越後屋クソ野郎8
えちごやくそやろう8

音楽作品集/2DD×1/MSX2,2+,TR


<開発秘話>
「越後屋クソ野郎7」のシステムはBに大変不評でした。が、8でも同じシステムを使ってもらおうと思っていました。

しかしこの時期、スーパーファミコンの「マザー2」にハマっていて、細かい所の作り込みに大変感動していた私は「こんなザルシステムで納得していていいのか」と思い、全面的に作り直す事にしました。

とにかくダメ出しされないように、徹底的に作り込んで、エチクソのシステムはもうこれで終わりにする覚悟で開発にとりかかりました。

いつもだとぐったりするメニューも、きちんとロゴを描きました。また、遊びで女の子も入れて雰囲気を楽しくしました。
ちなみにこの女の子のアニメは当時人気のあったNEOGEOの「ザ・キングオブファイターズ’95」のパクりです。

今見ると、やっぱりやる気というものは画面に表れるものなんだなーと思います。

システムの方は、「越後屋クソ野郎7」を作る時にBに注文された事と、自分で納得できなかった部分を考慮して、新たに作り直しました。
これ以上のエチクソシステムは、私には組めないと思います。

ところで、この開発は東京を引き払って田舎でやっていたんですが、完成寸前で気力が無くなり、Bが無理矢理完成させてイベントで発表しました。
もちろんBや他の人からも苦情が来ました。
その後半年以上経って、ようやく再開して完成させたわけです。私の無責任でずいぶん遅れましたが、この作品に悔いはありません。

<裏技>
メインメニューで「F1」を押してポーズをかけ、カーソルキーを押すと隠しメッセージが見れます。


 

タイトル画面。
今回はスクロールして消える。

かなり気合いを入れて作った。
女の子はアニメする。

前回よりかなり性能のよくなったプレイヤー。
とにかくいっさい手抜きしないで徹底的に
作ろうと思ってやった。