シュークリーム

【 材 料 】(直径5cmのもの約15個分)

シュー皮の材料 
 バター
 水 
 小麦粉
 たまご

カスタードクリームの材料
 小麦粉
 コーンスターチ
 砂糖
 卵黄
 牛乳
 バター
 バニラオイル

60g
3/4カップ
90g
4個〜4と1/2個


20g
20g
50g
3個
2カップ
10g
少々
シュークリームは見た目より難易度の高いお菓子。
いくつかのポイントを外さなければ上手に仕上がります。
何度か作ってみて、コツをつかんで下さいね。

 
【 下準備 】

・ オーブンは200℃にあたためておく。

【 作り方 ・ シュー皮 】

1 たまごはボウルに割り入れ、溶きほぐしておく。小麦粉はふるっておく。

2 なべにバターと水を加えて強火にし、バターが完全に溶けてぷくぶくと
  沸騰するまで熱する。バターが溶けたらなべを火からおろし、ふるった小麦粉を
  一度に加えて手早く混ぜる。生地がひとまとまりになったら再びなべを中火にかけ、
  焦がさないよう木べらで練るように混ぜて水分を飛ばす。なべ底に白く薄い膜が
  張るくらいになるまで3〜5分ほど混ぜたら火からおろす。

3 2に1の溶きたまごを半量を一度に加えよく混ぜ合わせる。木べらですくうと
  ゆっくりと三角形の形になって落ちてくる程度の硬さになるように、残りのたまごを
  少しずつ加えて混ぜる。

4 直径1cmくらいの丸型口金をつけた絞り袋をに3の生地を入れ、オーブンペーパーを
  敷いた天板の上に絞り出す。直径3〜4cmくらいの大きさを目安に丸くこんもりとした形に絞る。
  絞り袋がない場合はスプーンですくって同様の大きさになるように落とし、形を整える。
  事前にオーブンシートの裏に絞り出す場所を書いておくと便利。霧吹きで表面に水を吹きかけ、
  水で濡らした指で生地の頂点を押さえて形を整えておく。(つやを出したい場合は、
  霧を吹く前にカスタードクリームで余った卵白を良く溶いて、刷毛で表面に叩くようにして塗る)

5 200℃のオーブンで7〜8分分焼き、180℃に温度を下げて引き続き7〜8分焼く。
  この間、絶対にオーブンの扉は開けない事。ふんわり膨らんで薄い焼き色がついたら
  出来上がり。オーブンから出して粗熱を取る。


【 作り方 ・ カスタードクリーム 】

1 ボウルに卵黄を加えて泡立て器でほぐし、砂糖、小麦粉、コーンスターチを加えて
  よく混ぜておく。沸騰直前まで温めた牛乳を一気に注いで手早く混ぜ、万能こし器で
  こしてなべに移す。

2 なべを中火にかけ、木べらでなべ底をこするように力を入れながら煮る。フツフツと泡が出て、
  全体にとろみがついてきたら2〜3分ほど焦がさないよう力を入れて練り、粉くささを飛ばす。
  クリームにつやが出てきたら火からおろし、バターとバニラエッセンスを加えて全体をよく混ぜる。
  急ぐ場合はなべ底を氷水につけて混ぜながら冷ます。そうでない場合はクリームの表面に
  ぴっちりとラップを張って涼しいところに置いて冷ます。


【 仕上げ 】
1 シュー皮の上から1/3くらいのところを包丁で切り離し、クリームをスプーンですくって
  詰めて切り離した皮でフタをする。皮切り離さず、径の小さい丸口金をつけた絞り袋に
  入れて側面から絞り入れてもOK。

※上手な皮作りのポイントは、必ず沸騰したバター水に小麦粉を入れる事、溶きたまごを少しずつ
  加えてちょうど良い固さに調節する事、オーブンに入れてから膨らむまでは絶対に
  扉を開けない事。この3つは必ず守って下さい。

copyright(c)やさしい食卓