ラムサール条約湿地 「東よか干潟」 
 
佐賀市東与賀町の海岸に位置して有明海に広大に広がる泥干潟です。渡り鳥の重要な
中継地としてまた越冬地としてシギやチドリ、ツクシガモ、クロツラヘラサギ類の飛来数は
日本一と云われています。東よか干潟には餌となるゴカイなどの生物が豊富に生息して
いるからです。野鳥たちは潟地を集団で移動してまた次の餌地を求めて集団で飛び立ち
ます。その野鳥の舞いは一旬 空が暗くなりまるで映画を見ているかように素晴らし光景です。
 
撮影 2018.01.4