2022年

1月1日(日)

「令和4年壬寅」







本年も「飛ぶtuzi」をどうぞ宜しくお願い致します





1月22日(土)

「寒波」

昨年も雪の多い冬だったが、今年の冬も雪の多いシーズンになっている。
一週間に一度は、というか週の半分以上は寒波にすっぽり覆われて、毎日雪かきをしている。
我が家は車の車庫から門までかなりの距離があり、車を出すためには延々と雪かきをせねばならない。
それに加えて、屋根の雪にも頭を悩ませている。
まずはアンテナからのテレビ配線、雪の重みで引っ張られ切れそうになっているのだ。
もっと困るのが電柱からの電気引き込み配線。屋根の雪が垂れ下がり、凍って引きちぎりそうになっている。
それに煙突。今年もまた昨年同様倒れてしまっているのだが、屋根に雪があるうちはどうしようもない。
春になるのを待って直すしかない。
大雪の夜中に停電になったこともある。電気毛布が切れて寒くて目が覚めたら停電だった。
水道は一度凍結したが、すぐ直ったのでまだ支障はない。
とはいっても、我が家などは水抜きしても凍るんだから、これから2月にかけては油断がならない。

さて、雪かきの話しに戻って。
車が出せるくらいは掃きたいと思っていて、押して丸くできる器具があるのでそれで掃いているのだが、
脇に掃いた雪を積み上げていかねばならない。それがもう限界。雪のやり場に困るように。
ここは昨年から欲しかったカートを手に入れて、道路を渡って捨てたい。
近くのスーパーセンターでは売り切れていた。
次に少し離れたホームセンターに行ってみることに。
「あったー」
小さいのと大きいのと。
「大は小を兼ねるでしょ」
でも、雪かき用品を見ていたら、私の持ってる押して丸くなる器具の幅広バージョンを見つけた。
こういう幅広があったらはかどるに違いない。
「欲しい」
けれど、はかどっても結局、脇に積み上げることは変わらない。
ここは、一貫してカートを買って一気に運び出すしかあるまい。
というわけで、次の寒波で積雪30cm。
いざ出動!
押すだけなので力も半減、一気に運んで超楽チン。
これまで1時間かかっていた雪かきが、20分短縮の40分で終了。
しかも家に雪を残さない、という点でもカートは大活躍。
他の用品は一切使わなくても雪かきができるという優れもの。
汗だくで重労働だった雪かきだが、カートを押すだけで時間縮小でキレイになる。
道具って大事ねー。

ちなみにこのカートは通称ママさんダンプと呼ばれている。
この近所だけの呼び名かもしれないが、そのネーミングは私的にはちょっと違うんじゃないかと思っている。




2月3日(木)

「節分」

今日は節分。一年の干支の節目。明日の立春からが寅年の始まりだ。
ここ近年は、「節分と言えば恵方巻き」の風潮があるが、私の住む地方では聞いたこともない風習だった。
それがどうだろう、誰も彼もが「節分=恵方巻き」の構図。
どこのスーパーでも予約を受け付け、それでも毎年フードロスが問題になる。
少なくとも私にはなじみが無いし、そんな流行には乗らずにおこうと思っている。
せいぜい「立春に、ちらし寿司しようか」ぐらいに考えているところだ。
ところで、我が家では誰がなんと言おうと「節分=豆まき」
家中の出入り口に向かって、大声を張り上げて落花生を投げつける。
もちろん私の役目であり、私にとって年に一度のお楽しみでもある。
「鬼はー外!福はー内!」

そう叫んで豆を投げつけているのが、実は鬼(tuzi)なのだから笑える。
我が家では鬼(tuzi)が毎年豆まきをしているのだ。
といっても、鬼の面をつけているとかそんなカワイイ話しではなく、真の鬼なのだ。
自分自身が認める、鬼のような私。鬼が人間の皮を被っているような私。
うっすらだが角だって2本生えている。
もっと強くなれば角は頭のてっぺんに1本になるのだろうか・・・。
「鬼はー外!」
ではなく、家の中にいて豆を投げつけている私こそが鬼なのだから、
そりゃあ、福はいっこうにやって来ない・・・。



10月6日(木)

「ちむどんどん〜2022.春」

長いこと更新を怠っておりました。これといったネタが無かったせいもあります。
春は毎年恒例の書道展の作品作りに追われ、これといって生活に変化がありませんでした。
そんな中、2022年4月から弓道を始めました。
長年気にかけながら温めていた弓道をようやく重い腰を上げて始めたのです。
ですからそりゃ、気分は‘ちむどんどん’です。
それが半年も経たぬうちに気分が‘腐って’きてしまったのです。
原因は軽い弓しか与えてもらえないからです。
軽いから的に届かないし、指導者は「届くはず」と言い張るけど、私は背も低いしリーチも短い。
だから軽い弓しか与えてもらえないのだろうが、これではいつまで経っても埒が明かない、と思うようになった。
リーチが短い分、重い弓で引いたほうが効率よく形が作れると自分なりに考えるようになったのだ。
他道場の先生も「かなり的の上部を狙わないと届かない」と語った。
狙いが定まらないのでは練習にも身が入らないというもの。
辞めたくはないので、弦を強くしてみてはどうかと模索している最中だ。
まったく、余計な出費ばかりで、それはそれで不満だし・・・。
なにをもって軽い弓を与え続けているのか、その心意を問いたい。



「新車と登山とPUMA〜2021.秋」

昨年2021年の秋、私が中古の軽自動車に同じ頃、友人は新車で軽自動車っを購入していた。
小学校から一緒の友人とは気が合い、紅葉を見ながら近くの山に登山することを計画していた。
私はこれまでマニュアル車しか乗ったことがなく、初めてのオートマ車だ。
怖くて事前に自動車学校に講習を受けに行ったほどなのだ。だからイマイチ運転に自信が持てずにいた。
それでなくても運転は苦手なのだ。それで登山口まで友人の新車で行くことになった。
ところが行ってみたらボコボコの山道で。せっかくの新車の底が磨れまくり・・・。
やっとのことで登山口に到着。そこに並んだ車種は・・・まさかのベンツ、BMWといった高級車ぞろい。
あの岩のような石だらけの山道を登ってきた、ってことよね?

私たちはお昼を食べて、登山を開始した。どう考えても遅すぎやしません?
 もう下山して来ているグループ

私はこの日、もったいなくて長年履かずにしまい込んでいたPUMAのスニーカーを下ろしたてで履いてきていた。
順調に登山を進めて、中腹まで来ただろうか、なんと私のPUMAの底があっぱあっぱに!
ええい、剥がしちまえ!とばかりにゴムの底がない布張りだけに。
そうこうするうち、もう片方もあっぱあっぱに!
もったいないからって、履かないでいるうち劣化して、下ろしたてなのに底が剥がれちゃった(泣)
結局、途中下山することに。
 ブナ林の紅葉はしっかり楽しめました。ちょい早いかな。

後日、私は何度も靴専用の接着剤で試みるも、すぐにあっぱあっぱに!
さすがに諦めちゃった。たった小一時間しか持たなかったPUMA(←tuziはPUMA好き)
雨上がりだったので底のないPUMAで私の靴下はぐっしょり、泥んこに。
2022年はリベンジ登山だーっ
 この先でイノシシの大群に遭遇



「残っていたタイヤ〜2022.夏」

2021年秋に車を購入した時、家に散乱していた大量のタイヤをみーんな持って行ってもらった。
さっぱりしたー、と思っていた・・・。
ところで話しは変わって、我が家の庭木はどれも育ちに育って大樹となっている。
そればかりでない。
植えてもいないのに勝手に生えてきた雑木が屋敷内に生い茂っている。
私は‘離れ’と呼んでいる以前物置だった建物で習字を教えている。
それまで滅多に行くことがなかった物置だったので気が付かなかったが、
習字を教えるようになって風の強い日になにやらバタバタと建物に当たる音がすることに気づいた。
はて?
と思って建物の裏手に回って見たら、なんと植えてもいない木の枝が壁にバタバタと当たっているではないか。
しかも屋根に届かんばかりの大樹になっていた。
名前は知らないが、この樹木はあちこちに生えていて、とにかく繁殖が良くあっという間に伸びるのだ。
「こんなところにも生えていたとは・・・」
!!!
見つけてしまった!
「こんなところにもあったとは・・・」
なんとタイヤが。しかも大型車のタイヤが5つほど・・・。
んもうっ!
見つけなかったことにしよう、と思う私でした。