ゆどのやま of 常温固体核融合

arata_banner1.jpg

荒田吉明 (あらた よしあき)先生
文化勲章受章  日本学士院会員  大阪大学名誉教授

読者への感謝
日本全国、海外から閲覧してくださり誠にありがとうございます。心強い多数の読者により当HPは支えられております。 当HPでは不十分な点が多々ありますので、固体核融合についての更なる情報は、上述の参照URLを手がかりにしてください。 情報の発信に際しては、不特定多数が閲覧するインターネットという特性を十分に考慮しました。 HP作成にあたっては、間違ったことを広めてしまわないように心がけております。記述ミスやリンク切れが生じた際には、分かる範囲内で本文記述を訂正しております。 記述内容について誤解や曲解を招かないために、参照サイトを厳選し、事実に沿って述べるという手法を取りました。 参考文献につきましては、信頼性が高く、かつ、極力、現存するURLを示しました。 そして、読者の皆様が読後に確認出来るようにいたしました。   以上

事実関係のみを転載いたします ご覧ください♪

< JCF8の報告 >
2007年 11/29(木)、11/30(金)、同志社大学でJCF8(第8回日本CF研究会の年会)

LinkIcon文化勲章受賞者の荒田吉明先生(大阪大学名誉教授)の招待講演

< JCF9の報告 >
2009年 3/28(土)、29(日)、静岡県産業経済会館でJCF9 LinkIcon第9回常温核融合研究会

< ICCF16 (in インド・チェンナイ) 情報 >

http://www10.ocn.ne.jp/~solid_fu/



< 荒田吉明先生が特許を出願>

特許庁のLinkIcon公報テキスト検索

出願内容(公開特許公報)を誰でも見ることができます。

クリックして出たページで、
「出願人/権利者」の所に”荒田吉明”   「要約+請求の範囲」で”ナノ粒子”と入力

「検索」ボタンを押してください。

”ヒット件数1件”と出たら「一覧表示」をクリックします。すると

特開2008-261868
超高密度重水素化ナノ粒子を用いる核融合による多量の発熱及びヘリウムの造出方法並びにその装置

と出願内容が表示される。

さらにクリックして出たページで上方にある「要約、「請求の範囲」、「詳細な説明」、「利用分野」
・・・等を選択することで詳しい内容を追うことができます。

発熱のみならず、ヘリウムの製造装置としても位置づけている点がユニークで面白いですね。

*リンク先サイトを利用することによって、何らかの損害または不利益等が生じた場合でも、一切責任を負いかねますのでご了承ください。