詰備会のページ



5月の詰備会の日程が決定しました。

 詰四会・詰備会共同開催
 5月8日(日) 13:00〜
 場所:ユープラザうたづ(JR宇多津駅より徒歩約10分)


 例年、岡山市で開催していた詰備会ですが、県施設のコロナ規制が厳しすぎるため今回の開催を断念しました。(詳細は下記)
 一方、詰四会も1月開催予定だったものを延期していたので、今回は共同開催とし、香川県で開催することになりました。

 遠来の方にとっては、岡山市からさらに一時間弱移動にかかることになりますが、事情をご理解ください。

  【岡山→宇多津の道程】
     ・岡山駅から瀬戸大橋線で高知 or 松山行きの特急に乗れば直行できます。(33分)
      ただし、乗車料金1000円+特急料金560円 がかかります。

     ・瀬戸大橋線、高松行き「マリンライナー」に乗って、坂出駅で下車。
      予讃線下り普通電車に乗り継いで1駅です。
      乗り継ぎ込みで約1時間かかりますが、乗車料金1000円のみです。

     ・児島駅から直行普通電車もありますが、便数が極端に少ないのでお勧めしません。(1000円)

 今回は、実験的に、Discord 内でのオンラインも併用したハイブリッド開催も検討しています。
 ただし、会場の通信状態によっては上手く作動しない可能性はあり得ますし、実際にハイブリッド開催ができたとしても、会場との通信は、前半の1時間程度に限定させていただきます。

 また、コロナの状況次第では、全面的にオンライン開催に変更する可能性もあることをご了承願います。

 最新の情報はブログやこのHPで通知させていただきます。

[岡山で開催困難となった経緯]
 岡山県の施設では、定員の厳守など、かなり厳しいコロナ対応を課せられていましたので、この条件で開催するためには、予約制にするしかないなど、実際に開催するのは非常に困難な状況でした。
 ただ、この厳しい条件も、4月1日から大幅に緩和されていたらしいのですが、こちらがすぐに対応するのは困難でした。

 今回は1月の時点で、コロナが状態改善されることを前提にして、会場の仮押さえはしておりました。
 いつも使っている、「天神山プラザ第1練習室」を予約しておりました。
 この時点ではほとんど空き状態だったので、日程を選択するだけだったのですが、今年の5月の連休は、日程の選択が悩ましかったです。
 3,4、5日の連休が火水木となるので、前後の日曜日とつながっていないため、非常に迷わされました。
 いろいろ迷った挙げ句、1日(日)を選択して仮予約したのですが、結果的には、この選択が最大の元凶でした。

 3月になっても、コロナ状況の改善は全く見られず、施設の対応も変わらないということで、実開催については完全なあきらめモードでしたので、詰パラに会合告知の原稿を送るのもあきらめておりました。
 3月下旬に思い直したのですが、時既に遅く、4月号に掲載してもらうのは不可能な状況でした。しかし、5月1日の会合告知を5月号に掲載しても間に合いませんし、この時点では、別の日に予約し直すこともできず、結局、開催自体を断念せざるを得なくなりました。
 そこで、詰四会の幹事:須川氏に連絡して四国での開催を検討していただくことになったわけです。

 結果論では、5月1日の告知を4月号に入れるためには3月中旬に原稿作成が必要ですが、その頃には、厳格な人数制限などの規制下でしたので、予約制にするしかなくて、それはそれで困難な状況でした。

 仮予約の段階で、5月1日ではなく、5月8日を選んでおきさえすれば、これから告知を投稿することもできるので、通常開催も十分可能だったようです。
 そこまで頭が回らず、私の判断がまずかったようです。この点はお詫びするしかありません。




前回詰備会(オンライン)

 当初は令和3年11月7日(日)に実会合の予定でしたが、結局は11月28日(日)にオンライン開催となりました。

 コロナの状況はかなりの改善傾向にあるので、実会合を開きたいところではあるのですが、
岡山県の施設は現時点でも強力な制限事項を緩めるつもりがないようですし、
こちらの都合の良い日程で会場を押さえることすらもできませんでした。

 したがって今回も、やむを得ず、オンライン開催となりましたし、
詰パラ11月号の告知とも違う日程になってしまいました。

 このままコロナ状況が劇的に改善して、次回こそは実会合を開きたいと思うのですが、
果たしてどうなるでしょうか・・・・・。

 13時に開始しました。
 メンバー的には前回の詰備会オンライン・詰四会オンラインとほぼ同じメンバーでしたが、
高校担当で超お忙しの小林さんにも参加していただけました。

 作品展選考については、前回詰四会からの積み残しの作品がほとんどだったので、サクサク進みました。
 最後は候補5題中、どれを次の詰四会に回すかを、たくぼんさんと作者を交えて相談させてもらったくらいです。

 その後は、小林さん、津久井さんから創作中の作品についての意見交換ー要するに、どちらの配置がよいか、
手順展開はどちらの方がよいか等についてみんなの意見を集約させてもらいました。

 話題の尽きたところで、少し早めのお開きとさせていただきました。





前々回詰備会(オンライン)

 令和3年5月4日(火・祝)13時から、詰備会オンラインを開催しました。

 前回体調不良で欠席された小林さんが、今回は問題なく仕切ってくださったので、私は楽なものでした。

 作品展の方は一時ピンチ状態でしたが、作品募集に答えてくれた、吉松氏と山路氏のおかげで無事開催できることになりました。
 自作も用意していたのですが、事情があって採用見送りになりました。と言うか、事情のある作品は選ばなくてもよくなりました。

 後半は何故かチェスプロブレムの話題が中心になってしまったので、私はほとんど眺めるだけでした。
 その後は終わるタイミングが難しくて、そのままフェードアウトさせていただきました。

 参加者一覧(把握できた限りで姓のみとします。):平井、小林、津久井、馬屋原、則内、上谷、斎籐、来嶋、須川、山路、藤原・・・・




前々々回詰備会(オンライン)

 令和2年10/25(日)13時から、詰備会オンラインを開催しました。

 5月のお試し開催の際に、中心で仕切ってくれていた小林さんが体調不良で不参加となったので、
Discord 初心者の私が仕切って行かざるを得なくなり、不安をいだいたままの開始となりました。

 心配はモロに現実となり、開始直後から、相手の声は聞こえるが、こちらの声が届かない状態になってしまう。
 Discord の設定をいろいろ変えてみるが、どうやってもうまくいかず。
 切断→PC再起動→再接続 を繰り返すこと3回にして、やっと声が届くようになりました。
 原因が回線なのか、PCなのか、単なる設定の問題なのか、よくわかりませんでしたが、
開始から30分間は、管理人抜きでやってもらうという不手際になってしまいました。この点はお詫びするしかありません。

 作品展用作品の鑑賞の後は、以前、若島さんのtwitter に掲載されていた、作図課題に取り組んでみました。
 出題図に指定枚数(ほとんどが2枚)を加えて、七種合それぞれが出現する図を創れ、というもので、
課題1と課題2があって、なかなか難しかったです。

 その後は、短編競作に投稿した作品を披露してもらったり、10月号の作品鑑賞などをやっていましたが、最後の方は津久井さんとサシの状態でした。
 どうやら盛り上がっていたのは、プロブレムのチャンネルの方だったようですが、私はとても付いていけないので、遠慮しました。

 あちらは5時過ぎても議論が続いていたようですが、私は5時で退室させていただきました。

 参加者(把握できている限り、特に発言なかった方は見落としているかもしれません。名字のみとします。) 
 平井、津久井、馬屋原、鈴川、谷本、小池、青木、岸本、藤原、太刀岡、上谷、片山



それ以前の回のページへ



ホームへ