RADIOHEAD : HAIL TO THE THIEF TOUR :18th, Apr, 2004

●6年目の「真実」

  前回観たのは1998年1月17日‥‥つまりこのサイトが立ち上がる、約1年前。だけどこのサイト内で一番古いライヴレポートは、実はそのRADIOHEAD公演だったりするんだよね‥‥そんなわけで、俺にとってもこのサイトにとっても原点であるレディヘ。この6年3ヶ月の間に彼らは2度(2001年9〜10月と、2003年8月)来日してるんだけど。そのどちらにも行ってません。何故か? 多分「KID A」以降‥‥周りの彼らに対する熱が高まれば高まる程、それに反比例するかのように俺の熱が冷めていったと。1997年頃に「レディヘ、すっげーいいよ!」って薦めた時は「何それ!?」ってスルーした奴らが、2001年には「レディヘ、サイコー! 武道館行くよ!」とか俺に行ってくるにつれ‥‥なんだかなぁ、と。だから俺は、自分の人生にとって大切なアルバムの1枚である「OK COMPUTER」を2001年秋で封印して、結局ライヴにも行かなかった。それは昨年のサマソニも同様。たとえその時に "Creep" が演奏されようとも‥‥

  「HAIL TO THE THIEF」は、実はあまり熱心には聴いてなかったのね。国内盤はCCCDだからって、頑張ってUS盤(CD-DA)で手に入れたにも関わらず、買った当時は数える程しか聴かなかった。で、そのまま放ったらかし。ちゃんと聴き返したのは、今回の来日が近づいた、2004年の4月に入ってから。リリース当時は「悪くないけど‥‥騒ぐ程の内容か、これ?」と疑心暗鬼だったものの、改めて聴き返すと良い意味で「KID A」「AMNESIAC」を昇華させた作品集だな、と感じるようになり、結構気に入っている自分がいたりして。ま、嫌いになったわけじゃないからねぇ。

  そして‥‥いよいよ(俺にとって)6年振りの来日公演。前回は3,000人に満たないクラブクラスだったバンドが、今回は2万人を軽く超えるキャパシティーのアリーナ、しかもオールスタンディング‥‥ちょっとだけ嫌悪感を感じていたのは、ここだけの話。さて、あの芸術的にも優れた「音楽」を、「万単位のオーディエンス」を前にどう料理するのか‥‥U2が、R.E.M.NINE INCH NAILSがそうしてきたように、彼らも「エンターテイメント」として上手くやってのけるのか‥‥

  かなり後方からステージを観ていたんだけど、ステージ前方からほぼ平坦なフロアなため、俺のいた位置からはステージ上のメンバーが殆ど見えないに等しかったのね‥‥ステージ左右にあるスクリーンも演出上の効果を狙って設置されたものなので、後方の俺等のことなんてお構いなし。その「サービス性皆無」な辺りにまずニヤリ。

  ライヴは新作から3連発でスタート。"There There" はやはりオープニングにピッタリの曲だと思う。徐々に盛り上がっていくアレンジは圧巻‥‥なんだけど、俺は全然ノレなかったのね。いや、カッコいいと素直に思えたんだけど‥‥構えちゃってさ。周りが熱狂的に盛り上がれば盛り上がる程、ね。大合唱してんだもん、この曲を‥‥それは2曲目 "2 + 2 = 5" にしても一緒でさ。何か違和感を感じちゃったのね。

  けど、そんな違和感も続く3曲目で早くも解消されてさ‥‥非シングル曲 "Myxomatosis" がもうね、すっげーカッコ良くて。アルバムでこんなにカッコ良かったっけ!?って思える程にクールだった。で、その後は "Kid A" とか Morning Bell" といった最近の楽曲と最新作からの曲を連発。変拍子曲が多いもんだから、踊り難かったりするんだけど‥‥踊らずにはいられないのね。これは前回('98年1月)の来日時とは大きな違いかも。少なくとも、まだあの頃は「ギターロックバンド」だったもの。けど今は、その要素は残しつつも、完全に「ダンスミュージック」へと昇華させている。とにかくビートが太いのね。それが機械的であろうが単調であろうが、根底にあるビートはぶっといわけ。

  で、勿論聴かせる曲では徹底的に聴かせるモード。繊細且つ丁寧なプレイと共に歌われる、懐かしの "Bullet Proof...I Wish I Was" にはちょっと泣きそうになったよ。こっちの要素は「HAIL TO THE THIEF」を通過することで、更に深化してますね。すっごい良かった。けどその反面、旧来のフォーマット‥‥所謂「強弱法」を用いたグランジ的ロックチューンに居心地の悪さを感じたのもまた事実。この日演奏された "My Iron Lung"‥‥全然メリハリみたいなもの、そして鋭さを感じる事ができなくてさ。それってPAのせいでしょ?とも思ったけど、それにしても‥‥あのまったりしたノリは‥‥正直、もうそういう枠からはとっくにはみ出してるだろうし、バンド自身もこういうことをやる必要性をそんなに感じてないんじゃないかな? まぁ "Creep" は別にしてもさ‥‥セカンドまでのこの手のタイプはもう封印してもいいんじゃないかな、と。まぁ俺が勝手にそう思ってるだけど、他の人にとっては全然そんなことないんだろうけどさ。

  改めて「HAIL TO THE THIEF」からの曲の良さを実感したのと同時に、「KID A」からの楽曲がライヴだとここまで栄えるのか!ということを再確認。いや、ライヴアルバムとかで気づいてはいたけど、アルバムでのスタイルを若干崩しつつ、新しい空気を取り入れることで全く別の曲のように聴こえてくるんだから‥‥俺、下手したら「OK COMPUTER」よりも「KID A」の方が好きなんじゃないか‥‥とさえ思える時があってね。このライヴを観た後となると、もうそれが確信へと変わってるわけでして。それくらい良いんですよ。

  ライヴ後半のハイライトは間違いなくラスト4曲。ライヴバージョンの方が遥かにカッコいい "Sit Down. Stand Up"、やっぱり独特な「違和感」を醸し出す "Paranoid Android"、圧倒的な存在感を持つ "Exit Music (For A Film)"、そして本編ラストを飾ったダンサブルな "Idioteque"。一見バラバラなように感じますが(いや、実際にバラバラな音楽性なんだけど)、これをあの5人が演奏することでちゃんと一本筋が通ってしまうんだから、さすがというか。どの曲も甲乙付け難い名演でした。個人的には特に "Exit Music (For A Film)" で身を引き裂かれそうになる程の切なさと暴力性が未だに健在だったことにひと安心。いつ聴いても涙が出てくるよ(で、実際に泣いてたしな、この日も)。

  アンコールは比較的長めで(って彼らの場合はいつもこんな調子だけど)、本編で全く登場しなかった「AMNESIAC」からの曲を連発。いびつなヘヴィファンク "I Might Be Wrong" のノリはやはり彼らにしか出せないノリだし、"Pyramid Song" なんてライヴで聴くと完全にPINK FLOYDの域に達しているし。新作からの "Wolf At The Door" を挟んで懐かしの "Street Spirit (Fade Out)" が登場。うわー、まさか今日聴けるとは思ってもみなかった! 個人的には "Creep" よりも有り難かった。ここで1回目のアンコールが終了。

  2度目のアンコールは、今回のジャパンツアーから復活したらしい「THE BENDS」収録の "Planet Telex"。これがまたまた壮大なノリを醸し出して、明らかに6年前とは違うバンドになってしまったなぁと気づかされました。いや、いい意味でよ?

  最後の最後は、"Everything In Its Right Place"。これもライヴバージョンの方が遥かにカッコいい。いや、アルバムにはアルバム特有の魅力が十分に存在するんだけど、あれをそのままステージで再現されてもね。そういう意味では本当に「KID A」の曲ってのは恵まれてるというか、凄いというか。この日、新作の次にこのアルバムの曲が多く演奏されていたのも頷ける話(ま、たまたまでしょうけどね)。左右のギタリストが床に座り込んで、足下のエフェクターを弄りまくる姿は圧巻というか‥‥あり得ないね! エンターテイメント性完全無視。折り合いがついてるのかついてないのか微妙。けど、これが「RADIOHEAD流エンターテイメント」なんだろうなぁ‥‥とも思うわけで。多分これが一番レディヘらいし気がする。これ以上に過剰なサービスを提供されてもね‥‥なんか嘘っぽいし。

  全23曲でほぼ2時間という構成は、6年前と殆ど一緒。このボリューム間もある意味エンターテイメントなんだろうなぁ。まぁ "Creep" こそ演奏されなかったものの(勿論他にも "Just" だったり "Airbag" だったり "No Surprises" だったりといった初期の楽曲達が演奏されなかったわけだけど)、俺的には全然満足だったな。だって古い曲以上に、ここ数作の曲がこんなにもライヴだと魅力的なんだってことが判ったからね。俺にとってはそれで十分。そうそう、それとやはりバンドの本質的な部分が進化してるな、とも感じた。もう'98年の時点で「ギターロック」という枠組みからはみ出していたけど、2004年の彼らはある意味UNDERWORLDにさえ通ずるものを提供してくれたような気がします。あそこまであからさまじゃないけどね。だって俺、スロウな曲以外はずっと踊りっぱなしだったからね。完全にクラブにいる感覚。ロックのそれじゃなくて、ダンスミュージックのそれね。そこが大きな違いだな、と。

  もうね、"Creep" は一生聴けなくてもいいやって思った。少なくともあれから6年経った今の俺はそう感じるわけですよ。それが俺にとっての「6年目の真実」なわけ。正直、ここで最後に "Creep" やられても、なんか上手く誤摩化されたような気がしちゃうんだよね‥‥いや、誤摩化すっていうか、それまでにやってきたことをキレイに洗い流しちゃうというか。未だに "Creep" にはそれだけのパワーがあるからね。普段めったに演奏されない分、その力量は6年前以上だからね。

  多分、次に来日したらまた行くと思います。もういいや‥‥とは思わないし、思えない。まだまだ先に進むであろうこのバンドの「行く先」を一緒に見てみたいもんね。

▲▲▲

Update : 2004.4.22.

【DATA】

[公演日] 2004.4.18.
[会場] 幕張メッセ 展示ホール9〜11

[SETLIST]
01. There There
02. 2 + 2 = 5
03. Myxomatosis
04. Kid A
05. Morning Bell
06. Where I End And You Begin
07. Bullet Proof...I Wish I Was
08. Backdrafts
09. My Iron Lung
10. Sail To The Moon
11. Go To Sleep
12. The National Anthem
13. Scatterbrain
14. Sit Down. Stand Up
15. Paranoid Android
16. Exit Music (For A Film)
17. Idioteque
---encore---
18. I Might Be Wrong
19. Pyramid Song
20. Wolf At The Door
21. Street Spirit (Fade Out)
---encore---
22. Planet Telex
23. Everything In Its Right Place


[ARCHIVES [R] に戻る]

[トップに戻る]