日本民族独立義勇軍 別動
赤報隊 声明集


  • 朝日新聞東京本社発砲 (1987年 1月24日)
  • 朝日新聞阪神支局襲撃 (1987年 5月 3日)
  • 朝日新聞名古屋社員寮襲撃 (1987年 8月24日)
  • 朝日新聞静岡支局ピース缶爆弾設置 (1988年 3月11日)
  • 中曽根康弘暗殺未遂
  • 竹下登警告
  • リクルート前会長宅襲撃 (1988年 8月10日)
  • 名古屋・韓国人会館放火 (1990年 5月17日)

  • 日本民族独立義勇軍 声明集



    われわれは日本人である。
    日本にうまれ 日本にすみ 日本の自然風土を母とし日本の伝統を父としてきた。
    われわれの先祖は みなそうであった。
    われわれも われわれの後輩も そうでなければならない。
    ところが 戦後四十一年間 この日本が否定されつづけてきた。
    占領軍政いらい 日本人が日本の文化伝統を破壊するという悪しき風潮が、世の隅隅にまでいきわたっている。
    およそ人一人殺せば死刑となる。
    まして日本民族全体を滅亡させようとする者に いかなる大罰を与えるべきか。
    極刑以外にない。
    われわれは日本国内外にうごめく反日分子を処刑するために結成された実行部隊である。
    一月二十四日の朝日新聞社への行動はその一歩である。
    これまで反日思想を育成してきたマスコミには厳罰を加えなければならない。
    特に 朝日は悪質である。
    彼らを助ける者も同罪である。
    以後われわれの最後の一人が死ぬまで この活動は続くであろう。
    日本人のあるかぎり われわれは日本のどこにでもいる。
    全国の同志は われわれの後に続き 内外の反日分子を一掃せよ。
    二千六百四十七年 一月二十四日

    日本民族独立義勇軍 別動
    赤報隊 一同




    われわれは ほかの心ある日本人とおなじように この日本の国土 文化 伝統を愛する。
    それゆえにこの日本を否定するものを許さない。
    一月二十四日 われわれは朝日新聞東京本社東がわに数発の弾を発射した。
    だが 朝日は われわれが警告文をおくった共同 時事と共謀して それを隠した。
    われわれは本気である。
    すべての朝日社員に死刑を言いわたす。
    きょうの関西での動きはてはじめである。
    警告を無視した朝日には第二の天罰をくわえる。
    ほかのマスコミも同罪である。
    反日分子には極刑あるのみである。
    われわれは最後の一人が死ぬまで処刑活動を続ける。
    二六四七年 五月三日

    赤報隊 一同




    わが隊は 中京方面で予定どおり反日分子の処罰をした。
    処刑は これからも続く。
    阪神での処刑を 朝日は暴力にすりかえた。
    ほんとうの暴力は 暴力の形をしていない。
    うその言論で 日本民族全体をほろぼそうとしてきた朝日は 暴力ではないのか。
    わが隊の処刑は 四十二年間つもりつもった日本民族のうらみの表われである。
    わが隊は いつかは権力とのたたかいで 玉砕する。
    けれども 後には一億の赤報隊が続く。
    ひとりでも日本人が残っていれば 反日分子に安全なところはない。
    朝日をたすける者も ゆるさない。
    反日朝日は 五十年前にかえれ。
    二六四七年 八月二十四日

    赤報隊 一同




    わが隊は 静岡で反日分子を処罰した わが隊は正しい。
    朝日は 日本人の心から大和だましいをとってしまった。
    朝日は言論の自由をまもれというが そんなものは初めからない。
    朝日のいう言論の自由は 連合国の反日宣伝の自由である。
    七年間の占領のあいだに連合国に検閲されて書かされたうその記事を 朝日はまちがっていたとみとめたことがあるか。
    わが隊の布告をのせたことがあるか。
    今もうそをつきつづけている。
    わが隊は日本民族をうらぎる者をゆるさない。東京より大阪の朝日のほうが反日的である。
    一人一殺 一殺多生はもう古い。
    これだけ反日分子が多ければ 一人多数 多殺多生しかない。
    日本を愛する同志は 朝日 毎日 東京などの反日マスコミをできる方法で処罰していこう。
    二六四八年 三月十一日

    赤報隊 一同




    拝啓 わが隊は日本民族の裏切りものを処刑するためにある。貴殿は総理であったとき靖国参拝や教科書問題で日本民族を裏切った。英霊はみんな貴殿をのろっている。
    わが隊は去年二月二十七日のよる 全生庵で貴殿をねらった。うしろのかいだんからのぼってあとすこしで殺せたが 警官がおおかったので中止した。
    今日また朝日を処罰した。つぎは貴殿のばんだ。わが隊は処刑するまで追いつづける。貴殿が病気で死ねば むすこをねらう。
    もし処刑リストからはずしてほしければ 竹下に圧力をかけろ。貴殿のあやまちとおなじことをさせるな。
    竹下のやりかたをみてはずすかどうか決める。日本人であることを忘れるな。
    二六四八年 三月十一日

    赤報隊 一同




    拝啓 貴殿は中曽根よりまだましだと思う。
    日本の総理になったら靖国に参拝するはずである。
    中曽根は外国におどされて日本民族を裏切った。
    英霊はみんなおこっている のろっている。
    貴殿が八月に靖国参拝をしなかったら わが隊の処刑リストに名前をのせる。
    五年たっても十年たってもわが隊のさいごのひとりまで貴殿を狙い続ける。
    日本人として正しいことをしていれば リストにはのせない。
    二六四八年 三月十一日

    赤報隊 一同




    わが隊は 反日朝日をたすけるものを許さない。
    リクルートコスモスは 赤い朝日に何回も広告をだして 金をわたした。
    リクルートコスモスは 反日朝日に金をだして 反日活動をした。
    今日 都内南麻布でリクルートに警告した。
    これからも赤い朝日に金をだすなら リクルートを処刑する。
    ほかの企業も同じである。
    一カ月たって 反日朝日や毎日に広告をだす企業があれば 反日企業として処罰する。
    二六四八年 八月十日

    赤報隊 一同




     わが隊は 反日韓国を 中京方面で処罰した。
     韓国はいままで 日本にいやがらせを続けてきた。
     このまえのオリンピックで日本選手にいやがらせをしたが 日本政府は文句をいわなかった。
     マスコミも事実をつたえなかった。
     政府はもうすぐくるロタイグの無理な要求のいうままになっている。
     韓国人は モンゴルの手先になって われわれの先祖を殺しまくった。
     日本人は そのうらみをわすれない。
     ロタイグはくるな。
     きたら安全は保証しない。
     くれば反日的な在日韓国人を さいごの一人まで処刑していく。
     反日マスコミと手先になってうごく日本人も処刑する。
     わが隊は 日本人の誇りをけがすものをゆるさない。
       二千六百五十年 五月十七日

    赤報隊 一同