地域医療のページ

地域医療を実践しながら感じたことをいろいろ書いて見ました。
ようこそ、DR.Mのホームページへ

<離島医療関係> <生活習慣病関係>
離島医療のオープンシステムとクローズドシステム 体質病の概念
離島における総合診療の試み 血圧の話
お年寄りに降圧剤は必要か(2007.9.20)
T島における綜合診療の試み アルコールの功罪
小児時間外救急への離島医療の応用について 入院の話
離島医療における画像伝送システムについて 外来の話
離島・へき地医療の今後の展望 お年寄りの不定愁訴
K診療所Dr.コトー診療所になれなかった診療所 社会的入院のはなしー医療費との関係ー
離島における”特診”について <急病関係>
離島へき地医療の変遷について ある台風の日に
Dr.コトー診療所の理想と離島医療の現実 インフルエンザについて
離島・へき地医師確保に対する意見書 熱を大切に!
「Dr.コトー診療所」へのコメント@ 発熱について
「Dr.コトー診療所」へのコメントA 風邪は万病のもと
「Dr.コトー診療所」へのコメントB 風邪十か条
「Dr.コトー診療所」へのコメントC
「Dr.コトー診療所」へのコメントD <薬と治療について>
「Dr.コトー診療所」へのコメントE 漢方のはなし
Dr.コトー診療所へのコメント
(2004年前編;2004.11.12)
点滴のはなし
Dr.コトー診療所へのコメント
(2004年後編2004.11.13
ステロイドのはなし
お薬だぁーい好き
<医療事故関係> 疥癬マニュアル@(PDF)
悲しい医療事故をなくすために(2005.7.25) 疥癬マニュアルA(PDF)
悲しい医療事故その2(2005.9.25) 結核マニュアル(PDF)
医師の魔女狩りはさらに進む(2006.9.29) 「与薬」という言葉について
どうにもならないご老人-医者のホンネ(2005.11)
<医師・病院に関係するもの>
スネに傷ある医者(2004.6.15)
医者の不養生について(2004.6.29)
医師半減論(2004.10.25)
医師の当直について
医者にできること
医者であって医者でないヤツ
<救急医療関係> 日本の医師養成の問題点と提言
救急医療(2006.7.作);まえがき
人は石垣、人は城
救急医療;第一章 救急車は来たけれど・・・ 「医師の指示」について
−医師の給与と世間的地位について
救急医療;第二章 救急医療の実態 診断書について
救急医療;第三章 大切な”救命の輪” 二種類の医師研修法
救急医療;第四章 救急救命士にたちはだかる法律の壁 鬼手仏心
救急医療;第五章 断られ続ける子どもの救急患者 赤ちゃん言葉について
救急医療;第六章 医療事故と合併症 外傷性ショックとは何か(2009.2.4)
救急医療;最終章 「何でも診ましょう科」の創設へ
医者から見た救急、患者さんからみた救急 <小児医療・救急について>
あなたにもできる救急蘇生処置 小児診療体制について―その処方箋
救急救命士の気管内挿管についてパートT 小児救急に思うパートT
救急救命士の気管内挿管について パートU 小児救急に思うパートU
脳死と植物状態について 危機に瀕する小児救急(2004.11.16)
救急車の有料化について ”小児救急を行いうる人材”養成の提言(2004.11.18)
救急患者のヘリ搬送について(2006.2.16) 小児救急のアキレス腱;小児の絞扼性イレウス(2006.5.2)
いまだにお寒い日本の救急医療(2007.12.7)

<綜合診療について> <患者さんに関係するもの>
総合診療部のゆくえパートT おまんまを食べに入院したおじさんの話
総合診療部のゆくえパートU 水痘に登校停止は必要?
日本にも家庭医制度を!(2004.9.8) 二種類の患者さん
これではますます産科医療がおかしくなる!(2005.12.21) 清潔志向に思う
風邪薬自費診療論(2008.11.4) 不定愁訴へのアプローチ
インフォームドコンセントについて
<手術について> ドクターショッピングについて
ガンの手術についてパートT ドクターショッピングとセカンドオピニオンの違い(2006.2)
ガンの手術についてパートU 医療の危険性と自己責任について(2004.6.13)
手術室の中から 食べることについて
ヒヤリ・ハット報告について―誰でもニアミスはする
<検査・検診関係> 医療の矛盾(2005.5.18)
検診と年齢について 医学用語と一般用語の違いパートT
健康診断と胸部レントゲン写真 医学用語と一般用語のちがいパートU
脳ドックについて 医学常識のウソパートT
ガン検診について 医学常識のウソパートU
大腸の検査のはなし 医療の変遷(2004.2.25)
胃カメラの話 症例報告これまでに治療に難渋したり
印象に残った症例です。左の
女医さんをクリックしてください。
<医療と介護・終末期>
医療と介護パートT
医療と介護パートU
日本の医療職の今後に対する私見(2014.1.31) 医療と介護パートV
看取りの医療
終末期医療のあり方(2004.6.12)
No CPR
介護保険;予防給付について(2005.4.18)
”蘇生放棄”はよいが”蘇生中止”はいけない!?
(2006.3.27)

ようこそ、DR.Mのホームページへ