ウルトラマンA

1972年4月7日から1973年3月30日放映

「銀河連邦の一員たるを示すウルトラリングを今お前達に与えた。
そのリングの光る時、お前達は私の与えた大いなる力を知るだろう」

『帰ってきたウルトラマン』に続く第2期ウルトラシリーズ第2弾。
『仮面ライダー』のヒットにより巻き起こった変身ブームの激戦を戦い抜いた作品。

本作は市川森一の『ウルトラハンター』、上原正三の『ウルトラファイター』、田口成光の『ウルトラV』と言う
3つの企画を整理統合して誕生した。

男女合体変身、ヤプール人、超獣と言った今までに無い新しい設定を盛り込み、昭和のウルトラシリーズの中でも異彩を放っている。
又、ウルトラ兄弟の設定はその後も引き継がれ、壮大なウルトラサーガを形成するきっかけとなった。

因みに本作は当初『ウルトラA』と言う題名だったが、商標の問題で『ウルトラマンA』に変更されている。
その結果、『ウルトラセブン』が浮いてしまう事になった。

ウルトラマンエース(武内正治 納谷悟朗)
身長 40m 体重 4万5千t
M78星雲ウルトラの星からやって来たウルトラ兄弟5番目の弟。アメリカ第7艦隊に匹敵する戦闘能力を持っている。
ベロクロンとの戦いで傷付いた北斗星司と南夕子に銀河連邦の一員たるを示すウルトラリングを与えた。
異次元人ヤプールと、ヤプールが遣わす超獣を倒す事が使命。
戦いではメタリウム光線の他、数多くの光線技を使用。特にギロチン系の光線技が得意。
最後はヤプールの策略にはめられるものの、子供達にいつまでも優しさを失わないよう伝えて地球を去った。

TAC
ベロクロンとの戦いで全滅した地球防衛軍に代わって設立された組織でTerrible−monster Attacking Crewの略称。別称、超獣攻撃隊。
ニューヨーク(後に南太平洋上に移転)に本部を持ち、世界各地に支部がある。
日本支部は富士五湖の近くにある。迎撃装置は整っているが、その割に侵入を許す事が多かった。
「脱出!」が得意で、かなりの数の戦闘機を撃墜されながらも死亡者は0だった。

北斗星司(高峰圭ニ)
20歳。誕生日は7月7日。血液型はB型。広島県出身。元はパン屋の運転手。白いスカーフがトレードマーク。
ベロクロンとの戦いで一度命を落とすが、エースが与えた大いなる力で復活。夕子とウルトラリングを合わせる事でエースに合体変身する。
猪突猛進型で危機に陥る事も度々あったが、夕子が月に帰って単独変身するようになってからは落ち着いてきた。
最後は子供達の優しさを失わせない為、二度と人間の姿に戻れない事を承知で皆の前でエースに変身した。

南夕子(星光子)
18歳。誕生日は7月7日。血液型はO型。元は病院の看護婦。黄色いスカーフがトレードマーク。
ベロクロンとの戦いでエースから大いなる力を与えられ、星司とウルトラリングを合わせる事でエースに合体変身する。
常に冷静沈着で星司の危機を救う事も度々あった。又、特殊能力もいくつか使える。
実は月星人で、かつて月を滅ぼしたルナチクスを倒すと月再建の為に地球を去る。その後も月から星司と地球を見守っていた。

竜五郎(瑳川哲朗)
35歳。TACの隊長で常に冷静に状況を判断する。
あれこれ戦術を立てるより若い隊員達を精神的にバックアップする事が多く、隊長と言うより先生や父親と言った感じが強い。
独身でアパートに一人暮らし。故郷に姉と甥がいる。

山中一郎(沖田駿一)
25歳。TACのサブリーダー的存在で常に「ぶったるんどるぞ!」と檄を飛ばしている。タックガンを2丁同時に扱う。
超常現象に対して否定的な見方をするので星司との対立が絶えないが、自分の非は素直に認めて謝る事が出来る。
危険な任務は自ら進んで引き受けようとする、良くも悪くも体育会系先輩な存在。
婚約者のマヤをメトロン星人Jrに殺された。

今野勉(山本正明)
24歳。一応、ロケット工学のオーソリティーらしいが力自慢の部分しか発揮できなかった。
住職の息子らしく「南無阿弥陀仏」が口癖。鼻をこする癖がある。
周りの空気を読めないのか、シャレにならない場面で軽口を叩いて顰蹙を買う事がしばしば。

吉村公三(佐野光洋)
20歳。宇宙生物の権威でTACの生き字引き。常に地道に情報を分析して結論を導く。
頼み事は断れないイイ人。岡山県出身で父親は13年前に死亡している。趣味はギター。

美川のり子(西恵子)
20歳。主に通信を担当しているが爆弾のスペシャリストでもあり、常に携帯型の爆弾を持ち歩いている。
男運がとにかく悪い。

梶洋一(中山克己)
24歳。兵器開発部門の研究員。兵器を開発する傍ら、ヤプールや超獣が起こした超常現象の分析も進める。
ヤプールとの決戦時において異次元突入装置を完成させた。

梅津家
梅津ダン(梅津昭典)
父親をギタギタンガに殺されるも「負けるもんか!」と強く思った時にウルトラの星が見えるようになった。
その後、星司と知り合って「ウルトラ6番目の弟」と名乗るようになる。
最初は勇気と無謀を勘違いしていたが、やがて真の勇気に気付いて人間的に成長していった。

梅津香代子(宮野リエ)
数々の辛い目に遭いながらも決して弱音を吐かない女性。
自分の境遇からか、困っている人を放っておけない性分。

ナレーション(岸田森)

主題歌・・・『ウルトラマンエース』

制作リスト
*と言っても放映順と同じです。

制作No. タイトル 脚本 本編監督 特殊技術
第1話 輝け! ウルトラ五兄弟 市川森一 筧正典・満田かずほ 佐川和夫
第2話 大超獣を越えてゆけ! 上原正三 筧正典・満田かずほ 佐川和夫
第3話 燃えろ! 超獣地獄 田口成光 山際永三 佐川和夫
第4話 3億年超獣出現! 市川森一 山際永三 佐川和夫
第5話 大蟻超獣対ウルトラ兄弟 上原正三 真船禎 大平隆
第6話 変身超獣の謎を追え! 田口成光 真船禎 大平隆
第7話 怪獣対超獣対宇宙人 市川森一 筧正典 佐川和夫
第8話 太陽の命 エースの命 上原正三 筧正典 佐川和夫
第9話 超獣10万匹! 奇襲計画 市川森一 山際永三 田淵吉男
第10話 決戦! エース対郷秀樹 田口成光 山際永三 田淵吉男
第11話 超獣は10人の女? 上原正三 平野一夫 佐川和夫
第12話 サボテン地獄の赤い花 上原正三 平野一夫 佐川和夫
第13話 死刑! ウルトラ5兄弟 田口成光 吉野安雄 佐川和夫
第14話 銀河に散った5つの星 市川森一 吉野安雄 佐川和夫
第15話 夏の怪奇シリーズ 黒い蟹の呪い 田口成光 山際永三 田淵吉男
第16話 夏の怪奇シリーズ 怪談・牛神男 石堂淑朗 山際永三 田淵吉男
第17話 夏の怪奇シリーズ 怪談・ほたるヶ原の鬼女 上原正三 真船禎 高野宏一
第18話 鳩を返せ! 田口成光 真船禎 高野宏一
第19話 河童屋敷の謎 斎藤正夫 筧正典 佐川和夫
第20話 青春の星 ふたりの星 田口成光 筧正典 佐川和夫
第21話 天女の幻を見た! 石堂淑朗 山際永三 川北紘一
第22話 復讐鬼ヤプール 上原正三 山際永三 川北紘一
第23話 逆転! ゾフィ只今参上 真船禎 真船禎 高野宏一
第24話 見よ! 真夜中の大変身 平野一夫・真船禎 真船禎 高野宏一
第25話 ピラミットは超獣の巣だ! 斎藤正夫 筧正典 川北紘一
第26話 全滅! ウルトラ5兄弟 田口成光 筧正典 川北紘一
第27話 奇跡! ウルトラの父 田口成光 筧正典 川北紘一
第28話 さようなら夕子よ、月の妹よ 石堂淑朗 山際永三 佐川和夫
第29話 ウルトラ6番目の弟 長坂秀佳 山際永三 佐川和夫
第30話 きみにも見えるウルトラの星 田口成光 岡村精 川北紘一
第31話 セブンからエースの手に 山田正弘 岡村精 川北紘一
第32話 ウルトラの星に祈りを込めて 田口成光 筧正典 佐川和夫
第33話 あの気球船を撃て! 石堂淑朗 筧正典 佐川和夫
第34話 海の虹に超獣が踊る 長坂秀佳 志村広 高野宏一
第35話 ゾフィからの贈りもの 久保田圭司 古川卓己 高野宏一
第36話 この超獣10,000ホーン? 長坂秀佳 筧正典 川北紘一
第37話 友情の星よ永遠に 石森史郎 筧正典 川北紘一
第38話 復活! ウルトラの父 石堂淑朗 山際永三 高野宏一
第39話 セブンの命! エースの命! 田口成光 山際永三 高野宏一
第40話 パンダを返して! 田口成光 鈴木俊継 川北紘一
第41話 冬の怪奇シリーズ 怪談! 獅子太鼓 石堂淑朗 鈴木俊継 川北紘一
第42話 冬の怪奇シリーズ 神秘! 怪獣ウーの復活 田口成光 上野英隆 高野宏一
第43話 冬の怪奇シリーズ 怪談・雪男の叫び! 石堂淑朗 上野英隆 高野宏一
第44話 節分怪談! 光る豆 石森史郎 筧正典 佐川和夫
第45話 大ピンチ! エースを救え! 石堂淑朗 筧正典 佐川和夫
第46話 タイムマシンを乗り越えろ! 石堂淑朗 古川卓己 田淵吉男
第47話 山椒魚の呪い! 石堂淑朗・山元清多 古川卓己 田淵吉男
第48話 ベロクロンの復讐 市川森一 菊池昭康 田淵吉男
第49話 空飛ぶクラゲ 石堂淑朗 菊池昭康 田淵吉男
第50話 東京大混乱! 狂った信号 石堂淑朗 深沢清澄 神沢信一
第51話 命を吸う音 石堂淑朗 筧正典 高野宏一
第52話 明日のエースは君だ! 市川森一 筧正典 高野宏一

トップページに戻る

The history of ULTRAのページに戻る