納演奏。伊勢/猿田彦神社。

1997/10/14 『ワッツイン』11月号(ソニー・マガジンズ)発売。
対談/ミラクルなふたり 森高千里 × 細野晴臣

1997/10/15 森高千里「ミラクルライト/ミラクルウーマン」発売。
produce
 ミラクルライト:compose, arrangement, programming, keyboards, bass, guitar
 ミラクルウーマン:compose, arrangement, programming, keyboards

 ミラクルライト(Original Karaoke):compose, arrangement, programming, keyboards, bass, guitar

1997/10/21 コシミハル『ロデオ・ド・パリ』発売。
Western Picaro:drums

1997/10/24 『エスクァイア』12月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/現代人はなぜ終末に憧れるか。

1997/10 HATのレコーディングのため、チリ/サンチャゴへ。

1997/11/01 18:30 東京国際映画祭にてジェームズ・キャメロン監督の映画『タイタニック』ワールド・プレミアを観る。渋谷/Bunkamuraオーチャード・ホール。

1997/11/03 15:15 学習院大学『桜凛祭』で講演。目白/学習院大学 西5号館303教室。
細野晴臣(g, vo) 
 バースデイ・ソング
※編注:「バースデイ・ソング」はネイティブ・アメリカンの伝承歌。

1997/11/07 20:00 テレビ朝日「ミュージック・ステーション」生出演。
共演:タモリ、V6、サザンオールスターズ、杏里、ル・クプル、スーパー!?テンションズ、米倉利紀

森高千里&細野"HARRY"晴臣  森高千里(vo)、細野晴臣(g, cho) 他
 ミラクルライト

1997/11 ヴァガボンド&ハリーのレコーディング。白金台/クワイエットロッジ。

1997/11/22 『エスクァイア』12月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/ドラマ性を必要としない音楽とは。

1997/11/27 テイ・トウワ『ステューピッド・フレッシュ』発売。
サウンド・ミュージアム:remix

1997 アカシック・レコーズのオフィシャル・ミニ・ブック発行。
コメント
※編注:アカシック・レコーズは当時テイ・トウワが発足させたレーベル。細野晴臣のコメントは、アルバム『ステューピッド・フレッシュ』でリミックスを手がけた「サウンド・ミュージアム」について。


1997/12 ミックスマスター・モリスの訪問を受ける。白金台/クワイエットロッジ。

1997/12/06 『読売新聞』夕刊発行。
取材記事/タイタニック号 乗船し助かった細野晴臣の祖父 「卑劣な日本人」の汚名晴れた
※編注:タイタニック号から生還した祖父・正文が遭難事故の様子を記した手記について。細野晴臣のコメントを含む。

1997/12/11 『週刊文春』12月18日号(文藝春秋)発売。
取材記事/祖父の「日記」が晴らした細野晴臣一族の濡れ衣
※編注:タイタニック号から生還した祖父・正文が遭難事故の様子を記した手記について。細野晴臣のコメントを含む。

1997/12/12 V.A.『HITSTORY 筒美京平 ultimate collection 1967〜1997』発売。
インタビュー
※編注:volume.1とvolume.2、それぞれにブックレットが同梱されているが、細野晴臣のインタビューはどちらも同内容。

1997/12/13 ヴァガボンド&ハリー『Who wants the Hula-Hoop ?』発売。
executive produce
 Who wants the Hula-Hoop:vocal
 Christmas was Late !!!:voice

1997/12/13 21:00 TBSテレビ『世界ふしぎ発見』放送。出演。
タイタニック・愛と悲しみの航海

1997/12/17 森高千里『Let's Go EP』発売。
ミラクルウーマン(Miracle master mix):remix, programming, keyboards

1997/12/24 『エスクァイア』2月号(エスクァイア・マガジン・ジャパン)発売。
連載「細野晴臣の問答2001」/トランスから戻るための音楽とは。

1997/12/31 21:00〜翌未明 『IF2000 g@m 'COUNTDOWN to 2000 NIGHT'』プロデュース、出演。恵比寿/ガーデンルーム。
出演:パシフィック231、竹村延和、アパッチ61、ティプシー、ワールドスタンダード、シダカルヤ、岡野弘幹&天空オーケストラ、MUNE

ヴァガボンド
・シネマ・ポップス・アーケストラ  岡田崇、真壁尚也、細野晴臣(vo)
 
Who wants the Hula-Hoop

細野晴臣  
細野晴臣(g, vo, perc)、コシミハル、三上敏視、福澤もろ、原口宏
 Afrikagura
 他

update:2019/07/02

1996< >1998
情報をお寄せください
edited by no-id associates, 2001-2019