WISHBASS 指板修正など

また凄いのが来ました!
WISHBASSというアメリカの個人工房で作られた楽器だそうです。
ファンド・フレット(フレットが扇型に打たれた構造)によってギターとベースが1本のネックに収まっています。

しかしこのデザイン、フリーハンドで思い付いたまま加工したらこうなったって感じですかね(違っていたらゴメンナサイ)。
個性的でインパクトあります。しかも良い材料を惜し気もなく使ってます。

ギター側のボディからヘッドへひょろっと繋がっている部分、製作途中でうっかり折ってしまったのでしょう。途中に接着痕があるのはここだけの話。

この楽器、両手を使ったタッピングで演奏するそうですが、弦の間隔が揃ってなかったり、弦高が高すぎたりで使いにくいとの事です。
ピッチもズレています。

ブリッジはお客さま持ち込みの物へ交換します。

ペグはツマミが隣の物と干渉する所があるので、向きを修正しましょう。
ペグの取り付け穴、一ケ所一旦あけた後でパテ埋めされていました。
たぶん隣の物と干渉して上手く付かなかったのでしょうね。ここだけの話ですが。。

指板はうねりまくっており、弦高を下げるとビビリまくり。
フレットは指板に切られた溝が浅すぎてタングがつっかえて浮きまくりでした。

フレットを抜いて指板を削って修正しました。

ブリッジやペグは取り付け位置を修正しました。

ナットは人工大理石のような物でした。
硬いのかなと思ったらそうでもなく、修正は容易でした。

めでたく使える楽器になりました!

ボディ裏に製造元のシールが貼ってあります。「なんでこんな所に?」と思ってよく見るとピックアップ取り付けビスの穴をうっかり貫通させてしまったようで、それを隠していました。ここだけの話ですが。。。

音も良かったです。重量があるので弦の振動をしっかり受け止めてるという感じでした。
でもこういう手作り感のある楽器、なんか温かみがあって大好きです!

1600071

その後このような多弦ベースも来ました。
こちらはIYVというメーカー製でセミホロウ構造です。

コントロール部が謎配線で使えなかったので修正しました。

1700057

お問い合わせ
E-MAIL info@tangerine-guitars.com

お手数ですがメールアドレスはコピー&ペーストでお願いします

ギター工房タンジェリン
東京都江戸川区平井6-14-6 土井ビル1F
TEL/FAX 03-3614-6617