*0027

 ゆき [東京]     [12/07/29(土)-10:02]

 

 

 

GAMIさん、お元気ですか

最近、お忙しいのでしょうか。お声(?)が聞こえなくてさみしいです。
こうして集まっているのも、GAMIさんのお人柄ゆえ。レスでなくとも、近況等、楽しみにしています。ついでに、更新なんかも・・・。贅沢?


*0026

 GAO [神奈川]    [12/07/26(水)-01:24]

 

 

 

ばらの本じゃないけど

こんばんはー
ばらとは関係ほぼ皆無ですが「重曹、エッセンシャルオイル、酢(5%酢酸)、石鹸」という、こちらのHPに来る方には恐らく馴染み易いものばかりでお掃除しましょ、という本があるんです。「天使は清しき家に舞い降りる」(カレン・ローガン、集英社、1600円、1998年)この本読んでからエッセンシャル・オイルの効用が気になるようになりました。実践するのが楽しい本です。本屋さんで見かけなくなくなっちゃったので図書館で探せる方はいかがですか?


*0025

 mako [東京]    [12/07/24(月)-21:28]

 

 

 

やっとみつけた!

gamiさん、ようやくみつけた。。
前のパソコンが壊れて家人に新しいのを買ってもらったのに、
このホームページ見つけられず・・・。
ようやく見つかった、良かったです。7階ベランダは、殆ど灼熱地獄です。
熱風と・・・。丹頂というHT種のバラは、シュートが出てこない。。
ホワイトクリスマスは枝ばかり伸びて、花が咲かない!前途多難な未熟な
ベランダーです。。
この間、残酷なことをしてしまった。全然使っていない大塚製薬の「オルトラン錠剤」が尺取虫にかかってしまった。その時は平然としていたのに、少したって見たら悶え苦しんでいてぞっとした。すぐに死なないんです。苦しんでいる様子があまりに人間のそれとよく似ていた・・。虫の苦しみを考えるのはおこがましいのですが、でも、殺すなら一発で殺そうと心に誓ったのでした・・。ながくなった、これからもよろしくお願いいたします。

 

*0025-01 ゆき [東京]     [12/07/24(月)-21:41]

 

 

 

 

しゃくとりむし。よく、解ります、それ。あの苦しみは、長くつずけてはいけない。あの苦しみを見るくらいなら、、、。生き物の苦しみは人も虫もかわらないかどうかは解らないけど、そこに自分も苦しみを見てしまうのは、人間である証拠だと思う。なんか、今日この書き込みをみれて、よかった。


*0024

 もずりん [関東]   [12/07/24(月)-12:36]

 

 

 

キジバト

GAMIさん、こんにちわ
ご無沙汰しています。
実は、我が家のパーゴらに絡ませてあるモッコウ薔薇の中にキジバトが巣を作っていたんです。
はじめは気づかずにいたんですけど、先日残念なことにカラスに教われたらしい雛(といってもすずめの二倍くらいの大きさでしたが)が下のデッキに落ちて死んでいました。
2・3日前からは、また懲りずにつがいでやってきては、巣作りをはじめています。
ここは、山を切り崩して宅地造成した土地柄てで、周りにはまだまだ
自然がたくさん残されていますが、我が家の小さな自然のなかに繁殖場所を見つけてくれたことが、とっても嬉しくって〜。
GAMIさんや、みなさんに聞いていただきたかったんです〜♪

 

*0024-01 ころん [関東]    [12/07/26(水)-22:50]

 

 

 

 

もずりんさん、こんなところでこんばんわ〜。
キジバト可愛いですよね。モッコウ薔薇の中に巣を作るなんて、ちゃーんと安全な場所はわかっているんですね(^^)。

ころんのお友達は、二階のベランダに野鳥用に、餌箱と水浴び場を作っているんですが、最近は雛を連れてやってきて一日中ベランダですごしているんだそうです。
やっぱり安全な場所は、すぐわかるんですね。もずりんさんの優しいお人柄が、分かります。


*0023

 サーシャ [関東]     [12/07/21(金)-17:03]

 

 

 

評判?

『ノイバラと虫たち』、なんか結構な評判になっているみたいで、ちょっと嬉しい♪
それほど専門色が強く無い(だって子供向けですもんね、元々は…)から、取っ付き易いのも良いのかも知れませんね。

我が家は最近、大騒ぎです。
5歳の雄のボルゾイという犬種のウィスキーが『左前足の小指の爪を半分剥がしかけた状態』な怪我をしてしまって行き着けの獣医さんに2回も行くし、私は私で自動車の教習を始めたし。
そして1時間ダブッてしまったし。
でも免許を無事に取れたら、新しいワンコメンバーを我が家に迎えるので切実に頑張ってます。
だって、もうブリーダーさん(と言ってもお友達ですが)には予約済みで、名前も決定済みなんですも〜ん。
もう後には引けなーい!!

新しいワンコは女の子ボルゾイで、血統書の届け出が済んでしまった後での決定だったので『血統書名』は別の名前になってしまうのですが、我が家での名前は『シャリファ アスマ』…でも長いので『シャリファ』になる予定です。
ホントは、今いるのが『ウィスキー』だから、次は女の子で『シェリー』に…と前々から思っていたのに、シャリファの父犬の名前が『シェリー』だったの〜。
流石に父娘で同名ってのは…と今回はボツになりました〜。

近所に英国人の家族がお住いで、セントバーナードと雑種の女の子2頭を飼われているので、仲良くしてもらおう♪ と思っています。
でも、その雑種の女の子が先日、うっかり、ママになってしまって、大変そう…。
だってママ犬も元は捨犬&迷い犬で、そこの家族に拾われたんですもん。
(最初は、飼ってくれる人を探したんだけど、見つからなかったから、そのまま飼ったらしいの)
年齢が解らなくて、子犬の風貌が色濃かったので避妊処置が遅れてしまったみたいで…。
皆、幸せになって欲しいと切に願ってしまいます。

はッ!
他所のお宅の心配をする前に、自宅のバラのケアをしなくては!
べと病らしき症状で、葉が落ちてしまうの〜!!


*0022

 ゆき [東京]     [12/07/20(木)-10:38]

 

 

 

本によって違うこと

最近、シーズンオフなのか、ホームセンターでバラが半額になっていました。さらにねぎっちゃったりしてオレンジマザーズデイ、藤桜、テディベア、名無しの蕾アプリコット開くと黄色のミニ(なんでしょう)を買いました。おかげでまた、バラ買いたい病が再発。つぎに狙っているのはバロン・ジロー・ド・ランなんですが、本によって半つる性だったり四季咲きだっだたり、まちまちです。どなたか育てていらっしゃる方、教えてください。svdマルメゾンもやっぱり手がでそうです。


*0021

 のりぴー [関東]     [12/07/16(日)-21:42]

 

 

 

やっと GETできました

「ノイバラと虫たち」今日 本屋3軒目にやっと GETできました
もう ほんとに 子供向けなんて もったいない!すばらしい内容で 感激でした
ほんとに いい本を教えてもらえて 感謝しています!ありがとうございました


*0020

 ゆき [東京]     [12/07/13(木)-23:11]

 

 

 

本の続報

サーシャさんの本、近所の本屋にはなかった。なーんにもなかった。でも、「リモアの庭」という絵本がガーデニングものとしては、結構良かったです。絵本コーナーにガーデンをテーマにしたぢぃすぷれいがあったので、流行のテーマなのかしら。(「トムは真夜中の庭で」とか、庭ものジャンルいっぱいありました。でも探してるのはないのです。)

 

*0020-01 GAO [神奈川]    [12/07/14(金)-02:23]

 

 

 

 

うふふ、図書館で発見♪その場で読んでさぶいぼ(大阪弁)出ました♪
児童図書せいぶつ、こんちゅうの棚と成人図書園芸、イギリス、植物、生物、写真の棚はかぶり付きで探すといろいろあって楽しいです
ターシャ・チューダーの重たい写真集を借りた勢いで『害虫はなぜ生まれたのか〜農薬以前から有機農業まで』(小山重郎、東海大出版会)まで手を出してしまいましたが果たして読了出来るか…?(『沈黙の春』全部読めなかったんですよねーーー)でもこの手の本の中では恐らくかなり柔らかい書き方?
GAMIさん、頑張って読んだ方が良いですか?

 

*0020-02 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/07/14(金)-23:44]

 

 

 

 

あ〜、小山先生の本ね(別にσ(^^;)面識もな〜んもないけど)。実は最初読んだときはあまり印象深くなかった。んで、書棚から取り出して、も一回ペラペラめくってみました。お世辞抜きで言うと、この著者は一般向けの本を書き慣れてないようで、予備知識がないと面白さがわかりにくいかもしれません。といっても、もちろん専門書ではないので、シロウトGAMI程度の予備知識で十分ですが...IPMの入口用にはいいかも。そして、理不尽な反農薬バイアスがかかっていないのも評価。マジメな著者ですね。
この手の本ではちょっとバイアスかかり気味だけど、もうちょっと軽く読めるのは、例えば「やさしい減農薬の話」、中村修、北斗出版など。
それから、「沈黙の春」にはマンガ版もあるよ〜 ヾ(^^;)


*0019

 GAO [神奈川]    [12/07/12(水)-23:06]

 

 

 

溶けるの覚悟しました

こんばんは
スプレイヤーですが、素材は記入されていないのですが「酸性の薬品、溶剤、揮発性のある液体、粘液性のある液体は使用しないで下さい」なる注意書きがちゃんとありました(^_^;)←ワタシは何をスプレイ出来る容器を買ってしまったんでしょう?;;これがセルロイド系なんでしょうか
GAMIさんにオススメ頂いた「ガーデニングってやつは」田島みるくさんは育児マンガで大変馴染みのある方でして、購入したばかりでしたが早速ご近所さんに貸し出し中です。ばらの記述もですが、とても幅広くカラースキームやら庭の風通しのことまで言及してあって参考になりました(これからまだまだオベンキョウすることがあるのよ、という参考)
中尾真理さんの本も図書館で発見しました。今まで読んだ園芸本の中で一番言葉がきれいで、なおかつオモロイエッセイでした
丁度子供が学校から「蛾蝶記」(海野和男、福音館)という本を借りてきたのですが、楽しくキレイで「#%%☆&%&;;!!!」でした。バタフライガーデン作っていらっしゃる方を尊敬致します
サーシャさんの本も、ゆきさんの本も探すぞう
ガーデナーの「読書の秋」は他の人より早い真夏にやって来るのかな?

 

*0019-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/07/13(木)-23:42]

 

 

 

 

例えば100円ショップの霧吹きだったらちょっと心配。塩ビ製ならまだいいんだけど、可塑剤が溶け出すかも...
でも、園芸用なら一定の耐油性はあると思います。(だって乳剤使うし、マシン油だってあるから)
ちなみにエッセンシャルオイルの容器は、遮光ガラス瓶かポリエチレン製のようです。

 

*0019-02 GAO [神奈川]   [12/07/14(金)-02:45]

 

 

 

 

ありがとうございます
ガーデンセンターで280円、微妙な辺りですか…
セルロイドはペコペコ固い感触、ポリ容器は肌触りしっとりで「電子レンジで使える奴」というイメージがあるのですが、これは合っているのでしょうか?
全く科学の知識がないので「ポリエチレン」「エチレンピレンポリプロピレン???」「塩ビ」がどう違うか解らないんです(^_^;)
折角良い香りの虫除けだし、そのうちクラシックでキレイなガラス製スプレイ探すのも楽しいですよね


*0018

 ゆき [東京]     [12/07/11(火)-14:59]

 

 

 

サーシャさん、それはすばらしい!

その本、さっそく探します。前にgamiさんに教えていただいた本も品切れだったし、ガーデニング本はけっこう売れちゃうのかも。園芸読本でいえば、ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」、最近ではいとうせいこうの「ボタニカル・ライフ」(サイトで読んだけど、誠に彼らしいというか、”80年代西武セゾン系列的文化”の香りがあって、同じプロレタリアながらもあんましハマれなかった・・)一番気になるのは「ファーブルの庭」です。あー、ゆっくり本屋行きたい。GAMIさんおすすめの「ガーデニングってやつは」もまだチェックしてなくて、あー、ますます読みたくなってきた〜。


*0017

 サーシャ [関東]     [12/07/11(火)-00:04]

 

 

 

書店で収穫!

GAOさん>
レス戴いてたんですね、お返事が遅れてごめんなさい&初めまして♪
七味唐辛子ですが、木酢液にサラサラ入れてみたら、液が黒っぽくなっていました。
効き目に関しては…うぅ〜ん、よく解らない…。
梅雨もそろそろ明けるでしょうし、またチャレンジして結果を見たいと思っています。[

**************************************
そして、今日は、午後になってから書店に行きました。
バラ達のケアは、その後の、日が陰った後で…。
発注した木酢液や天然除虫剤も届いたし、張り切ってヤッちゃいました!
…で、書店でのガーデニング関連の収穫を御報告!

まず、福音館書店(だったと思います)の『ノイバラと虫たち』。
子供向けの絵本で、1350円か1500円。
…とっころが!!! 『子供の自然観察写真絵本』の枠には、どう考えても入らない!
オールフルカラー写真でバラに集まる虫の解説がなされている。
害虫や、害虫を補食する虫、それらの生態など、凄いよ!
通年のバラの周りの虫達の食物連鎖が描かれていて、ビックリ! です。
『子供向けの本』だなんて、とんでも無い!
まさに『バラ育成家の為のソフト感覚でもポイントはシッカリ押さえる虫図鑑』! でした。
フトコロに少々、涼風が吹き込んでいたのと、一冊しか無かった本が傷んでいたので購入は控
えましたが、是非に欲しい〜!!!

そして、世界文化社の『家庭画報』の8月号。
特集で『麗しのフランス ガーデニング紀行〜人気の菜園、収穫の庭ポタジェ〜』というのが
あって、写真がとても素敵。
4つの『ポタジェ(菜園)』や『ヴェルジェ(果樹園)』が紹介されていて、色々なアイデア
もあるの。
参考にしたいポイントばかり!!
はぁ…ため息が出てしまう特集です。

どちらも1000円以上してしまうので、書店で見かけたら、吟味してみて下さいね。
(…手っ取り早く言うと『立ち読み』ですけれど〜…)
でも、私は凄く気に入ってしまって、『家庭画報』8月号は買ってしまいましたよ♪
はぁ、素敵〜…!

 

*0017-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/07/13(木)-23:40]

 

 

 

 

サーシャさん、いい本紹介してくれました。
「ノイバラと虫たち」さっそくゲットしましたが、まさか絵本コーナーにこんな本があるとは気がつかなかったヾ(^^;) こりゃすごい、大収穫だ。
最近虫の話題が多いので、¥2000未満で買えるお勧め本をまとめて紹介しようと思います。
収録予定:これまで掲示板に出たもの+「庭仕事の素敵なともだち」、「家庭でできる病気と病害の防除」、「図解病害虫の新防除法」、「すごい虫のゆかいな戦略」、「庭にきた虫」、「家庭菜園の病気と害虫」等。ただし最後の本だけはちょっと高く、おまけに最後のページが科学教育を受けたはずの著者が書いたにしてはかなり軽率で噴飯モノだけど...
他にいい本あったら、皆さん紹介してね。


*0016

 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/07/08(土)-16:09]

 

 

 

まとめレスです

すんません、またまとめレスです

>GAOさん、
プラスチック容器の件ですが、ポリエチレン容器なら大丈夫だと思います。機械油やアルコールの容器として使われてる実績がありますので。セルロイド系だと溶けちゃうかもね。

>YUKIさん、
ご無沙汰で〜す\(^^;)
久しぶりにYUKIさんのHPにお邪魔しましたが、
こりゃすげぇや、と、ブっとびましたヾ(^^;)
で、こりゃ〜もっと頻繁に拝見しに行かなけりゃいかんと反省。
「ボリジが咲いた時にそのまわりの葉との対比の美しさにハッとして、考えさせられてしまいました。こういう発見をしたらどうして美しく感じるのか分析する事が大事です。..後略」(YUKIさんのHPから引用)
こういう感覚って、あらゆる場面で重要だと思います。さすがです。
GAMIももっとがんばらんといかんですなぁ...
ところで、エサ切れとアブラムシですが、確かに窒素制限するとてきめんですよね。野菜の場合はどの程度かわかりませんが、バラでは天敵の勢力に応じて施肥をコントロールすることでアブラムシはあまり気にしなくて良くなると思います。
不耕起は、たぶん野菜と同様の理由でバラにも有効と思います。肥料吸収をつかさどる根は、地表付近に多く、深いところにはないからです。

>きょうみさん
あの有名な万田酵素ですかぁ。
でも植物用って万田31号じゃなかったけ。万田M-78ってぇのは、万田発酵(株)の製品なんですか?
確かに発酵資材が有効なのは、肥料分以外のアミノ酸やホルモンの効果が大きいからではないかと思います。GAMIも今年からある発酵液を使ってますが、ほとんどすべての株からシュートが発生するなど、例年より元気が良いように思えます。

>shushuさん
始めたばかりなので、バラで不耕起が有効という確たるデータはGAMIの庭ではまだでていませんが、数年後にははっきりすると思います。普通は不耕起のメリットというと植物側の立場だけを考えますが、IPMの観点からは、天敵の勢力確保や土壌微生物の安定化の視点からも不耕起の方が有利だと考えてます。
なお、GAMIの記憶が確かなら「日本ばら園」さんの農場は確か不耕起じゃなかったかと思います。

>ハクウンさん
レシピ再録お手数かけて、どもです ヾ(^^;)
最近カキコ数が多いので、こういうご親切はありがたいです。

>月華さん
夏風邪はもう治ったと思いますが、ハダニや黒点はどでしょか?
最近、この掲示板ではアロマネタが盛んですが、ハダニに効くのもあるかもしれませんよ。ハダニではどうかわかりませんが、普通のダニにはラベンダーオイルやティートリーオイルが有効という話もありますよね(GAMIはシロウトだけど、実は「アロマトピア」創刊号から取ってる)。 プロの目で見て何かいいのあったら教えて下さいね。
アロマ系でないものでは、窒息系がおすすめです。HPにあるオレートや牛乳以外にも、でんぷん糊を薄めて撒いたり、油を使うこともできます。
それから、もどきはたぶん毎日使っても大丈夫だと思います。
アグリクールって。うまく使うとイケそうですね。情報ありがとうございました。

>ちこさん
手抜きだってぇ〜!!! と、別に怒るわけじゃなくて、これはGAMIも含めて皆さんの夢ですよねぇ(^◇^) で、そんなウマい話があるなら、それで商売できるかもね〜。
でも、よほど栽培環境が良いなどの好条件が伴わないと、ニームオイルだけで黒点病を十分に抑え込むのは無理です。木酢と混ぜることは出来ますが、それで効果がアップする保証はありません。
黒点病には、「もどき」の高頻度散布かコーネルフォーミュラ(重曹)を上手に使うのが、通常農薬を使わない場合の正攻法と思います。もどきには何も混ぜられないのが不便ですが...

>のりぴーさん
ペットボトルトラップ面白いですね。
確かに捕殺方法の効率化技術というのも、低・無農薬派には重要な開発項目ですね。
コドモが面白がってやりそうな、捕り方でおもしろいです。
昔、イナゴの佃煮というのを知って、妙に感心した記憶がありますが、コガネムシの瓶詰めで記憶がよみがえってきた ヾ(^^;)

>GAOさん、ゆきさん
GAMIのお気に入りは、ぎゃはは系では、田島みるく著「ガーデニングってやつは」、PHP研究所、です。マンガですが、この著者、タダ者じゃない。最終章は「バラ庭を作ろう」です。ちょいマジメ系では、中尾真理著「イギリス流園芸入門」晶分社、などはいかがでしょうか。日本の庭の話ですが。
それから、はっか油。安いからGAMIも目を付けてたんだ〜ヾ(^^;) 先越されたぁ。
最近はティートリーオイルもだいぶ安くなってきたので、バラ用に仕入れました。投入のチャンスを窺ってます。うまいレシピ発見したら「GAOブレンド」とか名前つけて発表して下さい。

>呑次郎さん
アグリクールって、そんなに効くの?
効きすぎるのも、ちょっと心配になりますが、即死ですか?

>shepherdさん
初めまして。素晴らしいHP拝見しました。
北海道旅行に行くときは、是非寄りたい(泊まりたい)です。
ウールという動物性のマルチは初耳でしたが有効なんですね。暖かい地方でも使ってる人いますか?非常に興味があります。GAMIも試してみたいんですが、GAMIのマンション専用庭は風の通路になってて、並のマルチではすぐ吹っ飛ばされてしまいます。ピートモスなど当然使えませんので、バーク堆肥を主に使うという関係上、残念ですが断念せざるを得ません。向こう三件の庭にウールが飛んでったら、怒られちゃう...(´`)
でもせっかくご提案いただいたので、使える環境の人がいたら、shepherdさんにお問い合わせ下さい。もともと有料でお分けいただくべきものですので(shepherdさんのHPにも載ってます)、その点誤解なきよう。暖地の人の評価報告が欲しいなぁ...


*0015

 shepherd [北海道]   [12/07/06(木)-22:47]

 

 

 

YORKSHIRE FARM

始めてですよろしく。北海道ではやっとバラが咲き出したところです。ロジャーランベリン、スパニッシュビューテイーなどが咲き、イングリッシュローズのつぼみが大きくなってもうすぐ咲くところです。ランブラー系はまだつぼみもつけていません。梅雨はないけれどあぶらむしとチュウレンジバチはすこし油断するといっぱい登場します。碧蕗+木酢でやっつけますが効果はいまひとつのようなきがします。私は羊の毛をウールマルチとして株元に使っています。ウールには毛と同じ量の油が含まれていて、ラノリンという成分もふくまれています。またウールにはホルムアルデヒドなどの化学物質を除去する力もあることはしられています。
5年ほど使っていますが、バラに水やりをしたことはありません。50本あるつるバラやイングリッシュローズのうちうどんこ病になったのが5本、黒星病は今のところでていません。虫には効果はないけれど、黒星病には効くようなきがします。
GAMIさん試験的に使ってみてくれませんか。連絡いただければ、無料で送ります。


*0014

 呑次郎 [近畿]    [12/07/06(木)-21:50]

 

 

 

中国産のにんにくは?

自家製「ニントー」用に、スーパーでにんにくを物色していたら、中国産のにんにくがすっごく安かったので(国内産の3分の1位)、摩り下ろしバージョンと、木酢液漬け込みバージョンを両方やってみました。摩り下ろしバージョンの方は、唐辛子を水で煮て漉したものと混ぜて500倍に希釈して葉面スプレーしているのですが、液の色が国内産のにんにくの場合と違う!緑色なんです。毛虫達はこれで成仏したから、効果のほうは変わりはないと思うんだけど、あの色は一体なんでしょうね?
木酢液漬け込みバージョンの方のにんにくも、うっすらと緑色になっています。
にんにくも、生産国によって含まれている成分等が違うってことがあり??

 

*0014-01 ゆき [東京]     [12/07/07(金)-11:29]

 

 

 

 

私も中国製を使ってます。でも、茶色です。どうしてなんでしょう。


*0013

 ゆき [東京]     [12/07/06(木)-10:12]

 

 

 

ハクウンさんありがとうございます

助かりました。前に私もハーブ関係の雑貨屋でバイトしてたせいもあり、オイル結構持っているんです。ユーカリって臭くてあまり使ってなかったし、こりゃあ大おっけーですな。またもやマイクロチューレンズが、来襲してきました。彼らにシーズンオフはないのか!で、ぷっくり脹らんだ産卵痕にカッターわざを試してみました。プチプチっと卵の割れる音。産卵直後はむずかしそうだけど、脹らんで来てからなら簡単。シュートも元気です。ま、あんまり気持ちよくないけども、おすすめです。

 

*0013-01 GAO [神奈川]    [12/07/06(木)-19:07]

 

 

 

 

またもやこんにちわ
只今ユーカリベルガモットの他でも効果がないものかと実験中です
ユーカリ・ベルガモットオイルの替わりに日本薬局方のはっか油(25ミリリットル680円)を使用したものを土とバークチップにスプレイしてみました
羽虫は飛び去って、極小うじは苦しんで土から出て来て来ました(9時間後変化なし)
これは手持ちのオイルでイロイロ試験する価値アリだと思うのですが…いかがでしょうか?好みの香りの虫除け作り♪


*0012

 呑次郎 [近畿]    [12/07/06(木)-07:49]

 

 

 

ジュリアの苗をゲットしました

ちょっと所要で兵庫県の方まで行ったときに、「伊丹バラ園」というところへ行ってみました。そこにジュリアの苗(春苗)がありました。私が狂喜するのを見て、園のおじさんは不思議そうな顔をしていましたが。そこで貰ったカタログに、ティラミスという名のジュリアとよく似た色(もうちょっとオレンジがかかっている)の品種が載っていて、曰く「ジュリアとくらべてステムも硬く直立性で花つきもよい」とありました。どなたか育てている人いますか?
以前、どなたかが『アグリクール』について書かれていたと思うんですが、先日近くのホームセンターで見つけたので、早速買ってきて(新しいもの好き)試してみました。我が家の湧くように出てくるアブラムシにはよーく効きました。自家製「ニントー」よりも何よりも、効きました。ほとんど全滅状態でしょうか。こんなに効いていいのかな(薬害が心配?)。対アブラムシ、500倍希釈。散布してから4日たちますが、今のところ問題なし。
おととい、きのうと大仏さんの周りの地域では、空からバケツをひっくり返したような雷雨で、地植えのバラ達の土が大分流れてしまいました。鉢植えのミニバラの枝も折れたりして……。やばい!と思ったときには既に滝のような雨で、屋根の下へ取り込むこともできなかったのです。私は趣味の園芸だから、泣くぐらいで済むけど、これが営利の農家さんだったら、泣くに泣けないよなぁと思ったことでした。被害に遭われた方がいらしたら、お見舞い申し上げます。


*0011

 GAO [神奈川]    [12/07/05(水)-23:30]

 

 

 

ひとりでくすくす笑い

土についてのコーナーに引用のあったチャペックさんの「園芸家12ケ月」を
読んだら、最初っから笑いっぱなしです
以前書店で見かけた時には「ロボット」という言葉の作者、と意識して手に取ったのですが立ち読みで済ませてしまいました
今回は身につまされたり、シンパシー感じたり…(で、ひとり笑い)
書籍は出会いの時が肝心だなあ、と再確認致しました

 

*0011-01 ゆき [東京]     [12/07/06(木)-10:19]

 

 

 

 

私もはまってます。東欧的アイロニーが、たまらなく笑わせてくれますよね。ああ、ここに私がいる・・園芸好きならば一度は思うのでは。園芸におけるプロレタリアート(貧乏なだけ)を自称する私としては、チェコ魂に涙するのでした。オモシロイ園芸読本、他にもありますか?

 

*0011-02 GAO [神奈川]    [12/07/06(木)-18:44]

 

 

 

 

ゆきさん、こんにちは
園芸プロレタリア(爆)
栽培本からやっと園芸エッセイに行き始めたところなので
よろしければわたくしの方こそ教えていただきたいのです
よろしくお願い致します


*0010

 のりぴー [関東]     [12/07/05(水)-19:51]

 

 

 

これで 少しは♪

はじめまして こんにちわ♪ このページを知ってから 私も無農薬に挑戦しようと
決心し もどき、虫追祭を使っています。アブラムシとか チューレン君などは テープぺたぺたで どうにかしのいでますが コガネムシには 手を焼いていて どんなに
頑張っても「ブゥーン」と あの羽音を聞くと身がすくんでしまってました
今日 なんとなく 500CCの空ペットボトルの口を コガネムシに近づけて棒切れでコガネムシの背中をツンツンとすると コロン・・・と ペットボトルに入り
中がつるつるしているせいか 登ってきたりせず おもしろい様にとれました(18匹)ときどき 中で「ブゥーン」って言ってましたが あの小さい穴を 棒で塞いでいれば 飛んでくることもなく 採った後は 蓋を閉めておけば お亡くなりになるし
「これで 私にも捕まえられる!」って 感激しました




*0009

 ちこ [中部]     [12/07/04(火)-21:34]

 

 

 

手抜きしたい

GAMIさんのページいつも参考にさせてもらってます。色々試して、手元には虫追い祭り、アグリクール、HB101、電解水、木酢など、集まってしまいました。HB101は、病気にはあまり効かない気がしました。(雨であまり撒けなかったかも)虫追い祭りは、水1箸縫ャップ3杯いれたら、30CC位になった気がします。葉っぱはテカテカ光っていました。きっと濃すぎたんだと思います。ところで、なるべく手抜きをしたいんですが、虫追い祭りと何を
組み合わせたら黒点病が予防できるんでしょうか?虫追い祭り、10日に1度じゃダメですか?木酢と混ぜてはダメですか?手抜きの方法を教えて下さい!


*0008

 サーシャ [関東]     [12/07/04(火)-01:05]

 

 

 

近況

ネタが無いのですが、なんとなく書き込みしたくなりました(^^;)…ので、近況なんぞを…。

我が家の庭では、ホワイトクリスマスの花が散り、今度はジュリアが咲いています。
ミニバラ達も活気づいてきているようで、庭を見るのが楽しみです。
明日から自動車教習所に通うコトになり、ちょっと安全面で自分に自信が持てない為、ビクビクしていますが…適性検査、『サイアク!!』なんて出たら、どうしよぉ。
私は中型二輪の免許を持っているので、事実上、実技のみでOKだそうで、通い詰めれば今月中に免許取得も夢では無いらしい。
…なんか、コワいな。車って動く凶器だし。私に持たせると…(爆!)

免許を取ったら、犬を連れてお友達のトコロに行きたい! なんて思っているのですが、はたして、どうなるのかしら…免許取っても、辿り着けるのかしら…!? 地図が苦手なんですケド(激爆!!)

 

*0008-01 サーシャ [関東]     [12/07/04(火)-13:10]

 

 

 

 

自己レスになっちゃう〜。
昨日は元気だったブライダルピンクに黒点病が出てるー!!!
うっわ〜、教習所から帰ってきたらケアしなきゃー!!!!!!

 

*0008-02 GAO [神奈川]    [12/07/06(木)-23:37]

 

 

 

 

サーシャさん、始めましてこんばんは〜
免許取得頑張ってくださいね〜
(私はバスとすれ違う細い道がダメなので免許持っていても半径十キロ以内自転車です…)
たまたま食品成分表を見たら七味唐辛子の中身って微量元素様々な種類摂れそうな物ばかりでした
水溶性なのか脂溶性なのか解らないのですが「いいエキス」になるのではないでしょうか?


*0007

 月華 [四国]     [12/07/03(月)-23:30]

 

 

 

葉っぱが〜!

お久しぶりです。1週間たつのにまだ夏風邪(?)がなおらず寝たり起きたりの日々で「イヤ−!!」って感じなんですけど、少し楽になったので久しぶりにバラの手入れでもと庭にでると、そこにはハダニの大量発生によって枯れた葉っぱ、葉っぱ・・・もう少しで枝だけになりそうな物も。寝込む前からその兆しはあったのでせっせと予防に明け暮れていたのですが、あまりにひどくなっているので農薬を使うことも考えてしまうほどで、「いかん、いかん」と、またここにやって来ました。水をかけたくらいではどうにもならないのです。もどきは毎日使っても大丈夫なのでしょうか?秋にちゃんと花を咲かせてあげられるのでしょうか?とても心配です。
あっ、それから前にお聞きした「アグリクール」ですが、チュウレンジ蜂の産卵は止められなかったけど、幼虫による被害はほとんど見られずにすみました。去年はこいつに悩まされたので本当良かったです。けど、一難去ってまた一難って感じですね。私はアロマテラピーの仕事をしているので精油には事欠かないし、いろいろやってみるのもいいかも・・・ですね。


*0006

 ゆき [東京]     [12/07/03(月)-21:51]

 

 

 

やっぱり濃かったか〜

虫追い、やっぱり濃かったんだ〜。良かった、あの日雨が降って。でも、説明書の通りだったんですよー。やっぱ信用できないわ、あの説明書。ところでハクウンさん、ユーカリベルガモット云々って、エッセンシャルオイルのことですか?どのくらいの希釈度で撒くのでしょうか。不耕起、私の本では産調出版ガイアブックスシリーズのナチュラルガーデンブックと言う本にすこしでてました。も一回読んでみますので、お教えできるようなちゃんとした内容だったら、概略をメールしてもいいですか?

 

*0006-01 ハクウン [近畿]     [12/07/04(火)-22:46]

 

 

 

 

ユーカリ、ペルガモットってエッセンシャルオイルのことだと、私は全く疑わずに
読んでいました。以前アロマテラピーに凝っていてその時使っていたオイルが私はたくさんありまして・・・。レシピは過去のGAMIさんからGAOさんへの投稿に載っていますよ〜。

 

*0006-02 ハクウン [近畿]     [12/07/04(火)-22:50]

 

 

 

 

そうそう、肥料にわいた虫ですが、有機肥料でずっと花を育てている方に聞いても、今回虫がわいた肥料のメーカに問い合わせても、虫は植物に影響ないっておっしゃっていたわ。GAMIさんもそうおっしゃってましたとおり。
気持ちの問題ですね。たくさん虫がわいたらなんだかねえ・・・。虫くらい恐がっていたらだめなんでしょうけど。

 

*0006-03 ゆき [東京]     [12/07/05(水)-22:43]

 

 

 

 

スミマセン、ハクウンさん、GAMIさん。ユーカリベルガモット、いつ頃の過去ログですか〜

 

*0006-04 ハクウン      [12/07/05(水)-23:21]

 

 

 

 

割と最近ですー。0022の返事で。見に行くの、時間かかるでしょうから、コピー貼り付けしておきますわ。
●ユーカリスプレー
ユーカリオイル:10、ベルガモットオイル:3、食酢:10、アルコール:100の混合液を水で10倍に希釈してスプレーするそうです。
●ニンニクスプレー
皮をむかないニンニク85g、小さじ2杯のミシン油等の鉱物油、7gの石けんを溶かした600ccの水。
ニンニクをそのまま鉱物油に24時間漬けた後、石けん液を入れ、こしてからガラス容器に入れ、光に当てないように保管。全属容器はだめ。水で10倍に希釈してスプレーしますが、効果が少なければより強くしてスプレー。石けんは溶けにくいので、熱湯で。


*0005

 shushu [千葉]    [12/07/03(月)-18:01]

 

 

 

不耕起

GAMIさん、はじめまして。
GAMIさんのHPがとても好きです。
私は、狭い庭ながら地植えとプランターで、バラを17本育てています。まだ2年目です。
GAMIさんのHPの中に、『不耕起』という言葉が出ていたので、もう少し、くわしく知りたいと思って、メールを出しました。
私は、貸し農園を借りて。野菜、花、ハーブも育てています。こちらは、まだ今年の4月に始めたばかりです。
バラも畑も初心者で、本と体験で突入している次第です。
畑の本で『自然流家庭菜園のつくり方』徳野雅仁著を読んで、『肥沃な土壌では、無農薬、無起耕、無肥料が可能』という内容の本なのですが、
とても興味を持ち、自分なりに少しづつ試してみたいと思っています。
バラを育てる時にも、『不耕起』栽培が良いかも、というデータがあるのでしょうか。
何かわかる亊がありましたら、こっそり教えて下さい。お待ちしております。


*0004

 きょうみ [千葉]     [12/07/03(月)-01:06]

 

 

 

植物活性酵素

GAMIさん、こんばんは!
そして、どなたかご存知でしょうか? 万田M-78という代物を。
ちばコープのちらしで2〜3回見かけているのですが、それを使用すると
植物がとっても大きく育つというハナシなのですが・・・。
例:ひまわり→4メートル
ってことは、バラに使用しても大きくなるってコトでしょうか?
ん〜、巨大なバラ。でも4メートルじゃデカすぎる!
一応書いてあるのを見ますと、
成分:果実、穀物、海藻類等50数種類の原材料に発酵菌を使用
容量:10ml (日本製)
コレ、使ったことのある方はいらっしゃいますか〜?

昨日クレマチスの傍で約10センチの巨大シャクトリムシ発見。
今日見に行ったら、お出かけしたのか見つからず・・・。
ゾウムシにも負けないでパルメンガルテンフランクフルトが
次々と咲いております。


*0003

 YUKI [東北]    [12/07/03(月)-00:56]

 

 

 

ご無沙汰しております

GAMIさん、お久しぶりです。HP、充実でびっくりしました♪
新ネタ?も見れて大変勉強になりました。有難うございます!

色々と私も実験、勉強していましたです。
本当に勉強というのはキリが無いですね(笑)
あまりに忙しくて(畑の無農薬栽培で^^)
バラに寒肥を与えなかった所、アブラムシが激減しました。
こ、これは参考になるでしょうか??(笑)

GAMIさんが不起耕栽培についてちらっと書かれて
おられるのを見て嬉しくなりました。
まだうちの庭でも結果は出ていませんが(3年目)
もう少し頑張ってみようと思います。
また勉強にこさせてもらいます〜^^

P.S.バナー変更有難うございました!
び、びっくりです。緊張〜〜^^


*0002

 ハクウン [近畿]     [12/07/02(日)-20:01]

 

 

 

羽虫

うちのコバエって言っていたのも結局コバエではなくて羽虫かしら。。。
昆虫図鑑が必要ですね。
で、あの後、観察してみると虫はかなり数が減ってきて、ユーカリオイルがまだ手に入らなかったので、もう一度、今度はにんにくプラス唐辛子竹酢液を100倍くらいに薄めたものを(性格上アバウトな数字ですみません。参考になりにくいですよね)土に散布しました。触るとウワンと飛び回るのはなくなって、探せばいるくらいになりました。
にんにく&唐辛子竹酢液が効いたのか、卵を産んだから、親はもうどっかへ行ったのか、ちょっとわかりにくいですが。。。でも竹酢液をかけたら、動かなくなったりしたから、効果があったのかしら、と思っています。
GAMIさん、GAOさんありがとうございました。
今回のでちょっぴり肥料をやるのが恐くなってきましたわ。。。1階に植えているモッコウバラにやった肥料には虫はわかなかったのに、2階のベランダに植えているバラにやった肥料には虫がわいたんですよ。微妙なバランスで、虫が出たりでなかったりするんでしょうね。いろいろ勉強になります。

 

*0002-01 GAO [神奈川]    [12/07/03(月)-12:18]

 

 

 

 

ハクウンさーん、こんにちはー(ちょっと顔見知り気分でウレシイ)
私は顔が見えないくらい小さい虫を「羽虫」と呼んでいます(正式名称は「?」)
ユーカリベルガモットですが始めの内散布時のびんの振り方が足りなかったのか
段々香りが濃くなってきました=とても効いてます
散布後三日目の朝には元通り「うわん」だったのがヒト吹きで姿が消えました
逃げたのもいるし、オイルで窒息したのか(?)動かなくなったのもいました
残った羽虫も鉢の中で這い回るだけ…ハクウンさんの「にん唐竹酢」と同じ状態?
GAMIさんへ
アルコールも精油もプラスティックを溶かしてしまいそうですが、
今回くらいに水で薄まっていればその心配はありませんか?
(ベルガモットオイルは確かに安くは無かったのですが、こじゃれた雑貨屋さんで見つけたので他のモノまでついつい…そちらが高くつきました(^_^;)


*0001

 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/07/01(土)-16:18]

 

 

 

まとめレスでごめんなさい

なんか。ちょっと留守にしてる間に、掲示板がにぎやかになりましたねぇ。
カキコして下さった方、ありがとございます。これまでのGAMIとお客さんとのQ&A掲示板から脱却し、お客さん同士の会話が弾むのは大変ありがたいことと感謝してます。今後も、この調子でよろしくお願いします。

で、まとめレスですみませんが...

>サーシャさん
病院追放おめでと〜ございます(^^)/
GAMIのトウガラシスプレーは乾燥粉砕トウガラシで作ってるから、七味でもまあ効かないこともないでしょう。でも、乾燥ガーリックはどうかなぁ...

>呑次郎さん
ニントーの混合比率はテキトーでかまいません。どうせ、この割合だって、GAMIがいろいろ調べながら気分できめたものですから。
それから、コガネムシ対策のパーライトは植え込みの時から混ぜとかないと無理だと思います。鉢植えならしばらく水没させて窒息させる手もあるそうですよ。農薬ならダイアジノン粒剤でしょうか。個人輸入できるなら、Milky Spore という土に混ぜる微生物農薬もあります(4月の過去ログ、なおその元はRose Avenue の相談室ログにあります)。

>ゆきさん
チューレンが即死するようじゃ、濃すぎるよ〜っ!!!
まいた後で、何日かして気がついてみたら虫の数が減ってたというくらいが、まともな濃度です。

>もずりんさん
今後もよろしくおねがいします。
こちらもヒドイ風で、だいぶ葉が傷みました。マンションの専用庭が横に長く連なっていて風の通り道になってるので、GAMIんちのバラは、毎年、病気よりも風害ダメージの方が甚大です。

>じょうろさん
ハイターで茶色くなる水では、「もどき」作りは残念ですが無理です。HPにも書きましたが、一般に金属は禁忌です。特に水中の金属イオンに出会うと効果がなくなります。
それから葉の黄変と縁の褐変ですが、これは水切れ、過湿、高温、薬害、肥料過多・不足、病気など多種多様な原因で起こりますので、実物を拝見しないと、原因特定は困難です。梅雨入り後ということなので、過湿や黒点病あたりから調べられてはいかがでしょうか。

>ゆきさん
GAMIも録画して見ました。京成バラ園の近所に住んでる人には有利だったろうね〜ヾ(^^;)
問題のレベルはこんなもんかなぁと思うけど、カタログ頭に入れとくのはGAMIにはできない ヾ(^^;) それも本番の緊張感の中で実力発揮するのは大変だろうと感心。特に香りの判別なんて、知ってても出来そうもない ヾ(^^;)
興味深かったのは、アマチュアが香りを判定の助けにしてたのに対し、農薬多用のプロはそれをしてなかったことと。双方の育てたバラに香りの相違があるんじゃなかろか?
それから、乾燥バナナのカリ肥料。言われて見りゃ確かにそうだ〜 ヾ(^^;)
ついでにバナナは微量要素も豊富なので、その追加効果もあるはず。ライバルはイチジクとアンズかな。

>GAOさん
スプレーお試し報告ありがとうございました。
このHPは、原則GAMIが実際に試したものしか載せてませんが、今回のは単なる受け売りなので、ちょっと心配でしたが効いたようでほっとしました。
でも、ベルガモットオイルが高価で、余計な出費させちゃったかな...

>ハクウンさん
ニンニク竹酢うまくいったら教えてね〜
緊急処置なら、キンチョ〜ルっていうのもありますよ。これはピレスロイド(アレスリンとフタルスリン)で、まあバラには害はなさそう。

 

*0001-01 じょうろ [兵庫]    [12/07/04(火)-21:47]

 

 

 

 

確かに黒点も出ています。うどんこも、葉ダニも、あぶら虫も…。
まあ、酷くなければちょっとくらいはOKなんで多少はいいんですが。
夏が来て環境が変われば、なんとかなるかなあなんて傍観しときます。
井戸水ではもどきが使えないとなると…。
水道水を運んでくるしかないかしら。とほっ。