個人サイトと言う物〜閲覧者向けサイト論
02/6/1


  多くのサイト運営者さん達は、どのような理由で、目的で、サイトを運営しているのでしょうか?それは人それぞれ。様々な理由があると思います。自分で自主的にサイトを立ち上げている以上、その目的がどんなものであれ、 そのほとんどは正当なもので、その目的自体を批判されるいわれは無いでしょう。「多くの人に注目されるサイトを作って有名になってそれをきっかけにプロの物書きになりたい!」まったく問題無いでしょう。「サイト運営は俺の趣味だから、他にもっと楽しい 事を見つけたらサイト運営はスパっと止めるよ。」まったく問題無いでしょう。「オフ会をたくさん開いて皆と仲良くなりたい!」まったく問題無いでしょう。「サイト運営を通じて他のサイト運営者さんと仲良くなって馴れ合いたい!」まったく 問題無いでしょう。「アクセスたくさん稼いで大手サイトになりたい!」まったく問題ないでしょう。「民間警察的組織とも呼べるネットワークにして、未解決事件解決に尽力したい!」まったく問題無いでしょう。要は自己責任で自らの手でサイトを運営している以上、 明らかに違法だとか、他人の権利を侵害している(パクってるとか、中傷してるとか)と言う場合を除いては、基本的には、そのサイト運営の目的に対して、他人がとやかく言う問題では無いと思います。違法性、侵害性の線引きは置いておいて。
  もう1つ。ぶっちゃげた話をはっきり 言いましょう。「アクセスを増やす事自体が目的になってしまっている。」これだって私はまったく問題無いと思います。まったくサイト運営者の自由でしょう。ただ、その為に絶対条件として必要な多数の閲覧者の皆さんにその目的が受け入れられなかったらその目的は達成 できない。それだけの話です。


  私のサイト運営の目的。私は私の趣味の一環としてサイトを運営しています。そして私のサイト運営の目標は来ていただいた人達全員を存分に楽しませたい。来ていただいた人が何か1つでも得る物があるサイトにしたい。そして、なにより趣味である以上は自分自身が存分に楽しむ!これです。 私としては、サイト運営をしていて、閲覧者の皆さんとチャットや掲示板やメールを通じて仲良くなる事もすばらしいし、他のサイト運営者さんと繋がりができて仲良くなる事も大変すばらしい事なのです。もちろん自分の文章を読んでもらって好評を得る事が1番嬉しい。
  しかし、それらを100パーセント実現させるのはあまりにも難しい事です。身内のみでこじんまりとサイトを運営している場合に限って言えば閲覧者全員が満足と言う事もありえますが、サイト100人、、1000人、、10000人と多くの人が訪れてくれるにしたがって、 閲覧者全員満足という目標は現実的には限りなく不可能に近い物になっていくものでしょう。永遠の目標と言っても過言では無いかもしれない。別人格の個々人が多く集まっているのだから、該当のサイトに対する意識のズレが生じるのはしょうがない事です。
  その顕著な例を2ちゃんねるで見る事ができると思います。2ちゃんねるの某板では、サイト運営に対する考え方としての 「嫌なら見るな!」という言葉に対して全否定する考えが流行っていました。その理由としては、「サイトを公表している以上不特定多数が目にする可能性があるわけで、見るもの全員を楽しませる(よう尽力する)のが当たり前」と言うもの。ですが、アクセスが増えると「楽しめる人だけが見に来て!と言うスタンスが無くなって(多数の閲覧者を意識して)平平凡凡なサイトになって良くない。」 なんて言う意見もちらほら見える。非常に矛盾した考え方ですが、2ちゃんねる自体が大量の人が集まるコミュニティーですので、そのように意見にズレが見られるのは当たり前ですよね。そもそも私としては「サイトを公表している以上不特定の人が目にする可能性があるわけで、見るもの全員を楽しませる(よう尽力する)のが当たり前」という考え方自体が私としてはどうかと思いますけれども。。 「本を出版する以上不特定多数が目にする可能性があるわけで、見るもの全員を楽しませる(よう尽力する)のが当たり前」と同じ事になってしまいます。そんな事言ってたら自由に表現できなくなってしまいますから。まあ、それは私が持っている意見ですので、もちろんこれに全員が賛同するなんて事もありえないでしょう。


  まあ、以上に述べてきた事は今までもどこかしらで言われてきた事かもしれません。私が言いたい事でもっとも重要なのはここから下です。是非閲覧者の方には全員に読んでいただきたいと願ってます。
  「無情な日常」を例に見た場合。うれしい事にここ「無情な日常」にはたくさんの閲覧者の方々が訪れてくれています。ただ、これだけ多くの方が訪れてくれていますと、どうしても「無情な日常」に対して不満を持つ方々がいるのは多かれ少なかれ避けられない事実だと思います。「昔は良かったけど、最近はつまらなくなった。」 とか、「元々嫌いだけど、嫌なもの見たさで見てるんだよ。」とか。中には「アクセス乞食:ザップはK-1選手じゃありません。かんと調べてから書いてください。ハゲ」なんて明らかに煽る方もいらっしゃったり。私のサイト運営の目標の1つに全員を存分に楽しませたい。来ていただいた人が何か1つでも得る物がある サイトにしたい。と言う目標がある以上、正直自分としては悲しいし、少しでも多くの人に楽しんでもらえるように、受け入れてもらえるように鋭意努力なところではあります。
  しかし、上記で述べたように、ここまで多くの方々に訪れてもらえますと、やはり全員満足は難しいんですね。。個人で不特定多数を相手にすると言う行為には限界 があるというのを想像する事は易しいと思われます。その限界を超えて全てに答えようとしてしまうと、個人の趣味の域を超えてしまう。自分自身が犠牲になってしまいます。「趣味である以上は自分自身が存分に楽しむ!」この趣味の大前提が根底から覆ってしまうんですよ。


  そこで、一部閲覧者の方々に1つ声を大にして言いたい事が1つ。閲覧者としてのモラルを守っていただきたい!そう願っています。何もサイトに書いてある事に対して、サイトの運営方針に対して批判するな!と言っているわけではありません。何度も述べているように、それぞれ別人格の人が様々な感想、意見を持つことは 当たり前だし、むしろそうでなくてはおかしいと思います。批判自体が悪い事とはちっとも思いません。ではモラルとは何か?例えば、個人サイトがコミュニケーションの場として公に提供している掲示板。今から書こうとしている批判は公に公開している掲示板に書くに相応しい事なのかどうか。そして、なんの為に掲示板以外 に管理人メールも設置しているのか。現状メール全てに返信はできませんが、批判のメールにも全て目を通していますし、その結果、改善できると思える部分はできる範囲では改善してきたつもりです。「個人が趣味でやっているサイトなんだから批判は一切するな!」なんて理不尽な事を言っているわけではないのです。
  数々の本やマンガ等の出版物の中には、最後の方に読者がその作品に対して一言二言述べているコーナーがある物も数多く存在します。まあ、大抵は、そのコーナーを執筆する人は作者に縁のある人物であったりとか、著名人であったりするわけですが。例として、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」と言う20年以上続いている人気の マンガを挙げます。このマンガにも最後のページに作者に縁のある有名人の読者が作品や作者について一言二言述べているコーナーが存在します。そこに「昔はおもしろかったけど、今はマンネリでつまらないです。」なんて書く人がいるでしょうか?もちろんこれは依頼されて書かれた物であり、初めから批判なんて書けるわけも無いの ですし、そもそもマンガは趣味ではなくビジネスなので違う部分もあるのですが、批判は批判のおたよりとして作者の元に多かれ少なかれ届いている事でしょう。作者はそれを見て作品を省みる事もあるだろうし、反論を持つ事もあるだろうし、改善してより良い作品にしようと努力する事もあるわけです。


  そして、個人サイトの掲示板は作者に縁のある人物が、著名人が依頼されて書くものではありません。誰でも自由に匿名で書きこむ事ができます。出版物の感想コーナーとはわけが違います。「掲示板とは誰もが自由に閲覧し、自由に書きこむ事ができるものであるからこそ、そこに書きこむ内容 は、そこに適しているものかどうか?」良く考える必要があるのではないか、と私は考えていますし、閲覧者の皆さんもわかってくれるものと信じて設置しているわけです。「文字サイズが小さ過ぎて見づらいです。」等という掲示板への批判に対し、それを見た他多数の閲覧者さん達が、「あ、私も思っていました。」と数多く賛同のレスを付ける。 これは非常に有意義な書きこみと言えるでしょう。私自身がそれを見て、「ああ、、多くの人が見づらかったんだな。。」と理解できて、文字を一回り大きくするとか、改善できる事ですから。しかし、「昔よりつまらなくなった。サイトの方向性を考えてよ。」と言う類の書きこみは、多くの閲覧者が訪れる場所に書きこんで賛同を得る事がプラスになるものでは 無いし、むしろマイナス。なんだか大勢の人に晒し上げられた気分になって私に大ダメージ。書きこむ人は匿名だし、なんら問題無い事かもしれませんが、私がいたずらに消耗してしまうのですよ。趣味でやっている以上は、自分のやりたい事を曲げてまで変える事はできない、自分のやりたい事ができなければ、それはもう趣味として成立しないんです。


  ここでもう本心を正直に言います。上で「サイトの運営方針に対して批判するな!とは言ません」とは述べていますが、私も人間ですから、その書きこみの内容自体にも、「個人の趣味サイトの面白さとか方向性について他人が口を挟むなんてナンセンス!」って反論 はあります。正直言ってあるんです。「質の低い更新をするなら更新しない方が良い」なんて言われたくない。「私が自分の趣味として楽しんでいるんだから!」言ってみれば、自分の文章を自費出版してるようなものですから。紙と言う媒体、インターネットと言う媒体の違いがあるだけです。 ホント、、正直言ってそんな気持ちがあるんです。少なくとも匿名で自分のメールアドレスものせずに対象サイトが設置する掲示板に書きこむ内容では無いと思います。当該サイトと別の所で書く分には自由ですが、当該サイトの掲示板に書く内容じゃない。。そのような内容の批判を直接伝えたいのなら、せめて、フリーメールアドレスでも良いのでメールで頂きたかった。思うところ、、 個人サイトと言うものを誤解している人も多いのではないでしょうか。。。?私自身の反論はあれども、「最近つまらないよ。」的批判をするな!って言ってるわけじゃないんですよ。。。そのような類の批判をする場所は用意していない!ってわけじゃないんですよ。。。ただ批判を表明する場所が違うと思う。。


  更にこれは恐らくある意味1番大事な事。掲示板の書きこみ等を他所にそのまま無断で転載する方がいらっしゃいますが、トップページの上の方に書いてある通り、(「無情な日常内」の)画像、写真、文章の無断転載は禁止です。これは是非守ってください。これは私の私見云々ではなく、世間一般で認知される必要最低限のルールとして通る事だと思います。 リンクはご自由にですが、、無断でオール転載は、、、特に掲示板の書きこみは私が書いた物とは違い、私が許可する云々の物では無いので。。転載と引用は違います。。


アンケートで存続決定した掲示板ですから、、大事に使っていきたいものです。。ご協力よろしくお願いします。


トップページへ