長南年恵霊堂(淡島大明神)

鶴岡市在住であった稀代の超能力者、長南年恵刀自は、鶴岡市日吉町(旧高畑町)に文久3
年に生まれた。
幼児から物欲なく信仰心篤く玉のような人柄であった。二十歳頃より神がかりとなり警察等の
弾劾もありましたが一切の飲食物を断ち、物品、霊水、引き寄せ霊人になり「極楽娘」「年恵観
音」と呼ばれ四十四歳で入寂した。その徳をたたえ遺品を祀り、淡島大明神とした霊堂であ
る。南岳寺が鶴岡大火災で全焼した時も唯一奇蹟的に淡島大明神のお堂だけは焼け残りまし
た。今も全国各地から御信者が参拝に来られます。関連出版本に丹波哲郎著「霊人の証
明」、山本貴美子著「神通力の発現」などがあります。淡島大明神拝観は無料です。



淡島大明神(長南年恵霊堂)


霊堂の内陣


霊堂の内陣


霊堂の内陣


淡島大明神御説明書き


祈願札奉納



戻る
戻る