ウルトラマンG

『ウルトラマンG』・・・1990年9月25日から1991年1月24日発売
『新ウルトラマンG 必殺! 怪獣大決戦』・・・1991年5月23日から6月27日発売

「シンドーはこう呼んでいた。ウルトラマンと……」

『ウルトラマンUSA』に続く海外作品で、今回はオーストラリアとの合作。
『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』以来の海外制作による実写作品となった。
尚、『ウルトラマンG』とは日本における題名で、原題は『ULTRAMAN TOWARDS THE FUTURE』。

前半は邪悪生命体ゴーデスとの戦いを軸に物語を展開。
後半は題名を『新ウルトラマンG 必殺! 怪獣大決戦』に変えて、自然破壊を題材にした物語を展開していった。
ビデオ販売展開中の1990年12月には物語を再編集した劇場版2本が公開され、
1991年12月から1992年1月までNHK−BSで、
1995年7月から9月までTBSでTV放映されている。

日本公開は平成元年だったがアメリカ制作は昭和だった『ウルトラマンUSA』と
円谷プロから独立した円谷映像制作の『ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説』を除くと平成初のウルトラ作品となる。
その為、後の平成ウルトラシリーズに繋がる要素がいくつか見られる。

ウルトラマングレート(スティーブ・アップス ロバート・シンパー  岡部政明)
身長 60m 体重 5万8千t
M78星雲光の国からやって来た銀色の巨人。地球では「ウルトラマン」と呼ばれている。
火星でゴーデスと戦った後、酸欠状態に陥ったジャック・シンドーを救う為、地球に逃げ込んだゴーデスを倒す為、ジャック・シンドーと一体化する。
戦いではバーニング=プラズマやマグナム=シューター等を使う。大気汚染が激しい地球上ではその巨体を3分間しか保つ事が出来ない。
ゴーデスを倒した後も地球で戦い続け、最後は人類にもう一度やり直すチャンスを与えてシラリー&コダラーと戦った。

UMA
UNIVERSAL MULTIPURPOSE AGENCYの略称。超常現象や異常気象等に対抗する為に結成された国家を超えた組織。
アメリカ本土に本部を持ち、全世界に12の支部を持つ。南太平洋支部はオーストラリアの小島に基地がある。
ハマーやサルトプス(通称サルトップ)等を使用する。ARMYとは縄張り争いを起こしている。
平和な科学チームとして、一部の国家や軍人にその装備を勝手に使用されないようUMA憲章なるものが制定されている。

ジャック・シンドー(ドーレ・クラウス  京本政樹)
元はアストロノーツで非常に優れた操縦技術を持っている。火星調査中にゴーデスと遭遇した後、グレートと一体化して地球に帰還。後にUMAに入隊する。
デルタ=プラズマーを手にグレートと波長を合わせる事で変身する。両者の人格が分かれているので意見が対立する事もある。
ゴーデス怪獣をゴーデスに操られているだけとして無闇に倒す事に反対する。
飄々とした性格で神出鬼没。相手の質問にちゃんと答えない。怪しさ大爆発。日系人だろうか?
シラリー&コダラーとの戦いの後にグレートと分離。自分達で地球を守り抜く決意をする。

ジーン・エコー(ジーヤ・カリディス  榊原良子)
ジャックとはハイスクール時代からの知り合い。エンジニアでジャックとスタンレーが乗った宇宙船の設計を担当。
他の生物を無闇に殺す事には抵抗を覚えるが人類を守る方を優先する。

アーサー・グラント(ラルフ・コトリール  小林昭二)
UMAの隊長。慎重に情報を分析して的確に指示を出す一方、手に入れた情報を部下に知らせなかったり、グレートをゴーデス怪獣への対策に利用しようとしたりと食えない部分もある。
実は富豪。ARMYを異常に嫌っている。シラリー&コダラーとの戦いで武器の時代が終わった事を知る。

ロイド・ワイルダー(リック・アダムス  山寺宏一)
UMAの副隊長。元はARMY所属だったらしく、現在でもその習慣が抜けきっていない。
決断力が無い。相手に合わせる事が苦手で行く先々で相手と衝突する。かつてボクシングジムに通っていた。

チャールズ・モルガン(ロイド・モーリス  柳沢慎吾)
能天気で軽い性格だが、やる時はやる。生物に関する知識は相当なもの。
ゴーデス細胞に対する見解の相違からジャックと対立する。
ナンパが趣味らしく、フィアンセがコロコロ変わるらしい。何故か食事ネタが多い。
現実主義者だが実験衛星から地球を見た時に地球が生きている事を感じる。

キム・シャミオン(グレース・パー  平野文)
UMAでも特に格闘と操縦に秀でた存在でアーサー隊長曰く「最高のパイロット」。
ストーン財団孤児院出身で面倒見が良い。

ARMY
オーストラリア軍。UMAとは縄張り争いを起こしている。

ブリューワー(ピーター・レイモンド・パウエル  飯塚昭三)
ARMYの将軍。ゴーデス打倒の為にUMA基地を指揮下に置いた。
自分も死ぬ核攻撃を行おうとする等、かなり危険な人物だが、あくまで地球を守る使命感から来ている。
シラリー&コダラーとの戦いでは衛星レーザーや核ミサイルまで使ったが倒せなかった。

アイク・ユベロス(ディヴィッド・グリボウスキー  岸野一彦)
ARMY情報部所属。露骨にUMAを嫌がる態度を見せる。「UMA」と「ウマ」をかけた冗談を言うが不評。
上層部の命令に無批判に従っていたが、ブリューワー将軍が核攻撃を行おうとした時はさすがに命令に逆らった。
その後、職務怠慢で倉庫街の警備員に降格されるが、そこでの少年との出会いで考え方が大きく変わる。

ナレーション(ジョン・ボネー  藤岡弘 内海賢二)

オープニング曲・・・『ぼくらのグレート』『ULTRAMAN』
エンディング曲・・・・『地球は君を待っていた』

作品リスト
*第8話からは『新ウルトラマンG 必殺! 怪獣大決戦』になっています。

作品No. タイトル 脚本 監督 特殊技術 原案
第1話 銀色の巨人 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 会川昇
第2話 凍てついた龍 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 会川昇
第3話 魅入られた少年 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 宮沢秀則
第4話 デガンジャの風 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 小中千昭
第5話 悪夢からの使い テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 遠藤昭範
第6話 悪夢との決着 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 会川昇
第7話 森の守護神 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 宮沢秀則
第8話 姿なき復讐−昆虫の叫び− テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 宮沢秀則
第9話 バイオス計画−植物都市− テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 鈴木智
第10話 異星人狂奏曲 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 遠藤昭範
第11話 第47格納庫 テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 小中千昭
第12話 その名は“滅亡”−伝説2大怪獣登場− テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 会川昇
第13話 永遠なる勇者−伝説2大怪獣登場− テリー・ラーセン アンドリュー・プラウズ ポール・ニコラ 会川昇

ウルトラマンG ゴーデスの逆襲(1990年12月15日公開)

ウルトラマンG 怪獣撃滅作戦(1990年12月15日公開)

トップページに戻る

The history of ULTRAのページに戻る