genri of 札幌中央ペインクリニック

ペインクリニックの治療の原理

 ペインクリニック(Pain Clinic)とは、体のいろいろな部位に発生した慢性的な困った痛みを治療する専門病院のことです。ペインクリニックでの治療方法は、単に痛みのある患者に、鎮痛薬を注射(静脈注射、筋肉注射、皮下注射)したり、鎮痛薬のみを経口投与させるのではなく、痛みと関係深い神経のそばに、細い針で、濃度の薄い安全な局所麻酔薬を少量注入して、ある一定時間、神経を麻痺させて、痛みを取り除きます。これと同時に、痛みで収縮していた血管を拡張させて組織の血流を改善させ、組織に貯留していた発痛物質を血管内に取り込み、分解して正常な組織の状態に戻します。これを神経ブロック療法と呼びますが、神経が切れたり、傷ついたりはしないのです。
 局所麻酔薬とは、ある一定時間、神経を麻痺させますが、必ずもとどおりに神経を回復させる薬物なのです。しかも、ペインクリニックで用いる濃度や量は、痛みの種類や程度にもよりますが、薄くて安全な量が用いられていますのでご安心下さい。
 神経ブロック療法以外の併用療法としては、鎮痛薬の経口投与の他に、針治療や温熱療法、近赤外線照射療法などがあり、これらを組み合わせて効果的な治療を行っています。