低インシュリンDEダイエット このサイトでは実在人物のダイエット記録を公開しています。
低インシュリン、お茶、ビール酵母などなど。
トップページ
コラム
お茶ダイエット
低インシュリンダイエット
プロフィール
自動リンク
掲示板
その他ダイエット
ダイエットに効くサプリメント 標準体重をチェック

酵素ダイエットについて

現代人の生活では、ストレス・睡眠不足・喫煙・大気汚染などにより、大量の酵素が体内で不足しており、代謝が乱れやすい体になっております。
体内の酵素は普段の生活でもどんどん消費されていくので、生野菜やフルーツ、お刺身などから酵素を次々に補給しなければいけません。
酵素は体内でも作られますが作られる量には限度があります。 これが不足すると、代謝が落ちる=脂肪燃焼効率が落ちて、体内に脂肪を溜めやすくなっていまいます。

酵素ダイエットは、酵素を補い、代謝機能を正常化させることで脂肪を燃焼しやすく太りにくい体質に変えながら痩せるダイエット法です。

酵素は熱に弱いので、生で食べます。野菜では、ニンジン・パセリ・キャベツ・トマト・タマネギなどをサラダにして食べます。
果物にも、酵素がたっぷり含まれています。パパイヤ・パイナップル・キウイ・イチゴは酵素が豊富に含まれています。 リンゴ・グレープ・メロン・レモン・グレープフルーツ・ミカンなどもおすすめです。

はちみつやエクストラバージンオイルなども生であれば多く含まれています。
また、発酵食品にも多く含まれていて、味噌・納豆などの大豆製品や、チーズ・ヨーグルトなどの乳製品もおすすめです。

食べるタイミングについてですが、酵素は胃酸に弱いので、早く腸にとどくように食後ではなく食間や食前・さらに空腹時に食べましょう。
起床時が特におすすめです。食欲の無い朝は、生のフルーツを食べましょう。

調理の時間が取れない方に、おすすめな酵素ドリンクです。飲むだけで酵素をたっぷり補給できます。




ビール酵母ダイエットについて

乾燥ビール酵母は、ビール製造時の発酵が終わったビール酵母を洗浄・熱処理したものです。
10種類以上のアミノ酸・ビタミンB群・カルシウム・鉄分等のミネラルや 食物繊維など、体に有効な成分を豊富に含んでいるそうです。 ビール酵母の約50%は必須アミノ酸をすべて含んでいる良質のタンパク質です。血糖値や血圧を下げる効果もあるそうです。

このビール酵母にヨーグルトを混ぜて食べると、低カロリーで体に必要な栄養素が補給できる・・・ということで、ダイエット食品として注目を集めています。

我が家でもビール酵母を食べてみることにしました。

ビール酵母ヨーグルト

一日3食のうち、一食をビール酵母ヨーグルトにして食べます。

●ビール酵母ヨーグルトの作り方

1.市販のヨーグルト(砂糖入り)80〜 90gを、容器に移します。

2.ヨーグルトにビール酵母 を大きめのスプーン2杯 (約10〜12g)くらい 入れます 。

3.全体をよく 混ぜ合わせます。

4.よ〜く混ざったらできあがり!

はちみつやレモン果汁、キウイ・パイナップルなどのフルーツ、またはジャムなどを混ぜてもいけます。

・・・・とカンタンにできます。

でも、この作り方ですと、ビールの味が強くて食べるのに苦労します。
我が家では、ビール酵母の量を小さじスプーン半分くらいにしてヨーグルトに混ぜています。
これだと、ほぼ普通のヨーグルトのように食べられます。 ただし、ダイエットというより栄養補助食品ですが。でも、苦手な人はこれでもダメだそうです。そういう場合は、ビール酵母の錠剤をオススメします!

その他レシピ

●ビール酵母ミルクココアの作り方

1.牛乳200ccをあたためます。

2.牛乳にビール酵母小さじスプーン半分とココア(砂糖入り)を小さじスプーン2杯を入れます。

3.全体をよく 混ぜ合わせます。

4.よ〜く混ざったらできあがり!



他にも、ホットケーキやハンバーグを作るときに、混ぜて作って食べます。




マカについて

ダイエット時の栄養補給にマカが良いようです。
マカはアブラナ科の植物で、大量の必須アミノ酸や鉄分とカルシウム、 リノール酸、パルミチン酸、オレイン酸といった脂肪酸、そしてステロールと ミネラルも豊富に含んでいます。
また、成長ホルモンの分泌を助ける作用があり、最近、マスコミやインターネットなどで、マカが不妊に すごく良く効くということで大変話題になっています。
冷え性にもとてもよく効くそうです。

↓マカのサイトです。




黒豆黒酢ダイエットについて


黒豆の黒酢漬けを1日10粒ずつ食べて、1年で10kg痩せた人がいるらしい〜、とのことで調べてみました。
黒豆は肥満や生活習慣病に抜群の効果を発揮するそうです。アレルギー性鼻炎・ アトピー性皮膚炎・ダイエット・便秘など。 黒豆に含まれるガラクトオリゴ糖は、腸内環境を整え、腸での脂肪、糖分の吸収を抑える作用があります。 他に、食欲中枢を抑える成分なども含まれていて、黒豆の多くの成分がダイエットに働きます。 以下、黒豆黒酢ダイエットの方法です。レシピは掲示板、mさんの投稿より抜粋いたしました。

■準備するもの
  黒豆100g 黒酢300ml(約2週間分です)

■作り方
  ・黒豆を中火で表面の皮が割れるまで(5分程度)空炒りします。
  ・皮が割れたら、更に弱火で5分炒ります。
  ・少し冷まして、密封できるビン等に移し、黒酢を入れます。
  ・2時間おいたら出来上がり。

※冷蔵庫で半年位保存できます。
※酢の味が気になるようなら、お好みで蜂蜜小さじ1杯入れてみて下さい。
■1日10粒程度食べて下さい。
 1回で食べても、数回に分けて食べても構いません。
(掲示板、mさんの投稿より)

黒豆といっしょに黒酢をスプーン1杯飲むとより効果的なようです。 なるべく2週間か1ヶ月単位で作ったほうが安心だそうですよ。


(C)低インシュリンDEダイエット