*
曹洞宗 茂林寺
*

境内写真
*

 

境内のご案内 境内の地図

*
茂林寺の歴史
分福茶釜と茂林寺
境内のご案内
拝観のご案内
茂林寺への道
*トップページへ

 

@総門(通称黒門)

当寺の入り口となる門。
応仁2年(1468年)に建立されました。
A参道

総門から赤門へと続く参道には、
21体の狸像が並び参拝者を出迎えます。
B山門(通称赤門)

黒門から本堂へと続く門。元禄7年(1694年)の建立です。
C本堂

当寺の本尊、釈迦牟尼仏像が祀られています。応仁2年に建立、享保12年に改築を行い、現在に至ります。また、本堂北側の一室には分福茶釜が安置されています。
D正通大和尚像、守鶴像

当山の開山大林正通大和尚と、之に随いこの地に至った守鶴和尚の像が安置されています。
D守鶴堂

守鶴和尚は大林正通大和尚と共に当地に小庵を結んで以来、歴代の住職に役僧として仕え、分福茶釜を当山にもらたしたと伝えられています。当山鎮守大菩薩として祀られています。
E聖観音

上野国館林村大窪荘の高瀬善兵衛の娘が元禄元年(一六八八)病没し、その供養の為に江戸神田鍋町の太田久右衛門(藤原正儀)が鋳造し、高瀬善兵衛が元禄三年三月二二日に寄進したものです。

*

*
Copyright © All Rights Reserved. 茂林寺 〒374-0033 群馬県館林市堀工町1570 Tel 0276(72)1514 メール・お問い合わせ