農薬ギライのためのバラ作り掲示板

*0036

 サーシャ      [12/06/30(金)-21:48]

 

 

 

キッチンにて。

私は我が家の家事担当ですので(笑)キッチンに毎日立つのですが、ふと思ったコトを。

乾燥ガーリックチップス、木酢液に漬け込んじゃーダメかしら。
七味唐辛子、木酢液に漬け込んじゃーダメかしら。

…両者とも、やっぱりナマがいいのかしら…。
むむーん、ちょこっと考えてます。
だって、100円ショップで売ってるんですもん。保存も手軽ですし…って、無精者!?

そうそう、先日TVを見ていたら、トマト栽培農家の方が出ていらして、「トマトは皮ごと食べる物だから、農薬は使いたく無いんじゃ」と言っていて、害虫対策として、唐辛子とトマトを同じハウスに植えているんだとか。
…うぅ〜ん、うちも来年は唐辛子、植えようかしら。


*0035

 ハクウン [近畿]     [12/06/30(金)-06:29]

 

 

 

ハエ

以前のGAOさんの書き込みでバエが発生した土について、触れられていましたが・・・
有機質の肥料をやったら、コバエがあっという間に、しかも大量に発生しちゃいました。
鉢の周りに少し埋め込んで、肥料をやったのですが、そんなのなんのその。
水をやると大量にワサワサーとコバエが出てきます。自然ってすごい!何バエかわかんないんですが。。。ちょっと気持ちわるい。
GAOさん、あれからユーカリスプレーかにんにくスプレー、試されましたか?

 

*0035-01 GAO [神奈川]    [12/06/30(金)-11:15]

 

 

 

 

こんにちは、ハクウンさん
実はオイルをまだ手に入れてません;;;
私は固形の「ばらの肥料」とバークチップのマルチングに住まれてしまいました
取り敢えず、バークをどかすと親は数が減りますが、お子さんは肥料にいますねえ
GAMIさん、虫除け薬の情報ありがとうございました
香りの良さそうなユーカリ・ベルガモットで試したいと思います
雨の合間にばらを覗き込んでいたら根頭がん腫発見しました
本で見るようなごつごつじゃなくて橙色の石粒の様でした
反射的にばきっと折り取ってから木酢液かけましたが、どきどきしてます

 

*0035-02 GAO [神奈川]    [12/06/30(金)-13:52]

 

 

 

 

…その直後にオイル見つけたので早速購入致しました
ユーカリオイル800円、ベルガモットオイル2000円也、各10ミリリットル;;;
散布直後は特に慌てて逃げる、という様子はありませんでしたが、バークにたっぷりと染み込ませましたのでしばらく観察致します
すんごくいい匂いでオレンジビターの入ったカクテルみたいです
ズブロッカ トウガラシで「甘いいい香り」とおっしゃっていた方は恐らく
私と同様真昼間っからお酒飲みたくなるかと思われますので要注意なスプレイです
(ゆきさんだったかしら?ごめんね)

 

*0035-03 ハクウン [近畿]     [12/06/30(金)-19:25]

 

 

 

 

早速お返事ありがとうございます。
にんにくスプレーがいいって事でしたから、何の根拠もありませんが、にんにくつながりで、にんにく竹酢液が意外と効くかもと思って、100倍くらいに薄めたにんにく竹酢液をスプレーして朝でかけましたが、まだワサワサ元気にしておりました。
悪さはしなさそうな虫ですが、なんかねー。気持ち悪いですもんね。
ベルガモットは家にあるので、ユーカリが手に入ったら、試してみようかしら。。
また観察の結果を教えてくださいね。

 

*0035-04 GAO [神奈川]    [12/06/30(金)-20:45]

 

 

 

 

今日の昼頃ユーカリベルガモットを散布して、夕方にバークチップをひっくり返してみました
昨日までの大雨強風でもとから羽虫が減ってる状態ではあったのですが全く姿の見えなくなった鉢がありました
(ばらの肥料+バークチップマルチングしてある6鉢のうち3鉢)
他の鉢も「探せばいる」くらいで、今までの様な「触るとうわんと飛びまわる」
という状態ではありません
いい香りだしこれで効果が長続きしてくれると言うことないですね
GAMIさん、ありがとうございました


*0034

 呑次郎 [近畿]    [12/06/29(木)-23:56]

 

 

 

コガネムシの幼虫が原因!

サーシャさん、はじめまして。早速レスしてくださってありがとうございました。
最近だめになってしまったジュリアの死んだ原因がわかりました。
コガネムシの幼虫だったようです。今朝鉢をひっくり返してみたら、6匹もでてきました。以前にも元気のなくなった鉢植えの何かを植え替えようとして、ゾロゾロ出てきてびっくりしたことがあったのですが、やつらに根をやられていたんですね。私との相性が悪い(?)だけじゃなかったのね。
GAMIさん、立て続けにお尋ねばかりして申し訳ないのですが、実は鉢植えのCharlotte がジュリアと同じような症状なのです。何とか救ってやりたいのです。
家の納屋には、捨てるに捨てられないで置いてる化学農薬がずらっと揃っているのですが、この際はそれらに頼るしか仕方ないのでしょうか??
以前、「コガネムシとパーライト」についての記事をこのHP上で見たことがあるような気がするのですが……。
よろしくお願いいたします。


*0033

 ゆき [東京]     [12/06/29(木)-23:30]

 

 

 

tvチャンピオンすごかったですね

すごーい!と見つつ、あたしはまだだいじょぶだ、マニアックではないのだ、と、自分に安心した。ラーメン王のすごさは、ラーメン好きではないからわからないが、今日のすごさはちょっとわかる。はあ〜。大変だなあ〜と、思ったのはあたしくらいでしょうか。


*0032

 じょうろ [兵庫]     [12/06/29(木)-22:18]

 

 

 

梅雨がやってきました。

こんにちわ。
もどきの威力を掲示板で知り、さっそくやってみようと作りはじめたのですが、ちょっと不安になりました。というのも、庭は井戸水を使用しているのですが、水質が悪く、時々茶色くなったり錆がでたり、水質が一定ではありません。ハイターを混ぜると、透明な水があっというまに茶色に変色しました。
これでもOKでしょうか。今日はやる気まんまんだったのに、その色に不安になり、とりあえず、酢だけでもまいとくか、と気休めに薄めた酢を撒きました。やはり、もどきは水道水じゃないとだめだとかいうことはあるのでしょうか。

それともう一つ質問があるのですが、梅雨に入ってからバラの葉が下の方からどんどん黄色くなって、ぽろぽろおちてしまいました。つるっぱげのもでてきました。黄色い葉の縁はぐるっと茶色く枯れています。本体には支障はなさそうですが、次々に広まってきました。屋根があり、風通しの悪い所なのでムレてしまったのかなあという気もします。
御意見お聞かせください。


*0031

 もずりん [茨城]   [12/06/29(木)-01:29]

 

 

 

リンクありがとうございました

こんばんわ
こちらから、リンクのお願いしていながら
遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

私のページもリンクしてくださってどうもありがとう
ございます。
今日は、凄い雨と風でしたね。
そちらは如何でしたでしょうか。
我が家の狭い庭は、前の緑地帯からの落ち葉が
いっぱい吹き込んで、明日のお掃除が大変です。


*0030

 ゆき [東京]     [12/06/28(水)-23:21]

 

 

 

チューレン君の最期

朝、曇ってたので撒いてみました、虫追い祭。おおざっぱに薄めで。すごかった!1cmほどのチューレンズ、こんなにいたのかというくらい、葉の表に上がってきて、そこで成仏。試しに成虫にもかけましたら、土に落ちました。その後雨が降り、薬害までは観察出来ませんでしたが、少々葉がちぢんだような・・・。やはり、薄めがいいような・・。しかし、こんだけ効くなら、手袋マスクに、今度からメガネもかけて撒くことにします。


*0029

 呑次郎 [近畿]    [12/06/28(水)-19:57]

 

 

 

ジュリアの大苗が欲しいよぉー

GAMI様、早速のレスありがとうございました。ウォッカのアルコール度は,脂溶性の成分と水溶性の成分をバランスよく抽出させるために、ということであれば、現在仕込んでいる40%で、OKなんですね。
ところで、どなたかジュリアを育てている方いらっしゃいますか?あの子って、病害虫に弱い性質なんでしょうか。それともただ単に私が下手なだけ?4年程前に大苗を買って枯らし、その後、園主が変人(?)だという噂のあるバラ園の若苗を通販で買って枯らし、それでも懲りずにその園から買い続け、結局数えたら、4本の若苗を枯らしてしまいました。他の種類は大丈夫なのに……。あの子って、なんか樹勢が悪いのね。今年は、GAMIさん考案の「もどき供廚妊丱奪船蠅茵と思っていたのに、残念です。私の住んでいる所(大仏さんがいるところ)の園芸店では、ジュリアを売っていないんですよ(ーー;)。最初の大苗は地植え、若苗は鉢植えでした。ピカコーも、ドンッと20キロ入りを購入して、取っても取ってもまるでわいてくるようなアブラムシに対処していたんだけど、どうもひ弱くて残念な最期でした。
ピカコーといえば、ちょっと使いにくいです。海草等から抽出したエキスらしいのですが、あんなにどろどろしたものだとは知らなかった。ちょいちょいっとお手軽に使いたい向きには、ちょっとお勧めできないかも……。滑らかに溶かすのに、ちょっと要領が要りますね。でも、アブラムシ&アオムシには効果がありました(20倍溶液)。ジュリア以外はね(ーー;) 毛虫にはあんまり効果なくて(我が家は梅、椿に付く毛虫がバラのところへ遊びにやってくる)、毛虫には「にんにく摩り下ろし&鷹の爪の煮出し汁」がなかなか良く効きました。ピカコーは、薄めに溶いて土壌改良用に使おうかなーと思っています。モグラが寄り付かなくなるとも書いてあったし。(我が家の庭はモグラ君の運動場です)
長くなりましたが、最後に質問です。90度のウォッカで唐辛子抽出液を作ったとして、「ニントー」(GAMIさんのHPの自然農薬From Kitchen(3)ニンニク・トウガラシから勝手に名前を付けました)の希釈割合は2:1:197でいいでしょうかね?お暇なときで結構です、お返事してやってくださいませー。



 

*0029-01 サーシャ [関東]     [12/06/29(木)-00:27]

 

 

 

 

呑次郎さん、初めまして&こんにちは。
私、この春に『ジュリア』の新苗をガーデニングのイベントで求め、7号鉢に植えて1ヶ月半経ちますが、花もいくつか咲きましたし(今も蕾が大きくなりつつあります)、他のコ達(ジュリアも入れて全部で21鉢あります)に比べても、病気にも強いみたいですし、虫も付いていないし、「強いコだな〜!」って思っていますよ。
ケアはせいぜい木酢液くらいなモノなのですが。

人と植物にも相性があるらしく、いくら好きで何度も育ててもダメなものがあるようですから、それかも知れませんね。
私の友人は、アジアンタムという観葉植物を、環境や土をいくら整えても何度も枯らしているそうですし…。
生き物同士って、植物が相手でも、難しいものですよね。


*0028

 サーシャ [関東]     [12/06/28(水)-14:19]

 

 

 

追い出された!

色々ゴタゴタしてて、こちらとは御無沙汰してましたね。
なんかお久しぶりです♪
我が家のバラ達は、一部を除いて(…(^^;)皆、元気です♪

さて、バラ事じゃなくて私事なんですが、この度、3年近く(2年9ヶ月かな?)通っていた病院を追い出されました!
「君、もう来なくて良いから」とイキナリ言われて。
もう自力で充分に治せる範囲だから、投薬もとっくに終わってるし、あとは自分でやんなさい、というワケで。これから悪化するようなら、よっぽど重大な事情が他にあるか、極端に生活が乱れたり…しか考えられないんだそうな。
20年以上も一緒に過ごしてきた持病なので、イキナリ「もう無くなるよ」と言われてしまうとイマイチ気持ちが付いて行かないんですが…。

…でも、ま、良い事なのだし、通院費や時間が浮くから(笑)、その分、バラ達や犬達に使えるなぁって思っています(その程度の認識しか、今は出来ないんですが)。

今、我が家の庭ではミニバラの『ロザリー(黄)』が一番綺麗に咲いています。
これは本当に綺麗な花で、樹も丈夫な体質のようです。
ミニ好きな方にはオススメですよぉ♪


*0027

 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/28(水)-12:44]

 

 

 

TVチャンピオンのお知らせ

昔はかかさず見てたTVチャンピオン【σ(^^;)実はミ〜ハ〜】
最近はマンネリで全然見てなかった。
今度の木曜(6/29)は「百花繚乱!全国バラの花通選手権」だそうなので、ちょっと見てみようかな ヾ(^^;)
京成バラ園も出てくるらしい。
詳細は↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/bangumi/champ/theme/theme.htm

 

*0027-01 GAO [神奈川]   [12/06/29(木)-21:02]

 

 

 

 

なんだか皆さん疾走してらっしゃいましたね
「NYに行きたいかー!」的解答方法はあの年齢層には辛そう
続いたらオールドローズ等もやってくれたら絶対に見るんですけど…
なんて、そうでなくても毎週子供と見てますが(^_^;)


*0026

 呑次郎 [近畿]    [12/06/28(水)-09:49]

 

 

 

ウォッカのアルコール濃度は?

はじめまして。バラをやりだして5年ぐらいになる「へたの横好きロザリアン」です。貴HPを知って以来今まで、皆さんの経験と知識と熱意に圧倒されるばかりで、「フムフム、なーる程」とROMするだけでしたが、最近「HB101」についてのreferenncenが2,3あったので、ついカキコしてしまいました。
バラの前は、セントポーリアに狂っていて(そのためにワーディアンケースを3個も買ってしまい、セントポーリアをやめた今は、そのワーディアンケース《室》を使って洋蘭をやっています)、その時に「HB101」を使っていました。結果、効果の程はわかりません。良かったような気もするし、特にこれと言った効果もなかったような気もするし、何よりも高くて(あの当時で、大瓶18,000円)、続きませんでした。今でも、フローラからは律儀に年賀状、暑中見舞いは送られてきていまが。これって、タイトルとは関係ないことでしたね……
ところでお尋ねいたします。「唐辛子ウォッカ」に使うウォッカですが、ある酒店に行ったら、アルコール度90何%というのを売っていました。目下私は、40%のウォッカで仕込んでいるところですが、これってアルコール度が高いと効果に違いがあるものなんでしょうか?それと、ウォッカでないとだめ?ジンではだめ?ビール以外呑まないので、お酒についての知識が皆無なんです。もしかしたら、この件について、どこかに書いてあったかもわからないですが……。
よろしくお願いいたします。

 

*0026-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/28(水)-12:09]

 

 

 

 

HB−101情報ありがとうございました。やっぱ、値段ほどの効果はないんだろうか...
さて、酒の件ですが、GAMIは酒飲まないから、よく知りません。普通は焼酎を使う人が多いようですが、買いに行ったスーパーでサントリーのアイスウオッカ(アルコール37%)というのが500cc瓶で使いやすそうだったから買っただけ ヾ(^^;)
焼酎でも消毒用アルコール(無水アルコールは×)でも、アルコールと水の量が大ざっぱに同じくらいのがよさそうです。理由は、脂溶性(精油)成分と水溶性成分の両方を抽出したいからです。「具」にトウガラシだけを使って主要成分のカプサイシンだけを強力に抽出したいときはアルコールだけ使った方が効率が良いので90%でもいいですが、じっくり時間かけるなら、そこまで高濃度のはいらないと思います...高いしヾ(^^;)


*0025

 おのはら [近畿]    [12/06/26(月)-08:37]

 

 

 

チュウレンジバチのこと

GAMIさん、おはようございます。
アベニューの相談室に、載ってましたね。
産卵痕をカッターで上下させて卵を殺すなんてのもありました(私はコワくてできません^^;)
オルトランも幼虫に効くんですね〜。勉強不足……><
近くに木いちご植えてるけど、土が仕切られていれば問題ないかな……?

 

*0025-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/28(水)-12:08]

 

 

 

 

あはは、あれね(^^;)/
現状では外科手術するほどの被害は被ってないのでGAMIはやらないけど、なるほどね〜ですね ヾ(^^;)
オルトランも地面にまいて効果あげるには結構な量をまく必要があるので、土の状態を考えるとちょっと抵抗がある。もちろん水和剤を葉っぱにまいてもいいけど、あの匂いキライだ(^^;)
んで、σ(^^;)しかたなくマイクロチューレン退治に精を出しますが、ちゃんと見回ってれば、ニーム全面予防散布と、スポット散布の石鹸液かサーシャサンのガムテ技で十分ですからそんなに大変じゃないと思うんだけど。


*0024

 ゆき      [12/06/23(金)-00:21]

 

 

 

ありがとうございました

来ました!虫追い祭!過去ログなどもチェックさせていただいて、早速撒いてみます!・・・・・雨降りそうだけど。

 

*0024-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/28(水)-12:07]

 

 

 

 

雨降りそうなときは、流れちゃうともったいないから曇りの日まで待った方がいいかも。結果教えて下さいね(;^^)/


*0023

 ゆき [東京]     [12/06/21(水)-22:32]

 

 

 

虫追い祭

メーカーに問い合わせをしたら、店頭では売り切れが多いそうです。このhp影響大ですね、きっと。今、郵送待ちです。(やっぱりガムテだなんだ言ってないで予防早くしろって気付いて)で、着いたらさっそくまこうと思うんですが、やっぱり国産ものも、はじめは薄めがいいんでしょうか?アドバイスお願いしまーす。5時起きしてがんばる次第です。

 

*0023-01 ハクウン [近畿]     [12/06/21(水)-23:27]

 

 

 

 

私も近隣で売っていなかったので、虫追祭、郵送で送ってもらいましたー。
使用方法に、『水1リットルにキャップ4杯の原液を入れよく混ぜて噴霧して下さい。(基準300倍)』ってあったんですが、何も考えず使っている霧吹きが500cc入りなので、半分の2杯だなー。はじめは少な目で2杯弱にしよーって。それを噴霧しました。濃すぎました。キャップ2杯って結構あるんです。500ccで300倍の濃度って、1.5cc強じゃないですか。あのキャップ何ccはいるのかしら。。結構入りますよ。虫に食べられて弱っていた、苗は葉っぱが黒くなりました。他の元気なのは、ほんのちょびっとだけ黒くなりました。昼から気温が上昇しちゃいましたせいもあるんでしょうね。他の植物、バーベナとか、ルドベキアとかは全然平気でしたけど。。。過去の書き込みの警告にもっと注意を払っていたら良かったですわ。ちなみに展着剤は使用していませんでした。

 

*0023-02 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/22(木)-22:37]

 

 

 

 

>ゆきさん
確かにこのHPを見て、虫追祭をおいてくれた店って、結構たくさんあるんですよ。
で、病気はもちろん予防散布ですが、虫の場合は出来れば発生初期から叩くのがIPMでは原則です。虫に予防散布してると、散布量が多くなりすぎて余計な影響があるかもしれないからです。といっても、ニームだとこれからの日射量だと光分解で2〜3日しか持たないから頻繁にまくことになっちゃうけど...

>ハクウンさん
そりゃ濃すぎるかもしれないけど、しかしキャップの容量がいいかげんとは知らなかった。そりゃヒドイですね。この例だけでなく、キャップっていい加減なので、かならず正確な量はかってね。GAMIはもっぱら計量スプーンですが、1cc前後だとガラス製のスポイトですよね。
GAMIんちでも、バラの後ろに植えてあるクレマチスの葉とツルが黒くなりました。こんなの初めてですが、もしかしたら...ヾ(^^;)


*0022

 GAO [神奈川]    [12/06/20(火)-23:24]

 

 

 

虫がわいたらどういう影響があるのでしょうか?

以前ローズアヴェニューの相談室でもあったのですが、肥料などに虫(小蝿?)がわいてしまうと虫媒の病気の悪影響が出るのでしょうか?
うじを見るのは嬉しくはないのですが、こうやって虫が食べるのも自然の一部なのかしらと思うと、わざわざ退治する必要があるのかどうかと迷っています
余りにも親が小さくて憐れなので「見えなかった事にしよう」と思えなくもないのですが…(悪影響があるなら喜んで殺戮しちゃいます)

 

*0022-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/22(木)-22:37]

 

 

 

 

虫がわいた経験ないので、はっきりとはわかりませんが、
未熟な堆肥や生っぽい肥料にわいた白いウジなら、気分は悪いけど
まあ問題ないのではないでしょうか。
以前きょうみさんの書き込みにあった、茶色っぽくて毛が生えたような
のだったら、ケバエの可能性があって、こいつだと根を食うことがあるそうです。
殺ちゃったほうが安全かも。

 

*0022-02 GAO [神奈川]   [12/06/28(水)-01:27]

 

 

 

 

こんばんは、GAMIさん
お尋ねしておいて、お久しぶりになってしまい申し訳ありません
羽虫と呼ばれるようなムシが住み付いていたんですが急に増えました
しかもショウジョウバエらしきものまで新たに寄って来ました
一気に気色悪くなってきたので取り敢えずハーブをそばに置いたり
バークチップに薄荷オイルの匂いつけたり
食虫植物のモウセンゴケを置いたりしました(←追いつかない!)
しかし特に変化は認められないので、人に頼んだ虫追祭を待つか
近所で売ってる「ムシヨラーズ」なるものを試すかしてみます
それまでドクダミの混植でもしてみようかな

 

*0022-03 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/28(水)-12:29]

 

 

 

 

いえいえ、どういたしまして ヾ(^^;)
お話の様子だと、ヤバいハエではなさそうですね。
しかしそれって気分悪いですねぇ。
たしかムシヨラーズもドクダミ入りだから、ドクダミ植えるのもいいかもしれませんね。
GAMIはハエ対策は考えたことなかったので、あまりお力になれませんが、ある本にユーカリスプレーとニンニクスプレーが良いとありました。ご参考まで、
●ユーカリスプレー
ユーカリオイル:10、ベルガモットオイル:3、食酢:10、アルコール:100の混合液を水で10倍に希釈してスプレーするそうです。
●ニンニクスプレー
皮をむかないニンニク85g、小さじ2杯のミシン油等の鉱物油、7gの石けんを溶かした600ccの水。
ニンニクをそのまま鉱物油に24時間漬けた後、石けん液を入れ、こしてからガラス容器に入れ、光に当てないように保管。全属容器はだめ。水で10倍に希釈してスプレーしますが、効果が少なければより強くしてスプレー。石けんは溶けにくいので、熱湯で。

なお、この本なかなか良いのですが、あまり知られていないようなので、「離れ」の方にでも紹介記事書こうと思ってます。


*0021

 おのはら [近畿]    [12/06/20(火)-10:13]

 

 

 

またまたHB−101…

とうとうTVで宣伝始めたみたいですねー。
どこかのHPでも、花点きがよくなったって書いてあったし、
サンプル腐っちゃう前につかってみようかな?

 

*0021-01 おのはら [近畿]    [12/06/20(火)-10:21]

 

 

 

 

そうそうチューレン君のボンド固めワザは2年前の話なので、多分バラに大きな影響は出ていないんだと思います。でも内分泌撹乱の可能性とか言われると自信ないので^o^;、ガムテープワザか予防に重点おくのがやっぱりベストですねぇ。

 

*0021-02 ハクウン [近畿]    [12/06/20(火)-22:58]

 

 

 

 

珍しいもの好きなので、私は早速HB−101を試してみました。
使ったせいで元気になったのか、なっていないのか、まだ2回しか使用していないので、分からない感じです。でも弱りはしませんでした。どっちかというと元気です。バラ以外の植物にもやっていますが、変なことにはなりませんでした。
もうちょっと様子を見てみます。
それより過去の書き込みでも、警告して下さっていたのに、虫追祭りで1鉢だけ葉っぱが黒くなっちゃいました。午後から天気が良くなっちゃって・・・。
でもま、元気そうです。

 

*0021-03 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/22(木)-22:36]

 

 

 

 

>おのはらさん
なんだ〜、サンプル持ってるなら、使用報告してよ〜ヾ(^^;)
確か、ずっと前にHB−101ってどですか?って質問したでしょ。
で、どでした? よさそうですか?
それから、ボンドは2年の実績ですか。なら問題なさそうですね。
まさかバラには内分泌系なんかないから、問題ないと思うけど、
バラの枝を焼き鳥の串にしたり、インド人がニームの枝で歯磨きする
のをマネして、バラの枝でやらなきゃ、平気でしょう...ヾ(^^;)

>ハクウンさん
HB−101報告期待してます。
虫追祭は、方々で迷惑かけてますね〜 ヽ(- -;)
ちょっと問題だな...


*0020

 ゴン太 [関東]    [12/06/18(日)-18:55]

 

 

 

虫追祭、使ってます

GAMIさん、こんにちは。いつも勉強させてもらっています。m(_ _)m
虫追祭、愛用してます。やっぱり農薬は気になっていたので・・・
それでこの前、いつもの様にシュシュっと散布し、ついでに新入りの
おじぎ草にも、虫追祭の洗礼を受けさせたら!!次の日、「あれ、ずっとおじぎ
してるなぁ。朝になると葉が開くのに・・・」と、ちょいとひとなでしたら、
全部落葉してしまいました。新芽も全部・・・(T_T)
皆さん、おじぎ草には虫追祭、厳禁ですよ。でも、その他の植物にはOKだし、
我が家では、プランターでミミズを飼っているんです。ミミズ君にも安心と、
業者の方にも確認済みなので大活躍しています。これからも色んな情報を
紹介して下さいね。

 

*0020-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/19(月)-22:10]

 

 

 

 

え゛〜っ(°°;)!!
こりゃ100%「クロ」ですね。
ニームのページに薬害出やすい植物をあげといたけど、おじぎ草も加えなきゃダメみたいですね(さっそくニームのページに記載しました)。どうも貴重な情報ありがとうございました m(_ _)m

他の皆さんも、明らかに「クロ」の事例があったら、お知らせ下さい。


*0019

 もずりん [茨城]   [12/06/18(日)-00:21]

 

 

 

はじめまして

小さな小さな庭で、薔薇をそだてています。
以前から、何度かお邪魔させて頂いていましたが
ご挨拶は、初めてです。トップのお写真、ウスバカゲロウの卵
でしょうか・・家にもよくあるんですよ。
ソレと、最近は、カマキリの赤ちゃんがたくさん
います。
無農薬の成果と、とても嬉しく思っています〜。
薔薇のうどんこ病や、黒点病には実は頭を悩ませていますが。。
小さな虫たちを見るにつけ、黙って、黒点の葉を毟り取るようにしています。(^^ゞ

 

*0019-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/18(日)-07:21]

 

 

 

 

いらっしゃいませ〜 \(^^;)
ウスバカゲロウはアリジゴクの親で、土中に産卵するヤツです。
んで、トップの写真は、クサカゲロウのほう。
ところで、HP拝見しましたが、たくさんの種類を栽培されてますねぇ。
虫もいろいろ居着いているようで、ハキリバチの「作品」はスゴイッ!!ヾ(^^;)
次には庭の虫紹介ページなど本格的に作っちゃうのもいかがですか?

 

*0019-02 もずりん [茨城]   [12/06/24(土)-18:14]

 

 

 

 

クサカゲロウ・・ですか。
あらら・・知ったフリをするものではありませんね〜。
失礼しました。
HP見てくださったんですね。ありがとうございます。
ハキリバチも、名前、知りませんでしたぁ・・もう、我が家の庭は
虫だらけ・・家の前は田んぼですから、カエルもた〜くさん
いるんです。
・・あ、今日はカエルのお話ではなくて
リンクのお願いに上がったんです。
リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか。
是非是非宜しくお願いしますm(__)m

 

*0019-03 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/25(日)-18:44]

 

 

 

 

いんやぁ、実はσ(^^;)も、だいぶ前にこの両者を取り違える失敗をしてるんで、あんまり威張れない...ヾ(^^;)(過去ログに証拠有り)
それから、リンクの件了解です。こっちからもリンクしておきますので、よろしくお願いします。よろしければリンクページのバナーをお使い下さい。


*0018

 ハクウン [近畿]     [12/06/16(金)-20:02]

 

 

 

はじめまして

こんにちは!
以前からバラを育ててみたいと思っていましたが、農薬アレルギーのためあきらめていたところ、このHPに出会い、今春から早速苗を買ってきて、育てています。
かわいい花を咲かせてくれています。ありがとうございます。
さて、葉っぱに白く粉が吹いたみたいになったり、ちょっと黒いシミのようなものが発生してきたので、これはもどきの出番かと、張り切ってもどきを作って散布してみました。早朝に散布して、仕事から帰ってくると、弱っていた葉っぱに小さな穴がいくつか空いてしまっていましたー!ショック。。。
どなたかそんな経験された方はいらっしゃいますか?
なぜでしょう??
ちなみに今日の天気はそれほどカンカン照りではありませんでした。関係ないかもしれませんが・・・。

 

*0018-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/17(土)-22:28]

 

 

 

 

まあ、控えめに見ても「もどき」は99.9%以上「シロ」でしょう ヾ(^^;)
正しい材料と量で調製しましたか? といっても、おそらくかなり間違った量で作っても、葉に孔が開くとは思えません。あの「カビキラー」を葉に直接噴霧しても、孔など開かないと思いますが、それに比べ、もどきのパワーは桁違いに弱いからです。まずヨトウムシ君などの姿を探した方が良さそうです。もっとも病気で弱っているのが明らかにわかるようでは、虫も嫌って食べないかも...
次に可能性のあるのが炭疸病です、最初は赤黒い点ができ、黒点病と間違うこともありますが、徐々に中心部が灰色になり葉の組織が脱落します。ときにはその部分に孔が開きます。
うどん粉病にしろそれ以外にしろ、病気が出てから出動するのではマズイですよ。HPお読みになってお分かりになってると思いますが、もどきは治療薬ではありません。予防散布が原則です。

 

*0018-02 ハクウン [近畿]    [12/06/18(日)-08:23]

 

 

 

 

ズバリ回答、ありがとうございました!!
いました、ちっちゃーい3mmほどの緑の半透明な虫が!
初心者のくせに、4鉢あってそのうちの1鉢にお試しでもどきをかけて、そして仕事に行っている数時間のうちに
そのもどきをかけたバラだけが、穴が空いたので、てっきりもどきが原因かしらーと思ってしまったんです。すみませーんっ!
結構まめに花を見ている“つもり”だったので、まさかあんな虫がいるなんて思いもよりませんでした!
よく見れば、葉っぱの上に糞のような黒い粉のようなものも落ちていました。
あ〜、本当に感謝しています。もっと勉強します。ありがとうございましたm( _ _ )m。


*0017

 ゆき [東京]     [12/06/15(木)-22:37]

 

 

 

GAMIさんってすごい、すごすぎ!

理科系だけでなく、虫の知識までそんなに豊富なんて・・!
ところで、こないだ、チューレン野郎の傷口からマイクロチューレン君が
わきわきしてるのを目撃。ひょっとして、ここにガムテープをはっちゃえば
根こそぎ退治出来るのでは・・・そんなことした人いませんよね〜。

 

*0017-01 おのはら [近畿]    [12/06/16(金)-10:00]

 

 

 

 

横レス失礼します〜。
うちもチューレン君には毎年悩まされています。
最初の年はシュート一本だったので、産卵場所見つけては片っ端から木工用ボンドで固めて、効果ありましたよ!雨で濡れると白くなるのが少々難ですが…
あと、バラには影響ないのかな?<ボンドの成分。
枝が込み入ってくると見つけるのがたいへんなので、
やはり予防策がほしいところです。

 

*0017-02 ゆき [東京]    [12/06/17(土)-10:50]

 

 

 

 

すごい!そんな手があったとは!

 

*0017-03 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/17(土)-22:27]

 

 

 

 

木工用ボンドねぇヾ(^^;) あれはたしか酢酸ビニルだけど、バラへの影響はそんなに考えなくてもいいんじゃないかと思います。面白い方法ですね。悪影響が気になる場合は、癒合剤(カルスメイト)などを使ったらどうでしょうか?たぶんこれでもマイクロチューレンどもは脱出不能になると思います。もっとも、チューレン君の死体が茎の中で腐ったらどんな影響が出るか知りませんでぇ...ヾ(^^;)
ガムテープですむようなら、跡で剥がして掃除できるから、こっちの方が安心かも...予防策は、以前Q&Aに書いたニームか緑豊兇陵祝瓢局曚らいかなぁ。茎は裂けるけどほとんどがマイクロ状態のうちにあの世行き。


*0016

 重松 伸子 [近畿]    [12/06/13(火)-21:06]

 

 

 

バラの葉の裏につく赤い玉

垣根として白い蔓バラがある家に昨年引っ越しました。昨年も今年も特に花の咲くころを前後して、花の近くの葉の裏に赤い刺刺した8mmほどのたまが2〜6ほど
くっついているのです。はさみで見つけるたびに葉ごとカットしているのですが
何なのか知りたいです。お願いします。

 

*0016-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/13(火)-21:46]

 

 

 

 

これは「虫こぶ」あるいは「虫えい」と呼ぶもので、虫が寄生したために、その刺激で葉っぱの細胞が異常に成長し、こぶになったものです。割ってみると、なかに幼虫がいるはずです。虫えいを作る虫は非常に多種にわたりますが、今回のはタマバエの仲間ではないでしょうか。こぶを作る以上には、特に取り除かなければならないほどの悪さはしませんので、ほおっておいても除去してもどちらでも結構です。


*0015

 おさる [関東]    [12/06/13(火)-17:46]

 

 

 

枝枯れ病

こんにちわ。
バラを育てはじめて4年になります。昨年初頭にこの素晴らしいホームページを拝見してからは、ずっと無農薬で頑張っています。以前よりも、バラの葉の色が濃く、肉厚になったようです。ありがとうございます。

ただ、ここ1〜2ヶ月程、枝枯れ病が多く発生しており困っております。発見次第、泣く泣く切り、切り口は(仕方なく)石灰硫黄合剤で拭き取り、継ぎロウで保護しておりますが、その介なく、次々と枝が茶色になってしまいます。葉の裏に定期的に水をかけているのですが、それが枝にとって良くないのでしょうか?
心当たりがなく、悩んでいます。原因と思われる事があれば直したいのですが、アドバイスいただけないでしょうか?よろしくおねがいします。

 

*0015-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/13(火)-21:34]

 

 

 

 

ホントの枝枯れ病かどうか、書き込みだけからは判断できませんが、次々に変色するということですから、一応、剪定バサミの消毒はした方がいいと思います。洗濯用ハイター10倍希釈くらいの液につけて下さい。その後、水洗を忘れずに。なお、切り口消毒も10倍ハイターでいいです。
個人的には、一本くらいは切らずに残しておいて、変色の進行具合、どこで止まるか、表面の変化はどうか等をじっくり観察するほうが今後の勉強になると思いますが、無理にお勧めはしません。

 

*0015-02 おさる [関東]    [12/06/14(水)-13:57]

 

 

 

 

ありがとうございます。今、雨が止んだので庭に出て早速ためしてみます。


*0014

 おのはら [近畿]   [12/06/13(火)-12:31]

 

 

 

にっくきアブラムシ〜

GAMIさん、こんにちは。
みなさんのお庭はまだまだバラが盛りのようで、うらやましい限りです。
うちのバラ達は、早々に散ってしまって寂しいです(;_;)
マーガレットメリルのベーサルシュートがにょきにょき生えてきたので、
頑張ってお世話しようと思ったら、新芽の先にアブラムシ君がびっしり…
(ぞわわっ)そんなにチュウチュウするな〜〜〜!!
シャリファ・アスマの下葉も少しずつ虫に食われてるようだし、
これから本格的な梅雨だし、病虫害との闘いもこれからが本番のようです(-_-;)

 

*0014-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/13(火)-21:34]

 

 

 

 

大切なシュートについたアブラムシだけはGAMIも見過ごせなくて、ピレトリンをシュッとやっちゃうことがあります。今年は「もどき」の散布法をちょっと変えたせいか、黒点病もほとんどなくて、これまでのところは快調。このままいってくれるといいんだけど...

 

*0014-02 サーシャ [関東]    [12/06/14(水)-13:04]

 

 

 

 

おのはらさん、こんにちは。
(レスするのは初めてですが…)
アブラムシが急に沢山発生した場合、取り敢えず…の処置として(成虫のみってコトで)、ガムテープでペタペタ取ってしまうと、虫を潰す厄介さも無く取り除けますよ。
新芽は粘着剤には(余程の強さで押し付けない限り)くっつかない筈ですので、一度、「今すぐ取りたいー!!」という時には試されては如何でしょうか?

 

*0014-03 おのはら [近畿]    [12/06/15(木)-01:36]

 

 

 

 

レス、ありがとうございます。サーシャさん、はじめまして。
ガムテープ!それ、名案ですね!!テデツブースだと指先に黄色い色がついちゃって気持ちワルイので、どうしようと思ってたところです。早速試してみます。
それにしても、あれだけアブラムシついても持ちこたえてるバラって、意外と強いものですね@_@;


*0013

 ゆき、こといいだ [東京]     [12/06/13(火)-10:23]

 

 

 

そうなのです

かきこみに慣れてなくって、わけわからんことしてます。すみません。
表紙換わったんですね。あの卵、うちにもよく付いています。益虫なんでしょか。農薬を使わないということは、虫のこともよく知らなければなりませんよね。最近はそんな本もちらほら読んでますが、虫の図鑑はまだ開けない。
なにも裏表紙にどアップで、あげは(?)の幼虫じゃなくたっていいだろー。
かわいこぶるわけじゃあないけれど、触るにも勇気がいる本だ。
gamiさん、おすすめの本は(サイトも)ありませんか?

 

*0013-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/13(火)-21:33]

 

 

 

 

実はねぇ、GAMIもコドモの頃は昆虫図鑑が大キライで、開くのが気持ち悪かったもんです。で、今でもこのテの図鑑は嫌いです。気持ち悪いからではなく、記述も絵も無機的で生きた虫の生命感が感じられないから...
で、読みやすいお勧め本を1冊だけ紹介すると、
「天敵ウオッチング 虫達の戦争と平和」、根本久・和田哲夫、NHK出版、¥1,300
バラを中心に据えた昆虫勉強ですから、ただの図鑑よりずっとためになると思いますよ。おもだった虫の成虫、幼虫の姿もちゃんとカバーされてます。


*0012

 GAO [神奈川]    [12/06/13(火)-03:14]

 

 

 

あっ!

クサカゲロウのタマゴって「うどんげ」って言って
縁起の良いモノだそうです
今年はゾウムシが少なくって済むとか?

 

*0012-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/13(火)-21:33]

 

 

 

 

たしかにゾウムシの第二陣は少な目でした。そのための準備をいくつかしておいたせいなのか、たまたまなのかわかりませんが、まあラッキーです ヾ(^^;)


*0011

 サーシャ [関東]     [12/06/13(火)-01:06]

 

 

 

咲きました♪

トップページの写真、変えられたんですね。
これ、虫の卵なんですよね。
昨年、取り合えず取り除いて、「何だろう…? 虫かな?? 植物の種かな???」と鉢受け皿に乗せて様子を見ていたら、生まれちゃってビックリしました(笑)。

大苗を取り寄せ、植え付けた最初っから生育が悪かった『ヘレナ ルネッサンス』、ようやく最初の花が開きました。
デンマークの『ポールセン社』のバラで、第一園芸さんから取り寄せたのですが、思っていたよりも好きな花色で『強い芳香』とありましたが『ホワイトクリスマス』よりも弱く(花自体が小さいから当たり前かな?)、丁度良いカンジです。
今のところ病気も出ないし、第一園芸さんが「病気には強い方ですよ」とおっしゃっていたのは本当だったようで、これからが楽しみです。

一方、ミニバラの数鉢には黒点病が出てナンギしてます。
ハズミ(と言うか…)で買ったミニ、大きめの鉢に植え替えてあげようと思って元の鉢から抜いたら、植わっていたのは土では無くて『スポンジ状のもの』で…。
「ひー!!!」とパニクって園芸相談のフリーダイヤルか何かに電話で尋ねて、無理なく剥がせる分の『スポンジ』を剥いで、土に植えたんですけど、何か、そのコはミョ〜…に弱いんですよね。
何とか頑張って貰おうと、『やり過ぎないケア』を今年も心掛けます…。(^^;)

 

*0011-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/13(火)-21:33]

 

 

 

 

これは、↑でGAOさんご指摘のクサカゲロウのタマゴです。
バラの花茎に見つかるのは珍しかったので...
クサカゲロウの幼虫は、テントウムシとならぶアブラムシの天敵として重要です。
成虫の優雅さからは考えられないような怪獣みたいな姿をしていますよ ヾ(^^;)
ちなみに、ウドンゲの花が咲くというのは、まるで蕾のように見えるタマゴが孵って幼虫がでてくるところが、ちょうど花が咲いたように見えるところからきたとか...
梅雨時こそ、病気には雨の中でもまける「もどき」は便利ですよ〜


*0010

 NISHIO [関東]   [12/06/10(土)-21:08]

 

 

 

neem

5月22日0032でご連絡したNEEMのHPがやっと できました。
ぜひご一覧ください。 GEOCITIESなどにもLINKできれば 大変ありがたく
おねがいもうしあげます。(neem-oil.comなんておこがましい名前をつけてしまいました。)なおNEEMを使った有機肥料、薬草抽出の殺菌剤のHPもひきつづき作っています。またご連絡もうしあげます。
なお

 

*0010-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/11(日)-12:37]

 

 

 

 

HPオープンおめでとうございます。あの、クリザール関係だったんですね。
情報量が豊富で、大いに参考になります。が、ちょっと個人ユーザー用には量が多くて、値段が...ヾ(^^;)
当面は輸入代行だから高コストでしょうが、将来は免許取得して250か500cc入りで、安く供給してもらえるとうれしいですね。
追加ページも期待してますヾ(^^;)


*0009

 いいだ      [12/06/10(土)-11:09]

 

 

 

お返事ありがとうございます

早速、お返事とアドバイスいただけてとってもうれしいです!ピューラックスには〜ナトリウムの表示しかないので、添加されてないのかどーなのか判りませんでした。なので、安心のハイターこれから買いにゆきまーす。

 

*0009-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/11(日)-12:34]

 

 

 

 

内容からして、いいださん(男性=黒字)って、ズブロッカのゆきさん(女性=赤字)ですよね?
教えていただいたピューラックスは早速オーヤラックスのHPからパンフレット取り寄せてみました。もともとpH調整が少しはされてるようなので、やっぱハイター使用時と同じ分量のクエン酸ではあわないかもしれません。で、当面はやっぱハイターで作ってね。


*0008

 アイスバーグ [中部]     [12/06/09(金)-23:09]

 

 

 

とうとう梅雨入り・・・。

GAMIさんこんばんは。この時期までにきちんと手入れをしてあげないと・・・と、いつも思っていながら今年も梅雨入りしてしまいました。梅雨が去ったころには黒点病で真っ黒→黄色→すっかりぼうず・・・なのです。きっと。
 GAMIさんは野菜に興味はおありですか?「農薬ギライのための野菜作り」だったらきっとおいしい野菜ができるのでしょうね。我が家はこの夏はとうもろこしに枝豆、頑張ります。虫退治に牛乳やわかめの煮汁など(バラにも効く?)悪戦苦闘してます。バラ共々、無農薬有機でというのが理想です。また色々参考にさせて下さい。

 

*0008-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/11(日)-12:33]

 

 

 

 

梅雨に入ったら、「もどき」は降雨後葉が濡れてるうちに雨水を洗い流すようにすぐに散布ねヾ(^^;)
雨が続くようなら1日おきくらいに、傘をさしながらでも、散布するのが理想的ですが、めんどくさいよねぇ。
土日と水曜日だけ雨が止んでくれると楽なんですけど...(^O^;)
それから、野菜は大変なのでやってません(そんなに地面もないし...)が、
ワカメの煮汁は興味あります。忌避効果があるかも、ということと、土壌微生物の活性化にはよさそうなので。
使用結果を教えて下さいね。


*0007

 mako [関東]    [12/06/08(木)-11:29]

 

 

 

わーい、しかし。。。

gamiさん、こんにちは。
薔薇が咲いた!四つ(蕾の数え方は一本二本?)
だけですが,生まれて初めて
育てた薔薇の開花はかなり感動しました。
これもgamiさんのHPとアドバイスを頂けたからこそだ
と思います。改めてありがとうございました。

でも、蕾が開き始めて、満開になるまでは
あっという間なのですね。先日一番花の「花柄きり」
というのをやりまして(花瓶に飾った、捨てられない)
今は新しい芽が出てくるのを待っています。

しかし、今はハダニ(だと思う)が酷い。食べられて
葉っぱの向こうが透けて見えてしまいます。
ヒマワリもハダニとハモグリバエの被害と
思われる白い筋がハッパに沢山ついてしまった・・。
HPでも紹介されていた、オレート液剤を撒いていますが
ダニにも効くのでしょうか?ダニの体構造を考えると効く気がする・・。

 

*0007-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/09(金)-21:33]

 

 

 

 

開花おめでとうございます。気温が上がってからの開花は、花弁の展開が速いので6月に入ったら、蕾がゆるみ始めたら花瓶に移動した方がいいかもしれません。GAMIんちはそうしてます。
それから、葉っぱの表面の薄皮一枚残して食っちゃうのは、たぶんヨトウムシ。ハダニは吸汁するけど葉っぱは食わない ヾ(^^;)
で、オレートはたぶん効果あると思います(試したことないけど)
でもハダニ対策の基本は、週2回程度、葉裏へ勢いよく水スプレー(「もどき」まくのと同時というよりそのまんまだ)です。もちろんニームは有効です。

 

*0007-02 mako [関東]   [12/06/11(日)-09:09]

 

 

 

 

あのナメクジの子供みたいな、虫ですね!
うどん粉病とダニにだけ気を取られて
まさかにょろにょろ系の虫が悪さをしているとは
考えもつかなかっただ。
早速オレート液剤で実験してみます。
ありがとうございました。

 

*0007-03 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/11(日)-12:32]

 

 

 

 

もしもヨトウムシだったら、オレート直撃で確実に殺れるけど、直接十分にかからないとダメ。現に被害がひどいなら、第一選択はBT剤(ヨトウムシ=犯人確認してから)。奴等はこれをナメただけで、葉っぱを食わなくなる。食あたりで死ぬのは何日かたってから。即効性で食害がストップするので、緊急の場合はニームより便利。蝶やガの幼虫以外にはまったく効かないので、天敵、人間(犬、ネコも)には安全無害。
ですので、ハダニとセットでやっつけるならオレートで狙い撃ちということで(;^^)/


*0006

 ゆき [東京]     [12/06/08(木)-00:52]

 

 

 

いいにおい

いつも勉強させていただいてます。ちさいちっさい庭でバラ等を育てています。さて、ウォッカがなかったので、ま、いっか、と、ズブロッカでとうがらしを漬けたところ、ものすごい甘いいい匂いになっちゃいました。呑みたい誘惑にかられています。もどきなんですが、うちにピューラックスという消毒液がいっぱいあって、ハイターの代わりにならないかしらと思ってます。だいじょぶでしょうか。次亜塩素酸ナトリウム6%とありましたが・・・。

 

*0006-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/09(金)-21:32]

 

 

 

 

酒飲まないので、ズブロッカというコトバがGAMIの語彙にはありません。すんません。
で、ハイターは次亜塩素酸ナトリウム5%程度なので、これに換算すればピューラックスも使えそうですが、問題はpH調整のクエン酸添加量がわからないことです。ハイターには安定用に水酸化ナトリウムが微量添加されているそうなので、これにあわせたpH調整をしていますが、ピューラックスの場合は混ぜものが不明なので、わかりません。また、界面活性剤が入っていたら、やめた方がいいと思います。


*0005

 ころん      [12/06/08(木)-00:41]

 

 

 

こんばんわ。

GAMIさん、みなさんこんばんわ。(^^)
ギャラリーがどんどんパワーアップしていますね。
ばらが、とってもきれいなので、うらやましいです。
ころんは、虫追祭を蒔いた次の日がものすごく暑い日で
薬害を起こさせてしまいまい、葉っぱが黒ずんでしまいました。(TT)
一瞬、「黒点病がこんなに!!」とあせったのですが良く考えたら、
ニームですね。GAMIさんもが、気を付けないとだめだよ〜とホームページでアドバイスしてくださっているのに。(^^;)反省。
で、この間発見したNEEM-SS恐る恐る問い合わせのメールしてみました。そうしましたら、なんとも迷惑なエクセルでの説明書きが送られてきまして・・。(仕事じゃないとエクセルなんて使わないので慌ててインストールしました。)最初はメール爆弾かと思った・・。なんか、普通のニームオイルと違って薬害を起こす成分を取り除いてあるとか・・(そんな事可能なんでしょうかね?)どっちにしろ安いので次回はだまされる事を覚悟の上で買ってみようかと思います。
でも、商売っけがないとこでメールもあっさりしたもの。商品の問い合わせをしたのに、送料の説明も、支払方法の説明も一切なし。
商売へただなァ・・買う気が失せるような、かえって好感を持つような不思議な気分で今頭を抱えています。

 

*0005-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/09(金)-21:32]

 

 

 

 

ニーム薬害出ちゃいましたか。これがもうちょっと改善されると使いやすいのにねぇ。
まく数時間前に十分灌水することも忘れずにお願いします。
さて、NEEM−SSですが、ここのHPにはGAMIには理解できないトンチンカン(たぶん)なことも書いてあるので、いまいちよくわからんとこもありますが、売る気がないなら無視してやりましょうか...ヽ(^^;)
GAMIも面白そうだから、エクセルファイルもらってみよっと。


*0004

 アイスバーグ [中部]    [12/06/06(火)-00:09]

 

 

 

HB101はすごいらしいです。

わが町の名産?!のHB101は、あるときは目薬、あるときは胃薬、また有るときは塗り薬と、点したり飲んだり塗ったりとあらゆる病にきくらしい。この会社の広報を読んでびっくり驚きました。これではバラも元気になるはずですね。分かっちゃいるけど何者なんでしょう。(でも、原液を目に点す勇気はちょっとない・・・。)

 

*0004-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/06(火)-23:18]

 

 

 

 

んでも、肝心のバラへの効果はあんまり書いてないですよね、広報には。
このHB101、今年から試用してますが、Rose Defense との相性は「?」です。混ぜると固形物が生成されます。Rose Defense と木酢との混合ではこのようなことはないのですが...やはり単体で使用する方がよいようです。原料からして、虫に対する忌避効果があるのは明らかですが、桧の精油は環境ホルモン様の効果があることが知られていますから、人畜無害かどうかは「?」です。
添付されている資料を見ても、効果に対する説明は、定性的で推定の域を出ないものばかりで、ちょっと胡散臭いけど、方向と「志」(^^;)は間違っていないと思います。
で、匂いを嗅ぐ限りでは、虫よけには良さそうだし、なんか効きそうな気もするので、今年は使ってみようと思います。
使ってみて良かったという方がいらっしゃったら、使用法を含めて是非教えて下さい。
みんな気になってるはず ヾ(^^;)


*0003

 じょうろ [兵庫]     [12/06/02(金)-23:01]

 

 

 

菌って……。

GAMIさん初めまして。
いつも勉強させてもらってます。
草花は6年くらい。バラは2年目です。
今年はぼちぼちうまくいきました。本当に手をかけただけ応えてくれるのでうれしいかぎりです。
ところでお聞きしたいのですがVA菌根菌ってどうなんでしょうか。
使ってみたのですが私はあまり効果を感じませんでした。水持ちがいいかなあっていう程度です。肥料が少なめでよくて、特に花が咲くとは感じませんでした。それにバラはウドンコが出たりするとに殺菌効果のあるものを撒いたりするので同じ菌だけに不安です。
いくつかのHPで調べてみましたが、書れてるほどの成果はありませんでした。
使い方が間違っていたのかなあ。
菌ってなんか見えないせいか ホントに働いてるのか生きてるのか死んでるのか、ウ〜ん。
VA菌根菌って普及してるんでしょうか。
効果はどうなんでしょうか。
よろしければ教えて下さい。

 

*0003-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/04(日)-22:04]

 

 

 

 

VA菌根菌は、米国のオーガニック関係の本にはたびたび登場します。バラの場合は、施肥量が多いため、肥料吸収に関しては一年草に使用した場合のようには菌根菌の効果が明瞭に出ないように思いますが、個人的には病害抵抗性が向上するように感じています。
VA菌根菌のメリットは肥料効率が第一に言われることが多いですが、菌根による土壌病原菌の抑制効果が多少なりともあるのではないでしょうか。この効果は、通常外性菌根でいわれており、VA菌根のような内生菌根では顕著ではないようですが、タバコなどでは効果ありといわれているようです。
ともあれ、GAMIはバラでその効果をきちんとした比較対照実験で確認したわけではありませんので、断言はしかねます。なお、燐酸の施肥量が多めの場合は菌根菌の効果がでないのはご存じと思いますが、バラの場合はどうしても多くのリン肥を使いますので、施肥量が多い場合は植え込みの際のオマジナイくらいに考えといた方がいいのかもしれません。菌根菌よりも効果の大きい方法がいろいろありますから。

 

*0003-02 じょうろ [兵庫]    [12/06/05(月)-21:51]

 

 

 

 

お返事ありがとうございました。
確かにそうですね。
他の草花に使ったほうが有効のようですね。
私の場合、VA菌を使ったバラ(ホワイトクリスマス)が最も多く早い時期にウドンコがでてしまったんですがそれは鉢の置き場所が悪かったからかもしれません。
VA菌は向かない植物や、環境などちょこちょこと規制があるので、めんどくさがりの私にはなかなか使いづらいものかも、です。


*0002

 GAO [神奈川]    [12/06/02(金)-18:50]

 

 

 

ニームの香りって?

最近希釈したものなら木酢液の香り好きになって来たんですが、ニームはどういう匂いなんでしょうね?
「ばらが子供より可愛い」と申しましたが1ヶ月に50センチも伸びて花を咲かせるばらと、ひーひー言いながら5階まで持ち帰った牛乳を一日で1〜2リットル飲みやがって年間(二人合わせて)10センチしか伸びない人間の子供とでは帰ってくる満足感が比べ物になりませんのことよ…
(取り敢えず白ご飯をお握りにしたりタマゴを割るところまでは仕込んだるので情愛・溺愛の対象をそろそろ変更してもいいかなーーーっ?と…(^_^;;;)

 

*0002-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/02(金)-22:34]

 

 

 

 

ニームは(タマネギの油炒めの匂い)−(タマネギの良い香りの部分)のような匂いですヾ(^^;)
ど〜せお子さんに仕込むなら、クサいニームや木酢の散布法まで仕込んで、バラのメンテナンス自動化といきたいけど、無毒というわけじゃないのでまだ早い。
これからヨトウムシやチュウレンジバチが増えるし、ゾウムシの第二弾が襲来するはずなので、それらの監視を命じたらいかがでしょうか?害虫と天敵の争いなど、理科の学習に最適な経験を与えてあげられるでしょう。

 

*0002-02 GAO [神奈川]   [12/06/04(日)-01:11]

 

 

 

 

「胃に来る焦げ臭い匂い」ですか?にんにくとか混ぜたら美味しい匂いになるのかなーーー♪
長女はハーブの散水担当にしていますが、二人とも釣りに行くと餌のジャリメを弄ぶような子供達(ムシ激ラブ?)なのでカマキリを家に持ち込みかねません。やはり初期教育で「せめてテントウムシにしておいてね」と仕込むことにします。
全然関係ないけど今日は子供が学校からお蚕さんを一泊させに連れて来ました。
蚕は桑しか食べないですがイモムシ君達の食いっぷりと食事のスピードになんだか戦慄を感じてしまいました…

 

*0002-03 GAO [神奈川]   [12/06/04(日)-23:13]

 

 

 

 

ニームの匂いの事ですが、ちゃんとニームオイルの所に書いてあったんですよね。
「農薬ギライの…」はしっかり「お気に入り」登録してたので、何度も読み返したつもりだったのですが、大変な失礼を致しました。ごめんなさい。
これからもへんてこな事を伺うかと思いますがよろしくお願い…してもいいですかあ???(アブナイ事はしないように気をつけますので(^_^;))


*0001

 mako [関東]    [12/06/02(金)-13:12]

 

 

 

ギャラリーの花々、凄く綺麗!

gamiさん、こんにちは。

私のベランダの「丹頂」というHT種の薔薇の、
4つの蕾がついに開ました。が、が・・・・・。

外側のハナビラはキタナイ。ちぢれて、粉を吹いて・・(多分
うどん粉病?)それで、思い切って
取ってしまったのですが、取ってしまっていいのですよね。

ギャラリー拝見して、ちょっとしゅん・・。
こんなに綺麗に咲かせてもらっているところも
あるのに。。丹頂さんゴメンナサイ・・。

 

*0001-01 GAMI(管理人 [神奈川]   [12/06/02(金)-22:33]

 

 

 

 

それって、粉の色が白ければうどん粉病、灰色っぽければボトリチス病でしょう。
花は葉っぱと違って、気に入らなければ遠慮なくとっちまっていいです。
気に入ったら、とって花瓶行き(^^;)、んで、気に入らなかったらゴミ箱行きか、カビがひどくなければ消毒してからポプリの材料にでも...