ウェイコの亡霊は、一生私に付きまとうでしょう

                                       司法長官ジャネット・リノ(当時)

 

 

 

David Koresh

デビッド・コレシュ 

(本名バーノン・ハウエルVernon Wayne Howell)

19598/17日テキサス州ヒューストン

カルト教団ブランチダビィディアンの指導者。教団は多くの信者を抱えたまま現存 http://www.sevenseals.com/

コレシュは7つの封印(Seven Seals)を解放できる唯一の救世主であり、ブランチダビディアンは最後の審判の日(最終戦争)に生き残ることを神に認められた、選ばれた人々だという教義を説く

1993年4月19日、テキサス州ウェイコの教団施設に51日間立てこもり、FBIと銃撃戦の末、信者80人を道づれにして自殺

一般的には「政府が信教の自由を弾圧した」と考える人が多く、当時のマスコミも政府批判一色だった

なお、オウム真理教の事件と同様、信者には多数のエリート青年が含まれていた。

 


 

出産当時母親は15歳で未婚、祖父母に育てられた。父親は不明。 コレシュは、のち、FBIとの包囲中のテレビ出演中に、子供の頃は孤独だったと述べている。

失読症で高校を卒業できず中退。ただ、音楽の才能と聖書への関心では他人にぬきんでていた。12歳でほぼ聖書を暗唱。17歳で自分がキリスト(救世主)であるという妄想を抱く。

ロックスターをめざしてハリウッドに出るが、芽が出なかった。仕事に就くが聖書の話ばかりしていて首になることが続くが、ブランチダビディアンに入信し頭角を現す(当時の教団信者は1400人)。

教団指導者Lois Rodenが死去すると教団内で主導権争いが発生、Lois Rodenの息子とコレシュが激しく対立し、銃撃戦に発展する。1990年コレシュは正式にブランチダビディアンのトップに就任。名前を「コレシュ」に変更する。(Koreshとは、「バビロン捕囚(BC586)」からユダヤ人を解放したペルシャ皇帝キュロス2世の"キュロス"をヘブライ語に訳したもの。デビッド(David)は"ダビデ(イスラエル2代皇帝)"のこと) 

教団代表に就任した後は献金集めに奔走するが、巡礼と称してイスラエルに観光に行くなど金遣いは荒かった。

また信者の少女に性的虐待や猥褻行為を行っていたといわれる。政府のでっち上げという説もあるが、教団の中でコレシュだけは自分で定めた教義により性行為が出来たのは事実だ。

教団は児童虐待や武器の不法所持の容疑をかけられた。

93年2月、教団が大量の武器を集め、信者の子供を虐待しているとして就任間もない司法長官ジャネット・リノが攻撃命令を下す。(後に長官は、失敗だったと認めた)

ATF (Bureau of Alcohol, Tabacco and Firearms (アルコール・タバコ・火器局 :《財務省の一部局; アルコールの密造・脱税, 違法タバコ・銃器の取締まりなどを任務とする; 禁酒法時代にシカゴのマフィアを壊滅に追い込んだことで有名)が、93/2/28日100人の武装したチームを突入させるが、大型対戦車ライフルや手榴弾などをはじめ、大量の武器弾薬で反撃され失敗。

捜査官4人、教徒6人が死亡。ATFの職員が殺害されたことで、管轄がFBIに移る。(後日、4人のATF捜査官を殺害したとして起訴された11人の教徒は「正当防衛」で無罪になった)。社会に実害がなかった以上、放って置けばよかったということだろう。


 

 

 

 

 

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

The San Francisco Chronicle

コレシュはこの日の夕方、CNNに生出演、自分は、7つの封印を説くことが出来る唯一の「神の子羊」であり、この戦いは世界最終戦争の前哨戦だと語った。3月2日には、手榴弾を体に巻き、「自殺してやる」とテレビカメラの前で叫んだ。

その後、地元ラジオ局に対し声明を放送すれば教団内の子供を解放するとの取引を持ちかけ、4人を解放。

FBIは延べ215時間、754回にわたって電話交渉を続けた。応対はコレシュ本人が多かったが、ハーバード出身の弁護士ウェイン・マーティンや、側近のスティーブ・シュナイダーも交渉に応じた。大抵はコレシュが自らの教義を延々とまくし立てるだけで終わった。

行動科学課の精神分析医ピーター・スメリックは、コレシュが「サイコパスであり、他人の非難を一切受け入れず、小さなことで激怒する独善的人物」とプロファイルした。そのため、教団以外の場では信者への支配権を失うのを恐れ、強行策をとった場合には信者に集団自決を命じる可能性を指摘した。よって、強行策ではなく、信頼関係を構築しながら少しずつ妥協するのが良いとした。

結果論的にはスメリックの警告を無視して失敗したわけだが、事件後の司法省の報告書にはこの点への言及がない。スメリックの上司ジョン・ダグラスはプロファイルが無視されたことに”失望した”と言っている 。


現場から2kmほど離れたところにマスコミ村ができ、記者や野次馬めあてに屋台が出た。隣接する土地を所有する男性が望遠鏡を設置したところ、長い行列が出来た。

現場では、1ヶ月以上にわたる膠着状態の中、様々な交渉が試みられたが、1年以上の食料と水を蓄えていたため、交渉は完全に手詰まりになった。

教団施設内には水洗トイレがなく、信者は狙撃を恐れ汚物を窓から投げ捨てていたため、伝染病の発生が危惧された。司法長官リノは「教団が子供を虐待している」とのFBIからの報告を受け、強行策を決断。

「それ以外に選択はないか」とクリントン大統領に問われて、司法長官リノは「最良の選択です」と答えた。

1993年4月19日早朝、81人の信者(25人の子供)が施設内にいた。FBIは19台の戦車、装甲車、武装したヘリコプターなどを使用して、教団施設を攻撃。壁に穴をあけ、催涙ガス(CS)であぶり出す作戦だった。

FBIと銃撃戦の末、コレシュは80人の信者を道連れに自殺。信者のほとんどは焼死と見られるが、火を放ったのが誰かが問題になっている。

放火したのは信者の一人で、「聖なる火」で戦車を破壊しようとしたという説がある一方で、FBIが発射した濃縮催涙弾が可燃性だったためそれに誤って引火したという説がある。(自動小銃らしき発砲の直後に発火した映像が残っている)。

FBIは一発も実弾は発射していないと主張しているが、マスコミが赤外線カメラでヘリコプターから撮影した映像には銃弾の発射の模様が映っている。また信者が脱出しようとしていたところに少なくとも2回の実弾攻撃を加え たという証言がある。

逮捕状の請求や武器の使用に法律違反があった。信者の一人は昼食を食べていたところを、壁を貫通した砲弾にあたって死亡している。

また、FBIは4/14日にコレシュが送ってきた降伏の手紙を司法長官に渡さなかった(故意か過失かは不明)。内容は、「刑務所で信者たちに布教ができるように計らえば投降する」というもの。

一連の教団施設攻撃は、適正手続き(due process)という点から政府の対処に問題ありとして批判を浴びている。

FBI長官セッションズは事件当時、汚職問題を抱えてマスコミの袋叩きを浴びており、この事件後まもなく辞任している。

なお、オクラホマボマー事件(ティモシー・マクベイ)は、この事件の2周年記念日に起こった。

 


教団の起源

19世紀初頭、ニューイングランド地方で日雇い大工だったウィリアム・ミラーが黙示録に予言されたキリストの再来が近いと唱え始め、セブンスデイ・アドベンティスト派が創設 された。キリスト再来の日を予言しては外し、その度に信者数を減らしつつも、徐々に成長。土曜日を安息日とし、食事・衣服・生活に厳しい戒律を定め、黙示録を基本にした抽象的・神秘的な教義を確立。1930年代はじめ、アドベンティスト派は分裂、原理主義者ビクター・ホウテフは、教団が世俗主義・物質主義に傾斜しているとして、テキサス州ウェイコの山中に入り独自の教団を創設。これが、ブランチダビディアンの原型となる。

 

ブランチダビディアンの教義

聖書を文字通り解釈するキリスト教原理主義。デビット・コレシュは、7つの封印(Seven Seals)を解放できる唯一の救世主であり、ブランチダビディアンは最後の審判の日に生き残ることを神に認められた、選ばれた人々だという。終末思想を説くカルトによくありがちな教義。下記は原文。

 

http://www.fountain.btinternet.co.uk/koresh/

Outline of Branch Davidian Teachings
Prophecy
Branch Davidians believe they are God's chosen people for the Last Days prior to the end of the world. Because of this they believe that God will always send a prophet to guide them. In this sense they keep to the original spirit of Seventh-day Adventism, where for the first 70 years of its history God was believed to send messages to the Church instructing it and guiding it. Branch Davidians have had five prophets: Ellen White, Victor Houteff, Ben Roden, Lois Roden and David Koresh (although not all of these were Branch Davidians, see the History of Branch Davidians). Currently the group still believe they are being sent messages from God. 
Branch Davidians believe God is guiding his Church into more and more truth. They trace this back to the Reformation, with Martin Luther beginning this journey: he was succeeded by Knox, Wesley, Campbell, Miller, then the Seventh-day Adventists, then the Davidian Adventists and finally the Branch Davidian. The Branch Davidian view of Doctrine is therefore very dynamic and evolutionary - they are constantly expecting "New Light" to be shown by God to his/her people. The prophets are the means by which God reveals New Light, but this is always by drawing out the real meaning of texts from the Bible. Hence a prophet does not simply announce a new teaching, it always has to be shown to be what the Bible has taught all along, but people have been "blinded" to. 
True Believers are not therefore those who are morally good - Branch Davidians believe that the Bible teaches that no one can be perfect - but those who believe "Present Truth" (the latest teachings from God). It is by constantly following the new teachings from God that the believer will be saved. 
The Last Days
But why does God keep revealing New Light? Why didn't He just reveal himself in Jesus - as his Final Revelation to the world? The answer to this lies in prophecy in the Bible. 
The Bible is full of prophecy. Right at creation God prophecies what will happen if Adam or Eve eat from the Tree of Knowledge (Gen 2:17), at the Fall he prophecies again (Gen 3:14-19), and this continues throughout the Old Testament - in the Law, in the Psalms and of course particularly in the Prophets. In the New Testament we constantly hear that Jesus acts "that it might be fulfilled" (e.g. Matt 2:17) - does this mean that all Old Testament prophecy is fulfilled in Jesus? No, because the New Testament also speaks of prophecy being fulfilled at the end of time - prior to the Second Coming (e.g. Matt 24, 2 Thess 2:3), and itself contains a complete book of prophecy - the Revelation of Jesus Christ, the last book of the Bible. Branch Davidians believe the Bible teaches that these prophecies referring to the Second Coming have been "sealed" or locked up, until the end time. It is because we are now in the end time that Branch Davidians believe God is now revealing him/her self again, and the mark of God's chosen people is that they have this new revelation from God. Thus the New Light is being given because we are in the end time, the New Light is God's final revelation to humanity. 
The Seven Seals
Branch Davidians believe God has two revelations to humanity - one in Jesus Christ and one at the end of time. This corresponds to the "daily" sacrifices prescribed in the Old Testament, and the two sacrifices as part of the Day of Atonement. The identity of the lamb at the end of time can be established as the one who is able to "unlock" or explain the Seven Seals of Revelation (these are a series of mysterious prophecies in the Book of Revelation). Because David Koresh was able to explain the Seven Seals, Branch Davidians claim he must be the second Messiah. Therefore they claim the US Government has murdered the Son of God. 
The explanation of the Seven Seals is not a particular message or secret, rather it is a way of re-understanding the whole of the Bible. The Seven Seals are a hermeneutic, a way of finally understanding what the whole Bible means. Thus for example Jesus claims to be speaking in parables to continue to hide the truth (Matt 13:35-36) whereas the Seven Seals finally reveal God's truth in the Bible. This is why Koresh's "Seven Seals" Bible study broadcast during the seige actually only goes into any detail on the first seal - he is showing how the first seal explains the Psalms. The principle is the same for the other seals, but in particular applies to the Seventh Seal, which is the most important re-interpretation. 
The Branch Davidian Web site contains the latest re-understanding of the New Light, seen from beyond the Seven Seals. 
Koresh's Behaviour
Many people may be persuaded that the seals are worth investigation, but judge the Branch Davidians to be in error on the basis of David Koresh's behaviour - no one like that could be a Messiah. 
A shown above, the saved are those who follow New Light, and this does not necessarily affect behaviour, however the Branch Davidians argue that truth comes from God, not the prophet or even the lamb. Jonah for example could never be said to be a good person - first he runs away from God, then he complains when those he was been teaching actually repent - yet God chose him and used him. Similarly the prophets themselves in the Old Testament exhibit bizarre behaviour, from marrying prostitutes to eating shit. One Branch Davidian document describes Koresh prior to his death as been "spiritually blinded" as Samson was prior to his death. It is also claimed that as part of God's second incarnation he should experience sin (as the "sinful sacrifice" in the Day of Atonement). 
The point of all these arguments is that the teaching itself could be true, even whilst Koresh's behaviour was wrong. 
Latest Revelations
The latest revelations from the Branch Davidian web site (also published in a book, Hidden Manna: Branch Davidian Revelations) claim that the 2300 day prophecy from Daniel 8:14 may apply from Koresh's death on 19th April 1993 - in other words around 6.5 years after, which takes us to around the year 2000, when a "cleansing" will take place.