Categories

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. (2006年6月まで)
  4. (2006年6月〜)
  5. デイサービスセンターとの出会い
  6. 連絡帳から
  7. 皆さんに支えられて
  8. ショートステイを利用して
  9. 2003年の動き
  10. 2004年の動き
  11. 2005年の動き
  12. 2006年の動き

Favorite Sites

  1. Y.Gardenブログ
  2. 育老日記ぶろぐ
  3. お茶の間日記
  4. 趣味三昧Blog

ショートステイを利用して

●母は、デイサービス(週3回)を利用しています。
母は、3時間位なら一人で留守番もできますが、長時間の外出は食事のこともありできません。
2001年の12月下旬に、思い切って2泊3日のショートステイを申し込み、希望の日程で実現しました。
母には事情も話し、その場では快く了解してもらいました。
ところが、当日の朝から帰ってくるまでには、いろいろと予想外のことがおきました。
このページは、ショートステイ初体験の感想を記しました。

ショートステイとは、@短期入所生活介護(ショートステイ) A短期入所療養介護(医療型ショートステイ)があります。
介護老人福祉施設・介護老人保健施設などに短期間入所して、介護サービスを受けられます。

●2001年12月に初めてのショートステイを利用しました。
前もって施設のケアマネージャーの方が来られ、本人の様子を見て契約書等事務的な手続きを済ませました。

当日の朝、母には私が家を留守にするので、その間みてもらえる施設に行くようになったこと等を話し了解を得ていました。
ところが、迎えに来てもらった時点で予想外の言葉がでました。
「そうまでして、行くことはない。 自分は一人で留守番をしているから・・・」と泣きながら訴えました。
「明後日には帰って待っているから・・・」などと、なだめすかし、まるで幼児状態でした。

2日目の夕方、施設のほうで困っておられる事はないかと電話を入れたところ、1日目の夜勤をされた方から母の様子を聞かされました。
「車椅子から一人で立ち上がろうとして、ずり落ちたようになったみたいです。腰から背中にかけて5〜6本の傷ができました。消毒等しておりますが、家でも何か薬を塗ってください。 帰るときの連絡のメモに記入しておきますから・・・」という言葉がありました。

預ける側としては、契約書にサインする時点で何があるかわからないことを覚悟した上でお願いするのですが、私も母の傷を見るまでは「私が楽をしようとしたからだ・・・」と自分を責める気持ちになりました。

デイサービスの施設とは異なるので、デイサービスで気になっていること・気をつけていることを事前に職員の方からショートの施設に連絡を入れていただいた上での出来事でした。
それと同時に、施設からのメモには「穏やかに過ごされました」という文字しか記載されていなかったのです。
前日に電話で話した職員の方の言葉とは全く違う対応に、施設への不信感が残りました。

●今後は毎月定期的にショートステイを利用しながら,できるだけ在宅で看ていこうと思っていた矢先のことでしたが、その後のショートステイは2002年7月中旬まで利用する気になりませんでした。
ショートステイを体験し、何かすっきりしない気持ちが残ったまま1ヶ月余り経過したある日、市役所のホームページを見ていて「意見欄」があることに気づきました。

●廿日市市役所のホームページに意見を書き込みました!

高齢者福祉係の方へ!
「廿日市市のホームページ(高齢者福祉サービス)で、各施設のショートステイ受け入れ態勢の情報が分かるようになりませんか?」

87歳の母親を介護しています(要介護2)  中度の痴呆もあり、歩行も5m位しかできません。
デイサービス(週3回)を利用しています。

昨年の12月下旬、デイサービスとは別の施設で、初めてのショートステイを利用したのですが、運悪く車椅子からずり落ちて背中から腰にかけて5〜6本の擦り傷をしました。
デイサービスの職員の方から事前にショートの方へ母の様態を伝えて頂いた上での出来事でした。

家族の者としては、家にいても怪我をしたり、骨折をすることもあるので仕方ないと思います。
しかし、事後の施設の対応が今ひとつ納得できなかったこともあり、不信感が残りました。
そして、今月は友人の葬儀で急遽ショートステイを利用したく申し込みましたが、ケアマネージャーさんから「初めての利用者は本人の様子がわからないので、受け入れたくない施設が多い」とのことで断られました。
この地域の施設では、初利用者はお断りなのでしょうか?
前回利用した施設は、上記の通り不信感がありましたので、他のところを希望しましたが、だめでした。

出来るだけ在宅で・急な事態になればショートという考えを持っていましたが、毎月定期的に利用しないと、急用では間に合わないことが分かりました。
この2ヶ月間で感じたことは、ケアマネージャーさんが一人で各施設に問い合わせをするのにも時間がかかるし、私たち利用者の家族が一番知りたい情報(例えば、今日は何処の施設に空きがあるか? 送迎をしてもらえるのか?など)をこのホームページで公開することはできないでしょうか?

廿日市市のホームページを見れば、介護者もケアマネージャーも一目瞭然で介護サービスが選べるとうれしいです!
介護者が急病・急用の時など家族も助かると思います。
近い将来、ホームページに情報が記載されることを希望します。          以上

●意見欄に書き込みをした2日後に、市役所の担当者の方から電話で問い合わせがありました。
「こういう意見は、今までになかったことです。 そして利用者の方からあったのも初めてでした。
まだ、各事業所がWAMNETでそこまでの情報を公開するところまでできていないので・・・。
また、ケアマネージャーさんから、利用者への施設の紹介についても、公平にあたるように等、機会があるので話を出します。」との回答がありました。

「小さな声」ですが、こうしてすぐに対応してもらい、一利用者として今後もみていきたいと思います。
どのような形でもいいから、もっと速く・確実な情報を取り入れたいと思います。