理想と現実〜もう1人の自分
01/10/21


今日はね、俺の本音中の本音を書きます。たぶん少し嫌な奴になるけど、許して下さいましね。

前々から実はうっすらと気付いていた事なんですけどね、、実は俺の行ってる会社、給料安いんですよ。

先日、大学のゼミのOB総会と言うのがありまして、行ってきました。まあゼミの教授と現役ゼミ生とOBが集まって立食パーティーです。

そこで同期のみんなともちろん会いました。やっぱり話題に出てくるのは自分の会社の話ですよね。

色々な不平不満、愚痴をこぼすわけです。待遇だとか、勤務時間だとか、給料だとか。。

それぞれ不平不満って誰でもあります。今の会社に大満足って人はいないはずです。よっぽど恵まれてないと。

でもね、同期の奴みんなの愚痴の内容と俺の会社への不満の内容ってなんかずれてるんですよ。


同期A:「なんかよ。俺なんて残業ばかりで、やんなっちゃうよ。毎日毎日8時、9時まで会社いるんだぜ。自分の時間なんてないじゃん。 まあ残業代は制限無いから、良いんだけどさ。でも残業させすぎだよ。先月なんて残業代入れたら30万超えたぜ。」

同期B:「残業代制限無い分言いじゃん。俺も毎日8時、9時くらいまでいるけど、残業代付けれるの年間360時間までだよ。月あたり30時間 しか付けられない。」

俺:「え。。。俺なんて月15時間しかつけられないんだけど。。。俺も毎日8時、9時までいるんだけど。。。」



今度はボーナスの話になりましてね、某市役所に勤めてる奴の次の冬のボーナス額が50万円を超えるって事がきっかけで盛り上がりました。

市役所は残業がほとんど無いらしくて、半年の間に8時くらいまでいたのが3回くらいしか無いらしいです。

それなのに給料の額は俺よりも2万以上多いんですよ。そんで次の冬のボーナスが50万超えるって言うもんで集中攻撃。


同期B:「オイオイ!役人ー。残業もしないでもらい過ぎだろう。なんで1年目のボーナスで50万超えるんだよ。」

同期C:「本当に嫌んなっちゃうよな。俺も公務員試験受ければ良かったよ。今から勉強しようかなあ。」

市役所D:「いえいえ私だって大変なんですよ」
←男だよ。本当にこう言うしゃべり方する。生真面目で、良い奴なんですけどね。

同期E:「ところでみんなは次の冬のボーナスどのくらい?」

「俺45万くらいだな。」「俺は40万くらいだと思う。」「私(女の子)は35万くらいって先輩が言ってた。」「俺50万行くか行かないかギリギリくらいみたい。残業多いしね。」

同期A:「ところでマサはどれくらい?」

俺:「ん?・・・ああ、俺も40万くらいかな〜?」



言えなかった。どうしても言えなかった。次のボーナスが15万くらいなんて。。。

俺の会社って最初の1年は一人前とみなされないので冬のボーナスも低いんです。

普通の会社は1年目の冬のボーナスから通常どおり支給されるんですけど、うちは違う。でもそれはまだ許せます。

まだ会社の戦力になんてコレッポッチもなって無いだろうし。でもそれは他の会社に行った奴同じだと思いますが。。

問題は、来年の冬のボーナスも俺の会社は40万なんてとても行かない。30万だって怪しいです。

だって、俺の会社で10年働いた時の年収と皆の2年目の年収が、計算すると。。。=


これから本当に正直に言います。俺の本音のドロドロの部分を。嫌な奴に思えるかもしれない。批判されるかもしれない。

でも、あえて本音を言いたい。こう言うところでしか、こういう本音って言えない事です。

気分を害されるかもしれないので、ここから下は読まない方が良いかもしれないです。読んで批判は勘弁して下さい。

それほど、普通は心の中にしまっておくはずの、俺の汚いドロドロの部分をあえて書きます。


今までの話でわかる通り、俺の行った大学ってそこそこ名の知れてる大学なんです。

決して凄く優秀な大学ってわけでも無いですけど、そこを出ておけば世間ではそれなりに評価される所です。

俺が大学に行った動機って色々ありますが、やっぱり少なからず、将来それなりの就職をしてそれなりの生活をしたい!

って言う思いがかなりウェイトを占めていた事は否めません。実は皆そう言う思いってあると思うんです。

その為に俺は受験勉強に関しては努力を惜しみませんでした。夏休みなんかは1日10時間くらい勉強していたし。

学校があるときでも3〜5時間は勉強していました。それでやっとこ手に入れた○○大学法学学士の称号です。

でもそう言う大学に行っておきながら、就活失敗したのは自業自得です。

前に就活話でもかきましたが、良く調べて就活しなかった俺のミスです。今の会社にはそんな奈落の底から救ってもらったんです。

今の会社に救ってもらわなければ、きっと俺は今、遊び人になっているはずです。本当に感謝しています。

でもね、やっぱりそれなりの大学だったからこそ、周りの友達はやっぱりそれなりに良い会社に行っていたり、公務員だったりする。

そんな皆と一同に会した時にどうしても思ってしまうんです。俺は比べられて劣等感に悩む為に必死に勉強したんじゃない!って。

わかってるんです。大学は勉強する為の所だって。わかってるんです。他人と比べても無意味だって。

でも名刺交換をためらっちゃう自分がいるんです。住友と、あさひと、トヨタと、役人とその他大企業と。。。

わかってます。比べる事にどれほど意味の無い事か。自分が良ければそれで良いんです。それはわかってる。

でも、俺は良くない。俺は将来家を建てて、子供は2人で、車も持って、ローン払っても多少は余裕があって。

金持ちとは言わなくても中の上くらいの生活。。。それをしたくて大学に入った。それはまぎれも無い事実です。

動機が不純といわれようとも、俺にはそんな小さな夢があった。その為に大学に入りました。


だからと言って、今会社を辞めるなんて絶対しない。そんなのただの逃げにしか思われないし。。。

俺、勉強します。大学1年の頃の、あの時の気持に戻って。倍率が40倍ってのを見ただけで逃げた俺がバカでした。

勉強します。県庁に登庁の日を目指して。

会社にいつも8時、9時までいる俺にとって事実上は不可能なのかもしれません。学生達は毎日勉強している。

でもね。何もしなければ始まらないじゃないですか。死ぬ気で頑張れば会社と勉強の両立だって。

そりゃあ、もちろん切羽詰る時もきっと来るでしょう。会社の為の勉強だっておろそかになってしまうかもしれない。

でもこういうやり直しって若い時しかできない!特に試験には年齢制限だってあるし。。。

だから俺は頑張りたい。ギリギリ限界までやってみたい。本当に限界になった時、どちらかを犠牲にしなければ成らないかもしれない。

でも今は考えたくない。だってまだ若いんだから。まずはギリギリまではガムシャラに両方がんばろうと思います。

そう。俺はもう逃げたくない。。。


無情な日常はずっと続けますよ。来年か、、再来年か、、、このトップページで合格報告できる日を夢見て。。



ありがとう
01/10/11

今日も会社の帰りが遅くて、連載物の方はちょっとアップできません。ごめんなさい。


  今日はここに来てくれている皆さんに御礼が言いたくて更新しました。皆さんお気づきの通り「無情な日常」にはアクセス解析がついています。 この解析は同一のコンピュータから今まで何回サイトに訪れてくれたかがわかるんですが、結構たくさんいるんです。何回もここに来てくれている人って。 20回、30回、、、多い人で3桁の人もいる!!本当に!!!うれしいです。すごくうれしいです。

  なぜこう言う読み物サイトを開いてるかと言うと、やっぱり人に自分の文章を読んでもらいたいからです。自分だけが見る普通の日記を書いても、恐らく俺は三日坊主で終わりだと思います。 ごめんなさい。ちょっと嘘つきました。三日坊主で終わりました。何回もここに来てくれる人ってのは少なからず俺の文章を面白いと思ってくれたんだろうし、 少なからず俺の考えに共感を持ってくれたんだと思います。 自分の発信したメッセージが自分以外の人に受け入れられてもらえるって凄くうれしい。自分が認められた気分になってくる。 1人でもそう言う人がいてくれるだけで、俺はこのサイトを開いた意味があるってもんです。最近ここの更新が大体2日くらいに1回のペースになってますけど、 サラリーマンでなおかつサイト作成に関して初心者の俺にとっては正直そのペースでも結構苦しいんです。でもこうやって俺の文章を気に入って何回も来てくれる人、掲示板に感想を書いてくれる人、 応援メールをくれる人、そんな人達がいるから俺もがんばれるし、またやってて楽しいんです。特に今俺は正直言って会社が苦しくて苦しくてしょうがないんです。 別に会社で悪くされてるわけではないのですが。。半年前まで学生で遊びほうけていた俺です。そこからいきなり社会の荒波に飛びこんだわけですから やっぱり無理が来てるんです。まだ会社の役になんて立ってない。むしろまだお荷物でしょう。それはたぶん俺と同世代の人達はほとんど同じだと思います。 そんな苦しい闇の中でも、みんな他の趣味や楽しい事などの光を見つけて、闇から逃げ出さずに頑張ってるんだと思います。

  俺の中では「無情な日常」は確実に「闇の中の光」の1つになりつつあります。それも応援してくれているみんなのおかげです。素人の下手糞な文章を応援してくれて 感謝の言葉もございません。だから一言だけ言いたい!みんなアリガトウ!!!


トップページへ