風邪の手当てが遅すぎない?


ちょっと鼻がずるずるしたり、いやにくしゃみがでるな・・と思うと、たいていのひとは、会社が終わったら薬買ってこ・・なんて手当てを先延ばしにしてしまう。

これがいけないんですよ。その間にも、病状はかなり進んでいる。家にたどりつくころにはもう手遅れ。会社で一生懸命仕事して体が弱っているから、悪いウイルスがわーっと押し寄せる。文字通り風邪は万病のもと、なのよね。そんなことしないで、お薬入れはいつももっていて、ハッと気づいたときに、薬を飲んでしまう。そうすれば大事に至らなくてすむのよ。

(個人差があるけど)さなことしては、咳なら「フスコデ」とか、鼻炎なら「ポララミン」とかね。 薬が合えば効果てきめん。たった1錠で、ほとんど飲んだとたんになおります。

でも、ポララミンは眠くなり、SーR(刺激ー反応)を後らせます。危険な作業や車の運転をするときには、やめたほうが無難です。ともかく自分に合った薬を見つけておきましょう。

風邪はこじらせると、なかなか治りません。でも、病院にくる人はたいてい、こじらせた後なんですよね。

2006/5/09
分岐点へ