天司丸(コリファンタ属)


この天司丸は象牙丸に似て疣が大きく、刺も立派で背も低いですが、本来の天司丸はこんなに立派な姿のサボテンではありません。
元々の天司丸はもっと刺が細くて小型種で、長球形に育ちます。
これは山川さんの作品を分けていただいたものですが、優系分離が進んできたためにこのような立派で姿の良い天司丸が現れるようになったのではないかと想像します。
ですから、これが天司丸だと言われた時は大変驚いたものです。
でも黄色い花が咲きましたから間違いなく天司丸です。
春から秋にかけて、この黄色の美しい大輪を続けて咲かせて楽しませてくれます。


<ひとくち栽培メモ>
強光線を好まないので、遮光は多めとします。
水やり、肥料とも中庸。
肌の美しさが命ですから、湿度の高い環境がよいと思います。
肌が弱く、アカダニの格好の標的になるので、時々肌を良く観察して、アカダニがついたら直ちに退治するように気を付けます。