浜松市緑化推進センターは静岡県唯一の都市緑化植物園-緑の相談所です。
園内には500種15000本の樹木や草花が植えられ、植物を身近に感じられる講習やイベントが年間通して行われています。
40,000㎡の園内では虫や動物たちが小さな生態系をつくり、たくさんの生き物が園内の土の中や水辺、木の上で生活しています。
人工的につくられた公園ではありますが、開園から40年が経過し小さくてもこの地域の自然の一部として
地域全体との調和のとれた関係ができているということでしょう。
そんな当たり前の環境を当たり前のように未来に残していくために私たちは"みどり"のある場所 を提供しています。
この景色を100年後の子供たちも見られますように。

7月17日、今日は幼稚園の子供たちが遠足でみどり~なにやってきてくれました。
梅雨の合間の晴天に子供たちも元気に遊べてよかったですね。
夏まつりにも出動するスプリンクラーも大忙しの午前でした。良かったヨカッタ。

 

 

8月1日(木)天候にも恵まれ「みどりの夏まつり」は無事終了しました。
暑い中、例年超えるの多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

 

 

サルスベリの花が咲き始めました。今はうぐいすの森で咲いていますが園内の他の見本園等で9月頃まで咲いています。スベスベした樹皮で「猿も滑る」が名の由来。南方系の樹で熱帯地方では落葉せず、年中、葉を着けている。樹皮が剥がれるのでツル植物が巻き付くことができません。

 

 

 

最新情報

8月1日(木)開催、
みどりの夏まつり,チラシ完成!!

みどり~な最大のイベント
「第31回みどりの夏まつりのチラシ」が完成しました。
画像をクリックしてPDFで詳細をご覧ください。
お楽しみに!

8月17日自由研究対策「水辺のかんきょう教室」

水路の水生昆虫を採取、観察を通じて良い自然環境を信州大学藤山先生から学びます。
詳細は右隣のチラシで確認ください。

園内情報

園内情報

ハマボウ

夏の盛りに,黄色の花をさかせるハイビスカスの仲間。花は一日花であるが次々に咲き続けます。
河口付近の川岸などに生え、近隣では福田・太田川の群生地が有名です。

ムクゲ

ハイビスカスの仲間。品種間交雑が容易なため、園芸品種が沢山あります。

8月のギャラリー

今月は遠州自然研究会によるパネル展示です。会員の皆さんの日々の活動での研究成果が展示されています。
ギャラりーでじっくりご覧ください。

 

 

 

カレンダー

2019年度みどり~なの年間スケジュールです。講座イベントの詳細はこちらで確認できます。
※未定及び予定変更のイベント等順次更新します。
なお講座及びイベントは浜松市以外の方でも来園可能であればどなたでもご参加できます。

PAGE TOP

都市緑化植物園・緑の相談所-浜松市緑化推進センター 〒435-0024 静岡県浜松市南区大塚町1876-1 ☎(053)426-2300 e-mail:midori110@topaz.plala.or.jp
指定管理者/浜松公園緑地協会浜松市花みどり振興財団共同事業体
Copyright 2016 浜松市緑化推進センター. All Right Reserved.