エッセイ日記風

腎臓に腫瘍
去年から体の調子が良くなかった。
喘息のような症状、帯状疱疹、足の裏に水虫、が発生した。
帯状疱疹と水虫は治療してよくなったが、喘息?痰が止まらなくて夜目を覚ます事があるなど眠りが浅くなっている。
4月16日のCTスキャンで腎臓に腫瘍らしい影が見つかった。
すでに腎臓は一つしかないから、今度は腎臓丸ごと摘出は出来ない。
幸い腫瘍は未だ小さいようで、一部だけ切って取り除く事が可能なようだ。
主治医からは内視鏡手術で取る事も可能だと言う説明を受けた。

癌が出来たために体の免疫力が下がって帯状疱疹や水虫も発生したのだろう。
そういえば前回の腫瘍発見前にも三年前に帯状疱疹が発生した。
今回は帯状疱疹発生後、6ヶ月くらいなので腫瘍は小さい。
9年前には帯状疱疹発生後3年経っていた。
結果、癌は巨大になり、腎臓の摘出手術になった。

5月2日に最終的な治療方針が決まる。


トップへ
戻る
前へ
次へ