診療所


「あの〜、私引越してきたばかりで、よく分からないんですけど・・お城の近くの水晶玉のあるところいけば、診療所があると言われてきたんですけど・・」
「あっ、ここでいいのです。この村は無医村ですが、立派な仙人様がおいでですから、ご心配いりません。水晶玉も仕入れたことだし」
「仙人さま〜!患者さんです。申し訳けありませんが、一目お姿を・・」



「おお・・こちらが仙人様・・」

「無駄は省いて簡単に尋ねるが、食事、睡眠よくとっておるか?」
「じつは、過食気味です。近頃ほとんど寝られません」
「家事を面倒だと感じることはあるか?」
「前は私、家事がわりと好きなほうだったんですけど。最近だめです。やらなくては・・とおもうんですけど、なぜかできないんです。とくに理由もないのに、もうなにをする気もなくなってしまいました。妊娠したのですが、おろしてしまいました・・ぐすっ」
「女性の感情障害は、妊娠期と出産期にもっとも多い。その他に変わった異常はないか?」
「うつとは関係ないかもしれませんが、私、すごい便秘なんです」
「下剤は調節が難しいし、納豆やアロエの民間療法もすぐに効かなくなってしまう。そこへゆくとこんど開発された’ビオスリー’(朝、昼、晩 2〜3錠ずつ)は、逸品である。」
「胸焼けもすごいんです」
「では、夜寝る前に飲む’パリエット’(10mg)という薬を14錠入れておく。寝る前に飲めば昼間も効いているから心配ない。抗うつ剤のルボックスもいれておくが、最初は、吐き気や幻聴を起こしやすいので、セットになっているアナフラニールは抜いて朝昼晩、ルボックスだけを2錠づつで試してみるように。すべて2週間分入っている。無くなったリ調子が思わしくなかったら、この水晶玉で連絡しなさい。じゃあ今送るから、3分ほど待つように」
「ええっ、たったの3分ですか〜??」
「水晶玉でコントロールできるからね」
「あ〜〜っ!」



04/10/28
分岐点へ