ほとんどタダ・・健康手巻きタバコのパイオニア





           ●買わなければならない主要なものは、ただこれだけ↓




これは、手巻きタバコ用のローラー(巻き器)です。値段は700〜800円くらい。ローリングボックスという金属性のものもありますが、高価な専用巻き紙(50枚100円くらい)を買わなければならないので、ここでは省きます。

プラスチックのローラー(巻き器)は、片方のローラーを溝に沿って遠ざけると真ん中に窪みができるので、そこに葉と短く切ったストロー(脱脂綿を入れたほうが健康的です)を詰め、溝のあるほうを手前にして、上から下に押し下げてゆくと、両方のローラーが回転しはじめます(いかにも下から上に押し上げたほうがいいようですが、これは絶対ダメです)。ローラーが回り始めたら、(前もって縁に水糊をつけ)、台所用アルコールスプレー、または水+防腐用に食酢を混ぜてアトマイザーで内側から紙にスプレーするとうまくいきます。トレーシングペーパーは専用の巻きタバコ用紙よりも、たいてい硬い(0.1mm)ので、スプレーで柔らかくしないと失敗が多くなります。

参考までに手巻きタバコ屋さんの写真が載っているURLを書いておきます。

http://www.ikutaka.jp/SHOP/740313/740327/list.html

巻かた参考 http://www.youtube.com/watch?v=dxo__0kk-BU

市販タバコの弊害は、さまざまな添加物を含んでいることかもしれません。まず、アンモニアが含まれているということです。アンモニアは、ニコチンの吸収を促進する働きがあるのです。さすがに1mgではスカスカしますが、6mgくらいなら普通に吸える人は多いでしょう。でも6mgでもニコチンは意外に多く体に吸収されてしまうのです。また、タバコをしばらく灰皿に置いておいても消えないのは、燃焼剤が入っているからです。また、量を多く見せるために膨張剤も入っています。この「健康手巻きタバコ」は、そばでタバコを吸われるとイヤな人も、タバコの匂いをあまり感じません。タバコの弊害とは、タバコそのものよりも、上記の添加物が関係しているのかもしれません。

○ローラー以外の材料は、たいてい100円ショップにあります。

○トレーシングペーパー(これはケーキの材料としても使いますから、毒性はありません)
○ストロー(直径6ミリのもの)を短く切ってフィルターにします。お好みで綿を軽く詰めて、水(ハッカが好きなひとは、ハッカの結晶をアルコールに溶かしたもの)を1滴たらすと、さらにおいしくなります。水は1日で腐るので、長期間使う場合は食酢を混ぜます)
○糊(液状糊を直接塗るか、またはでんぷん糊を皿にとってすこし薄めて綿棒で塗ります)。糊の主成分はデンプンで、喘息の人でもない限り、焼き芋の煙を吸って死んだという話はないようですから、たぶん安全でしょう(責任はもてませんが・・)
○必要以上にローラーを回さないでください。空気の通りが悪くなって、吸いにくくなります。

○手巻きタバコの葉

参考までにここをご覧ください↓
http://www.ikutaka.jp/SHOP/740313/740322/list.html これは関西にある、「イクタカ」というお店です。

どちらにしろ70〜80本くらいは吸えるので、市販の巻きタバコよりも断然お得です。でも、「ほとんどタダ」とはいえ、手巻きタバコの葉は買わなくてはならないので、一本10円くらいはかかってしまいます。でも、市販のタバコは700円になるという噂もありますが、手巻きタバコの葉は値上げ率が低いはずです。その筋のひとは「ヤミタバコ」の販売を計画しているはずなので、買えるルートがわかったら教えてくださいσ(^^) ←おいおい。


普段は注意が向かなくても、大きなタバコ屋さんには「手巻きタバコの葉」は、たいていあります。ちなみに吉祥寺には南口の丸井の斜向かいに1件と、北口のサンロードから東急が見える道に1件、いつも行列ができている肉屋さんの向かいに一件、荻窪は北口を下りて大通りとの左の角。 

彼女と街のカフェテラスでデート。手巻きタバコを作りながらひとときを過ごす・・なんていう場合には、金属性のローリングボックスよりもプラスチックのローラーの方がスマートでしょう。手巻きタバコをくゆらせて、彼女を待ち待ち紅茶の香り。「それなあに?」なんて彼女がたずねて、けっこいい話題になるかも(⌒O⌒)y-~~

近くで市販のタバコを吸うと嫌がるひとも、手巻きタバコだと不思議と嫌がらないようです。燃焼剤とかの添加物が入っていないからでしょうか?
大学教授がパイプを吸っていると、「甘くていい匂いね〜」・・なんてささやく女学生もいます。この場合のお勧めは「アンフォーラ・フル・アロマ AMPHORA FULL AROMA」
(http://blogs.yahoo.co.jp/szktech/7325045.html、http://passall.blog104.fc2.com/blog-entry-91.htmlなど。消えてたら検索してください)。これはパイプ用のタバコですが、手巻きタバコとしても十分使えます。葉の長いのが気になったら、ハサミを入れてチョキチョキしましょう。

でも、手巻きタバコの葉は、値上げ率は低いですが、高くなりました。現時点では、「ドミンゴ」(チェリーなど4種類)が、820円で最安です。

また、トレーシングペーパーは、無害であるという点に加えて、紙カスが残ることもありますが、値段がタダ同然ですから、一本2円の節約になります。

ちなみに現在、市販の巻きタバコの標準的な値段は、イギリスが1000円、フランスとアメリカが800円だそうです。手巻きタバコを売っているある店のひとの話では、フランスはほとんど手巻きタバコになっているそうです。日本では値上げ前は「ドラム」(500g)が880円、値上げ後は「ドミンゴ」(400g)が820円ですから、値上げ率からしても、手巻きタバコのほうが有利です。日本は遅れている!・・でも、日本でもまもなく手巻きタバコが普及してくると思います。

タバコを吸う誰もが経験しているように、タバコはストレスを緩和するはずですが、最近は禁煙ムードに押されて、タバコのよい面が隠されているような気がします(もちろん、吸い過ぎると肺が黒くなり、有害だと思いますが)。有名な研究者がタバコのよい面について論文を発表すれば、多分に付和雷同している世の中の評価も変わってくるはずだと、私は信じています。

市販のタバコに含まれている膨張剤、燃焼剤、ニコチンを吸収しやすくするアンモニアなどの添加物は含まれていません。たとえば「ニコチン1mg」などと表示されていても、アンモニアを多めに入れて味をよくすれば、ニコチンの吸収量は多くなるはずです。これらの添加物のことはほとんど公表されていませんが、はたしてほんとうに無害なのでしょうか?

TIPS:


◎フィルターに水を入れてもいいと書きましたが、薬局にあるハッカの結晶をアルコールで溶いて、一滴垂らすとハッカタバコになります。
◎フィルターに入れる綿を半分にして、100円ショップにある昆虫の臭い消しの活性炭や、「キムコ」の中身を入れると味がマイルドになります。

フィルターにするストローは、5mm径のものを使うと、葉の節約になります。

この記事が少しでもお役にたてば幸いです。さらに改善して行こうと思うので、感想、アイディアなどはトップページの説明に従ってお聞かせください。

さなこ(東京都練馬区)

でも、この記事にまつわるトラブルについて、私は一切責任を持ちませんので、自己責任でお願いします m(_ _;)m

2011/6/10 2012/3/20 修正 2012/6/29 修正

戻る