ホロコーストに関する66の質疑応答


Q 1 ナチスが600万人のユダヤ人を殺したことについて、どんな証拠があるのですか?

A, 何もありません。証拠とされているものは戦後の証言、その大部分は「生存者」の個人証言です。こうした証言は矛盾する内容であり、ガス室を本当に見たという証言はほとんどありません。当時の文書にもガス室などなく、確たる証拠もありません。灰の山もなければ、数百万の死体を処理できる火葬炉もありません。「人間石鹸」、人間の皮でできた「ランプ・シェード」も残っていません。人口統計による裏付けもありません。

Q 2 では、ナチスによって600万人のユダヤ人が殺されなかったことを示す証拠として、何があるのですか?

A, 裁判の証拠、人口統計などを分析・比較すれば、このような数字はあり得ないことが分かります。一般的に言われている「600万人」という数字は、無責任な誇張です。

Q 3 ジーモン・ヴィーゼンタールは、本当に「ドイツ国内には絶滅収容所はなかった」と書いたのですか?

A, その通りです。ヴィーゼンタールは有名なナチ・ハンターですが、彼は〈スターズ・アンド・ストライプ(星条旗)〉誌の1993年1月24日号で、この言葉を述べています。ユダヤ人の「ガス室殺戮」はポーランドでのみ起きたと彼は主張しています。

Q 4 ダハウはドイツ国内にあります。そしてヴィーゼンタールは「ドイツ国内には絶滅収容所はなかった」と述べています。ではなぜ、元アメリカ兵たちは「ダハウは絶滅収容所だった」と主張しているのですか?

A, 連合国がダハウを占領した後、多くのアメリカ兵は収容所を案内され、「ガス室」と言われている建物を見せられたのです。そしてマス・メディアもこれを受け、誤ったまま、「ダハウは絶滅収容所だった」と報じたのです。

Q 5 ではアウシュヴィッツはどうなのですか? アウシュヴィッツでは、人を殺すためにガス室が使われた証拠があるのですか?

A, いいえ。アウシュヴィッツはソ連軍によって占領され、戦後改造されました。いくつかの建物が大きな「ガス室」に見えるよう改造されたのです。ガス室の設計・建設に関するアメリカの専門家フレッド・ロイヒターは、アウシュヴィッツのガス室だと言われている建物を調査しました。彼は調査後、このような建物が処刑に使われたことなどあり得ないと主張しています。

Q 6 もしアウシュヴィッツが「絶滅収容所」でなかったのなら、その真の目的は何だったのですか?

A, それはユダヤ人を収容しておく場所、そして大規模な産業センターでした。アウシュヴィッツでは合成燃料が作られており、囚人は労働力として使われたのです。

Q 7 強制収容所を最初に作ったのは誰でしたか?

A, ボーア戦争 (1899−1902) の間、イギリス人は言わゆる「強制収容所」を南アフリカに建設しました。それはアフリカーナー 〔南アフリカを開拓したオランダ系移民の子孫: 訳注〕 の女性・子供を収容するためでした。この地獄のような収容所では約3万人が死に、第二次世界大戦中のドイツの強制収容所と同じくらいひどいものでした。

Q 8 アメリカも第二次世界大戦中、日系アメリカ人を「隔離」収容所に入れました。ドイツの収容所とアメリカの収容所との違いは何ですか?

A, 唯一の大きな違いは、ドイツは戦争遂行への脅威という観点から囚人を隔離したのに対し、アメリカは人種のみに基づいて隔離を行った点です。

Q 9 ではどうしてドイツ政府はユダヤ人を収容したのですか?

A, 当時のドイツ政府が、ユダヤ人を国内安全保障への大きな脅威と見做していたからです。共産主義者の謀反に加わっていたのは、圧倒的にユダヤ人でした。しかしユダヤ人に限らず、戦争遂行への支障と見做された人物は、誰であろうと収容される危険があったのです。

Q 10 世界のユダヤ機関は1933年の早い時期、ドイツにどのような対抗措置を取ったのですか?

A, 1933年3月、国際ユダヤ組織はドイツ製品を国際的にボイコットすることを宣言しました。

Q 11 それは、世界のユダヤ人による「ドイツに対する戦争」宣言だったのでしょうか?

A, そうです。世界中の新聞がこの事実を報じています。例えば、「ロンドン・デイリー・エクスプレス」紙は1933年3月24日、「ユダヤがドイツへの戦争を宣言」という見出しを一面に掲載しています。 

Q 12 それは「絶滅収容所」という話が出る前のことですか、後のことですか?

A, 絶滅収容所の話は1941〜42年に出て来たので、それよりも前ということになります。

Q 13 大量殺戮を意図した市民空襲を、最初に行ったとされる国はどこですか?

A, イギリスです。1940年5月11日のことです。

Q 14 アウシュヴィッツには、人を殺すためのガス室はいくつ存在したのですか?

A, 一つもありませんでした。

Q 15 戦争中、ドイツ占領地域にはどれだけのユダヤ人が暮らしていましたか?

A, 600万人以下でした。

Q 16 もしもヨーロッパ在住ユダヤ人がナチスによって絶滅されなかったのならば、彼らはどこへ行ったのですか?

A, ヨーロッパには戦後も、何百万人ものユダヤ人が生きていました。何十万、あるいは150万人以下のユダヤ人が戦争中、何らかの理由で死んだと推定できます。パレスチナ・アメリカ・その他の国へ移住していったユダヤ人もいました。多くのユダヤ人が戦後、ヨーロッパを離れたのです。

Q 17 ソ連領深くへ逃亡したり避難したユダヤ人はどれくらいですか?

A, 200万人以上が1941〜42年、ソ連領へ逃亡、避難しました。これらのユダヤ人はその後、ドイツ支配下に入ることはありませんでした。

Q 18 戦前、ドイツ占領前にヨーロッパから避難したユダヤ人はどれくらいですか?

A, ソ連へ行った人々を除いて、恐らく100万人程度でしょう 。

Q 19 もしアウシュヴィッツが絶滅収容所でなかったのなら、なぜ司令官のルドルフ・ホェス (Rudolf Höss。ちなみに副総統Rudolf Heß とは別人) はそのような陳述を行ったのですか?

A, 彼はイギリス警察の拷問を受けたのです。そのことは、調査官の一人が後に認めています。

Q 20 ニュルンベルク裁判、あるいはその他で利用するために、アメリカ、イギリス、ソ連がドイツ人囚人を拷問して「陳述」を引き出したという証拠はあるのですか?

A, あります。悪名高いニュルンベルク裁判、その他の「戦犯」裁判では、虚偽の「証言」を得るために拷問が広く用いられました。

Q 21 ホロコースト物語によって、今日のユダヤ人はどのような恩恵を受けていますか?

A, これによってユダヤ人は、集団として批判されなくなっています。なおかつホロコースト・物語は、世俗宗教のような形でユダヤ人と彼らの指導者を感情的に結び付ける絆となっています。これは、ユダヤが資金を集める時の強力な武器であり、アメリカがイスラエルを支援する際の理由ともなっています。

Q 22 では、国家としてのイスラエルにはどのような恩恵を与えているのですか?

A, これによりドイツは、イスラエル国家、そして生存者個人に、何十億ドルもの賠償金を支払っています。なおかつアメリカのシオニスト/イスラエルのロビイストは、アメリカが中東でイスラエル寄りの外交を取るよう、圧力をかけることができます。アメリカの納税者は年間何十億ドルも、イスラエルへの支援を行っているのです。

Q 23 アメリカ人牧師は、ホロコースト物語をどのように利用していますか?

A, ホロコースト物語により、アメリカ人牧師は旧約聖書の考え方、つまりユダヤ人は神聖な民族で、常に迫害される「選ばれた民」であるという考え方を肯定することができるのです。

Q 24 共産主義者はどのような恩恵を受けますか?

A, ソ連が第二次世界大戦の戦前・戦中・戦後に行った強奪、残虐行為を隠蔽することができます。

Q 25 イギリスはどうですか?

A, ソ連と同じく、都合の悪いことを隠蔽することができます。

Q 26 ヒトラーがユダヤ人の大量殺戮を命じた証拠はあるのですか?

A, ありません。

Q 27 戦時中、ドイツの強制収容所で使われていた毒ガスは、どのような種類だったのですか?

A, 青酸ガスの「ツィクロンB」です。民間殺虫剤に使用されているガスで、当時のヨーロッパでは広く使われていました。

Q 28 「ツィクロンB」が製造された理由は何ですか?

A, 衣服や建物を消毒するためです。チフス菌を媒介するシラミや他の害虫を殺すことを目的としていました。

Q 29 「ツィクロンB」は大量殺戮に適していましたか?

A, いいえ。もしナチスが大量殺戮の毒ガスを使うつもりだったなら、はるかに効果的なガスが入手できる状態でした。ツィクロンBは消毒用で、効くのに時間のかかるガスでした。

Q 30 ツィクロンBで消毒した後、その場を換気するためには、どれくらいの時間がかかりますか?

A, 通常、約20時間かかります。さらに、換気手順は複雑で危険です。防毒マスクを使用しなければならず、訓練された技術者でないと行うことができません。

Q 31 アウシュヴィッツ司令官のホェスは、「犠牲者が死んだ10分後に、部下が『ガス室』に入って死体を取り出した」と述べています。これをどう説明するのですか?

A, 説明できません。なぜならもしこうしていれば、彼の部下は犠牲者と同じ運命を辿ったはずだからです。

Q 32 ホェスは「陳述書」の中で「ガス投入10分後、部下は煙草を吸いながら死体を取り出した」と述べていますが、ツィクロンBは爆発性のガスではなかったのですか?

A, そうです。ホェスの陳述は明らかに虚偽のものです。

Q 33 ナチスがユダヤ人を大量殺戮するために使ったとされる方法は、正確にはどのようなものだったのですか?

A, 天井に空いた穴から、人がぎっしり詰め込まれた部屋にガス箱を落としたという説。シャワーのノズルから毒ガスを吹き込んだという説。部屋に蒸気を送り込んだという説。感電させたという説。こうした方法で何百万人も殺されたと言われています。

Q 34 大量殺戮計画があったとして、ではどうやって、それをユダヤ人に秘密にできたのでしょうか?

A, 秘密にしておけるはずはありません。ガスによる大量殺戮などなかったのです。絶滅物語は戦争中のプロパガンダに端を発しています。

Q 35 もしユダヤ人が殺される運命を知っていたのなら、どうして彼らは抵抗せずにドイツ人に従ったのでしょうか?

A, 彼らが抵抗しなかったのは、殺されると思っていなかったからです。

Q 36 強制収容所で死んだユダヤ人の数はどれくらいですか?

A, 信憑性ある推定では、30万人から50万人と言われています。

Q 37 彼らはどのようにして死んだのですか?

A, 主に蔓延していたチフスによって死亡しました。チフスは戦争中、ヨーロッパ中で猛威を奮っていました。その他の死亡原因としては、終戦直前の餓死、医療設備の不備がありました。あらゆる道路・鉄道輸送が、連合国による爆撃で、事実上、ストップしていたからです。

Q 38 チフスとは何ですか?

A, 多くの人々が不衛生な場所に詰め込まれると、常に発生する病気です。髪や衣服のシラミを通して媒介されます。皮肉な言い方をすれば、もしドイツ人がもっとツィクロンBを使用していれば、より多くのユダヤ人が生存できたはずです。

Q 39 第二次世界大戦中、死亡したユダヤ人の数が30万人とすれば、一般的な数字との差はどれくらいですか?

A, 570万人ということになります。

Q 40 「絶滅収容所」を生き延びた証言者たちは、死体が穴に投げ込まれて焼かれているのを見たと言っています。このためにはどれくらいの燃料が必要ですか?

A, ドイツ人が当時入手できたよりも遥かに大量の燃料が必要だったでしょう。当時は燃料不足が深刻化していたからです。

Q 41 穴の中で死体は燃えるのですか?

A, いいえ。酸素が欠乏するので、こうした方法で人間の死体を完全に燃焼させることは不可能です。

Q 42 ホロコーストを主張する歴史家たちは、ナチスは約10分で死体を火葬していたと述べています。しかし火葬専門家によれば、人間の死体を灰にするためにはどれほどかかるのでしょうか?

A, 約1時間半かかります。大きな骨の部分は、さらに時間がかかります。

Q 43 ドイツの強制収容所には、どうして火葬炉があるのですか?

A, 死体を、効率よく衛生的に処理するためです。

Q 44 ドイツ占領地域の火葬炉が全て100パーセント稼働したとすれば、火葬炉が建設されてからの期間で処理することが可能な死体の最大数はどれくらいですか?

A, 約43万600です。

Q 45 火葬炉は100パーセント稼働していたのですか?

A, いいえ。どう多く見積もっても50パーセントの稼働率、つまり12時間でした。使用が重なると、火葬炉は定期的に完全な清掃が必要だからです。

Q 46 火葬された死体からはどれくらいの灰が出るのですか?

A, 骨が全て燃えたとして、靴箱一つ分ほどになります。

Q 47 もしナチスが600万人の人々を灰にしていたなら、どういう状況となっていたでしょうか?

A, 推測できません。もし600万人が灰になっていれば、何トンもの灰が出たはずですが、大規模な灰処理場の証拠は見つかっていません。

Q 48 戦争中、「ガス室」と火葬炉がフル稼働していたとされる時期、連合国はアウシュヴィッツの航空写真を撮影しています。この写真からは絶滅の証拠が出て来るのでしょうか?

A, いいえ。こうした写真には、収容所を常に覆っていたとされる大量の煙すら写っていません。あるいは、死体を燃やしたとされる穴も見当たりません。

Q 49 1935年にドイツが施行した「ニュルンベルク法」は、何を意図していたのですか?

A, ドイツ人とユダヤ人の婚姻・性交渉を禁じていました。似たような法律は現在、イスラエルに存在しています。

Q 50 ニュルンベルク法に先立つ時期、アメリカにも似たような法律があったのですか?

A, ヒトラーが第三帝国を築く前、アメリカのほとんどの州は異人種間の婚姻を禁じていました。

Q 51 国際赤十字は「ホロコースト」問題について、どのような報告をしていますか?

A, 赤十字の代表団は1944年9月、アウシュヴィッツを公式に訪問し、囚人は小包を受け取っていること、ガス室の噂は確認できなかったことを指摘しています。

Q 52 600万人のユダヤ人が絶滅されつつあった時期、バチカンはどのような役割を果たしていたのですか?

A, もし絶滅計画があったのなら、バチカンは確実にそれを知る立場にありました。しかし絶滅などなく、それ故、バチカンはそれに反対する理由がなく、実際、反対声明も出しませんでした。

Q 53 絶滅計画が実行されていることをヒトラーが知っていたという証拠はありますか?

A, ありません。

Q 54 ナチスとシオニストは協力していたのですか?

A, 1933年、ヒトラー政権はシオニストと合意を結んでいます。それによれば、ユダヤ人はドイツからパレスチナへ移住する権利があり、彼らは財産の多くを持って行ってよいことになっていました。

Q 55 アンネ・フランクはどのように死んだのですか?

A, 彼女はアウシュヴィッツを生き延びた後、ベルゲン・ベルゼン収容所でチフスにかかり、戦争が終わる数週間前に死亡しました。ガスで殺されたわけではありません。

Q 56 アンネ・フランクの日記は本物ですか?

A, いいえ。フランスのロベール・フォーリソン博士の調査によれば、この有名な日記は偽作です。

Q 57 よく知られていることですが、解放後のドイツ収容所で、やせ細った死体の山が写真に取られたり、フィルムで撮影されたりしています。これも偽物だと言うのですか?

A, 写真に関しては、偽物である場合があります。しかしそれよりも問題なのは、写真やフィルムに誤った見出し文、コメントが付け加えられたことです。やせ細った死体が山積みされていたからと言って、そうした人々がガス室で殺されたり、故意に餓死させられたことを意味するわけではありません。終戦直前には収容所に伝染病が蔓延し、食料欠乏により餓死者が出ていました。彼らは実はその悲しい犠牲者なのです。

Q 58 「ジェノサイド」(大量殺戮)という言葉を使い始めたのは誰ですか?

A, ポーランド在住ユダヤ人、ラファエル・レムキンが1944年に発表した本の中で使い始めました。

Q 59 『シンドラーのリスト』や『戦争の風』といった映画はドキュメンタリーですか?

A, いいえ。こうした映画は歴史にほとんど基づいていない虚構ドラマです。残念なことに、あまりにも多くの人々がこうした映画を正確な歴史描写と勘違いしています。

Q 60 一般的なホロコースト物語のいくつかの点について、疑問視する本はどれくらいありますか?

A, 何十冊とあります。現在も書かれ続けています。

Q 61 歴史見直し研究所(IHR)は、アウシュヴィッツでのガス室大量殺戮を証明できた人に5万ドルを提供すると発表しましたね。その反応はどうでしたか?

A, 返事は一件もありませんでした。それどころかIHRは、アウシュヴィッツの生存者メル・マーメルシュタインから1700万ドルの賠償金支払いを求められました。IHRによる賞金提供の発表によって、彼は眠れなくなり、経営する仕事が悪化したと言ってきました。彼は私たちの研究所の発表について、「明らかな事実に対する不当な否定」であると述べています。

Q 62 「ホロコーストを否定する人は単に反ユダヤ、ネオ・ナチにすぎない」という意見についてはどうですか?

A, これは事実、あるいは正しい見解を遠ざけようとする悪質なデマです。ホロコースト物語を否定している学者は、あらゆる信条、あらゆる民族・宗教にわたっています。ユダヤ人の学者もいるほどです。ホロコーストを否定することと、反ユダヤ、ネオ・ナチとは何の関係もありません。ホロコースト物語について確たる証拠がないことについては、ますます多くのユダヤ人学者が公に認めています。

Q 63 ホロコースト物語を疑問視する「見直し論」の学者たちは、どんな目に会っていますか?

A,彼らは悪質なデマの犠牲になっています。学者としての地位を失ったり、年金を打ち切られたり、財産を奪われたり、場合によっては身体的暴力すら受けています。

Q 64 IHRは言論の自由、学問の自由を守ろうとしていますが、そのせいで妨害を受けたりしますか?

A, 私たちの研究所は三度、爆弾テロの標的となり、1984年7月4日には放火事件によって全焼しました。電話での殺人予告は絶えません。メディアもIHRに対しては完全に敵対しています。

Q 65 どうして見直し論者の意見は、こうも公表されることが少ないのですか?

A, 政治的理由からです。当局はホロコースト物語について、つっこんだ議論が行われることを望んでいません。

Q 66 では、ホロコースト物語について、どうすれば「違う立場」からの情報を入手できるのですか? 歴史見直し論者が、第二次世界大戦をどう考えているかについても知りたいのですが?

A, 随時このサイトで紹介していきます。待てないかたはインターネットを検索して英文資料を発掘してみてください。

 


Copyright © NSJAP, 1998 all rights reserved.

ホーム 戻る インデックス 次へ