当サイトはまもなくhttp://machikun.la.coocan.jp/aaaaaa.htmへ引越しとなります。ブックマークしていただいている方には、お手数ですが、変更をよろしくお願いいたします




クリスマスソング
本にならなかった本の原稿

マタイ受難曲のページ
  バッハのマタイ受難曲を素人なりに解説しています。人類が作り上げた最高の叡智をご堪能ください
地域医療のページ
地域医療をしながらいろいろ感じたことを書いてみました。

マイエッセイのページ
人生論、教育論、政治や
社会について気ままにつづったページです。

わが家のビオトープ池
似顔絵ギャラリー
ウィンドウズ付属の「ペイント」を使って似顔絵を書いています。現在約900人の似顔絵があります。
音楽エッセイのページ
翻訳を含めたこれまでに書いた音楽に関するエッセイがあります。

モーツァルトの教会音楽
その価値の割には不当に看過されているモーツァルトの教会音楽にスポットを当てました。
海水魚飼育事始
MIDIコーナー
MIDI最近の曲コーナー
MIDI日本の歌・世界の歌
なつかしのあの映像コーナー
これまで作ってきたMIDIが2000曲近く、また「YouTube」の懐かしい映像へのリンクもあります。一部の曲はQuickTimeでは聞けません。
平成28年ミニコラム
平成27年ミニコラム
平成26年ミニコラム
平成25年ミニコラム

平成24年ミニコラム
平成23年ミニコラム
平成22年ミニコラム
平成21年ミニコラム
平成20年ミニコラム
平成19年ミニコラム
平成18年ミニコラム
平成17年ミニコラム
リンク集
普通にリンク集です。

第一次安倍内閣から第二次安倍内閣へ(YouTube物語)
たかじん
社説資料集
発言小町おもしろ発言集
電力関係リンク集
参考図絵1
参考図絵2

Emiさんの絵コーナー 政治漫画いろいろ 自己紹介のページ

ミニコラム
若き女性たちへ−結婚相手は選びなさい−そのためには
作られた貧困
「結婚すれば貧困から抜け出せると思っていた…」年収150万円・アパレル女子を待ち受けていた現実

 週刊SPA!本誌では幾度となく「貧困特集」を取り上げているが、若者と呼ばれる世代にも貧困の波は当然の如く押し寄せている。「非正規増加」、「奨学金返済」、「親が生活保護で頼れない」などさまざまな理由から貧困というアリ地獄から這い上がれないでいる若者たち。以前、「貧困特集」に出演した人々もまた、貧困からの脱却を果たせずにいるのだろうか。

 週刊SPA!2015年5月19日号の特集「[女の貧困化]が止まらない」に出演し、その窮状を語ってくれた前島知美さん(仮名・当時28歳)と約1年ぶりに再会。当時アパレルメーカーに勤めていた彼女は「年収は150万円ほど。販売ノルマがあるので食費を削って自社の服を買わなければいけない」と語っていたが、1年後の彼女の生活は、どのようになっているのだろうか。

前島さん

昨年の取材時には「始発から終電まで休みなく働いて、手取りは13万円」という過酷なアパレル業界で働いていた前島知美さん(仮名)。「転職のための資格を勉強する時間もない。職場に使い潰されたくない」と語っていたが……

「結婚すれば楽になるはず」と思っていたアパレル女子を待ち受けていた現実とは


 カリスマ店員に憧れて業界に飛び込んだものの「同僚は低収入かつ激務の末に、みんな体を壊して辞めていく」と、業界の闇を語ってくれた前島さん。昨年の取材からちょうど一年経った今も、彼女はアパレル業界でハードな職務をこなしていた。

「お店を変えて月収は3万円アップしたんですが、それでも手取り17万円。4年半付き合っていた彼氏と去年の秋頃に結婚して、それで生活が楽になるかなって期待していたんです。でも建設作業員の夫の給料も18万円ほどで夫婦とも福利厚生なし。月6万円の家賃や光熱費、保険料や生活費などを払えばほとんど手元に残りません」

 以前は「結婚さえすれば貧困状態から抜け出せると思っていた」というが、その淡い期待は脆くも崩れ去った。

「夫の給料も全部私が管理しているわけじゃなくて、月8万円くらいを生活費としてもらうだけ。私は3か月に一度数千円の化粧品や服を買ってやり繰りしているのに、夫はオンラインゲームに月10万円近く課金しているし……。文句を言っても聞いてくれないので、仕方なく夜の仕事も始めました。35歳までには子供も欲しいんですが、こんな生活じゃ産みたくても産めない。生活は前より厳しいのに、家事や仕事など負担ばかり増えました」

 また、「義理の父の体調が思わしくなく、今後は介護という負担ものしかかりそう」と悩みの種は尽きない。

「本当は夫に頼りたいけど、最近は職場の人間関係が原因で会社を休みがちになっているんです。結婚する前は理想を持っていたけど、本当にお金のない人同士の結婚は、ただの墓場だと思う


私は若い女性にはぜひとも結婚を勧めたいし、できればたくさん子どもを生んでほしいと思っているが、この女性の、「結婚する前は理想を持っていたけど、本当にお金のない人同士の結婚は、ただの墓場だと思う」という言葉は実に意味深である。

自分は年収150万円の収入しかない、しかし高収入の男と結婚できれば、自分の価値もその男レベルに高まる、とこの女性は信じていた。

女性がそう思うのは、無理もない。実際、そういう女性は数多くいるから。いわゆる「玉の輿」。運よく高収入の男と結婚した女性は、よほど特殊なケースでない限り、夫の収入を自分の可処分所得に組み込むことができる。無論それは自分がそれでおしゃれをして、といった意味だけではなく、たとえば子どもができれば、”家族として”余裕のある生活が送れる。子どもの教育にもお金をかけることができる。お金はあるに越したことはない。

逆に、低収入でしかもいろいろな面において質が悪い男と結婚した女性は、確かにその結婚は墓場となる。だからはっきり言わせてもらえば、女性はそのような(駄目)男とは絶対に結婚するべきではない

ただこんなことは、実際に経験しなくても、世の常識として、女性もわかっているはず。だから非常に疑問に思うのは、なぜこの女性は、建設作業員という、低収入である(かつ昇給の見込みもない)ことがわかっている男と付き合い、結婚をしたのか、ということ。

低収入のみならず、けち、金遣いの荒さ。そういうことは、4年も付き合えば、わかるだろうに。

こんな状況で、ダンナの悪口を言う女性は多いが、そうした女性は他人からは必ず↓のように思われていると思っていた方がよい。

でも、そんなダンナを生涯のパートナーとして選んだのは、あなた自身でしょ?

地獄のような結婚をするくらいなら、まだ未婚でいた方がまし。これもまた、多くの人が頷く真実だと思う。

しかし未婚で女一人が生きていくには、この世はあまりに世知辛い。だから、男の収入に頼りたくなる女性の気持ちもわからないではない。しかし、男の立場からはっきり言わせてもらおう。

自分が低収入で、最初から男の経済力を当てにしているような女性は、経済力のある男は、少なくとも結婚対象としては相手にしない

つまり、「結婚すれば楽になるはず」と思っていたというアパレル女性のようなタイプは、自らが求めるような男からは相手にされない。月収18万円の福利厚生なしの建設作業員しか寄ってこない。

経済力のある男の多くは、「オレが家族を養う」という自負がある。口には絶対出さないけれども(口にだす奴はバカ)。だからといって、最初から経済力のない女性にぶら下がられることは拒否する。大事なことは、一緒に家庭を築いていくことだから。

女性の経済力自体は当てにしないが、ともに家庭を築いていけるだけの力量は求める、というのが多くの経済力のある男のホンネではなかろうか。


●良い結婚をするにはどうしたらよいか
それでは具体的に、経済力のある男と結婚するためにはどうしたらよいか。その必要条件は、自分の経済力をつける、ということである。

経済力のある男と結婚するために自らの経済力をつける、というのは、一見矛盾しているように見えるが、真実である。

結婚が個人同士ではなく、家同士の結びつきであった昔はそうではなかった。女性の経済力はまったく当てにされず、花嫁修業をしていればよかった。なぜなら、結婚相手は親や周囲が見つけてくれていたから。

結婚のための自助努力を要しなかった時代・社会においては、本当に好きな人と結婚できないデメリットはあったが、いわゆる”つりあい”の取れる結婚が自動的にやってきた。個人の努力よりは、どの程度の”家”に生まれたかで、一生が決まった。

今は、女性は自分で結婚相手を探さなければならない。それは、愛情を最優先できるメリットはあるが、自分が”選ばれる自助努力”が必要となった。

無論、女性の場合、やはり、持って生まれた器量の良し悪しの差は大きい。しかし、器量が良いからといって良い結婚ができるかといえば、世間を見れば、必ずしもそうでもない。おそらくは結婚の満足度と器量の良し悪しに相関関係はないだろう。

器量良しの女性に選択権が多いのはいたしかたないことと思うが、案外、だからこそ、ヘンな男とくっついてしまうことも多々ある。そういう男は、女心をくすぐるのがうまいから。失礼ながら、あまり選択肢はないだろう、と思う女性が案外幸せな結婚をしている。

生まれ持った器量ばかりはどうしようもないが、経済力ならば、努力で身につけることができる。経済力のある男は案外、女性のこういう努力を評価するものだ。天然自然の美しさよりも、生き方に魅かれるものだ。

経済力のある女性は、生き方が美しい。また、一定以上の所得を上げるだけの努力をしてきているので、男性を見る目も厳しい。銀座のママなどがその典型だろう。銀座でモテる男はイケメンではなく、真摯に生きる男である。

そういう女性は、結婚相手として、月収18万円で福利厚生なしの建設作業員は絶対に選ばない。その後の生活を想像できるだけの能力があるから。失礼ながら、そういう男はだいたいにおいて、ついてくる家族も質が悪い。

一般論としては、能力の高い男は高収入であり、夫としても問題ないことが多い(但し、例外あり)。たとえば医者は、医者である私が言うのも何だが、実はいい人が多い(但し、例外多数あり)。人の命を助けたいという人種の集まりだから、多くの医者は、人を大切に扱うのだ(但し、例外あり)。

私が見る限り、もっといい人の集団は、救急救命士だ。彼らは本当に純粋に人の命を助けることを生きがいとしている。私の知る限り、医者では問題のある奴はたくさんいたが、救急救命士に関して、そういう男は一人もいない。

もし私の娘が救急救命士と結婚したい、と言い出したら、無条件に喜ぶと思う。

話が脱線したが、年収をあげる努力もせず、ただひたすらに男に頼る女性には、失礼ながら、結婚後の世界を思い描く想像力がない。

月収18万円・福利厚生なし、自体が悪いのではない。私が妻と付き合い始めた頃は、こんな経済状態だったし(昔の研修医は本当にこういう勤務状況だったのだ)。

大事なことは、その男に将来性があるかどうか、ということ。それを見抜く想像力が、女性には必要なのだ。残念ながら、記事のアパレル女性にはそれがなく、案の定、結婚生活が墓場となってしまった。

無論、例外は多数ある。私の知り合いの女性は、安定した収入のある男からの求婚をしりぞけて、あえて経済力ゼロの画家志望の男と結婚した。ある女医は、父親より高齢の、収入ほぼゼロの芸術家と結婚した。

こうした女性はしかし、男を見る目がなかったのではなく、あえて低収入の男と結婚しているのである。共通しているのは、二人とも、自らの経済力は十分にあったということ。当然だが、男の収入をあてにしたわけではない。収入を度外視するだけの魅力がそうした男たちにはあったのだろう。

結局のところ、若い女性に言いたいのは、いずれにせよ、自分の経済力だけはきちんとつけておきなさい、ということ。これはわが娘二人にも、口すっぱく言っている。

その上でより収入の高い男と結婚して、余裕のある生活を送るか、低収入でもとにかく一緒にいたいという男と結婚するか、それは自由である。
<貧困の「実相」>(上)サインなき飢餓 「衣・住」の前に「食」削る

ちょ、ちょっと待ってよ。参院選を控えて、はじめに分配ありきを主張する野党sを何とか応援しようと、読者を一生懸命マインドコントロールしようとしているつもりなんだろうけど、あまりに?????が多々あるもんで、それについて書いてみたい。

まず、この82歳女性の状況を整理してみよう。

月収22万円。家賃13万円。娘に勧められた高齢者向けマンションに住んでいる。その娘は心の病で働けなくなり、娘の経済的援助もしていて、本人は「おなかがすいてたまらない」状態。

もし私がこの人の生活改善を任せられたらどうするだろうか。

まず、引越しをさせる。老女一人13万円の家賃なんて、悪いけどあり得ない。十分な所得があるのならともかく。「お母さんがここに住んでくれたら安心」と娘に勧められたとのことだが、要は駅前で娘が行きやすいだけだったからだけなのでは?つまりは娘の都合で、分不相応なマンションに”住まわせれた”のだろう。

引っ越さない理由は貯蓄がないとのことだが、引越し費用も出せないのならほとんどゼロなの? そもそも都庁に定年まで勤務した人がなぜ貯蓄ゼロなのだ? 結婚して子どもまでもうけたくらいなのに、資産も何もないのか? 

まあそれはとにかく、働いてもいない老女が、わざわざ家賃が高い駅前に住む必然性はないわけで、収入にふさわしい家賃の場所に住むのは当然だと思うけど。まさか田舎がいやだなんて、言わないよね。

田舎なら、介護も要らない老女一人暮らしなら、高くたって家賃7〜8万円くらいで暮らせるだろう。それでもう、5〜6万円は浮くではないか。老女一人の食費には十分だろう。はい、これで問題解決!

娘さんについては気の毒とは思うが、正直言って、自分の食べる分さえ他人の世話になっている老女が、なぜ若い娘の経済援助をするのか。私なら非常に違和感を持つが、このボランティアスタッフはそのようなことを感じないのか。もっと、本当に援助を必要な人は他にいるのではないか、と。

娘の立場からすれば、自分の母親が自分の食べる分をボランティアからもらっている状態なのに、母親から援助を受けていて、何も感じないのだろうか?

とにかくこの事例は、とても貧困モデルとして一般化できるようなものではない。元公務員、高額な年金、収入に不相応な家賃、離婚した娘への経済援助、こんな条件の人がどうして貧困モデル足りえようか。

先ほども少し書いたが、ボランティアスタッフも、なぜこのような"好条件”の人を、現在の状況を変えようとしないで、そのままに援助しようとするのか。

だいたい、家賃13万円のマンションに住んでいて、食糧援助が必要な老人がいるなんて、本当にそう思っているのか。数万円の特別養護老人ホームの入居費さえ払えない人だって、食糧援助なしで何とか食べてはいけているのに。どうも、このボランティアスタッフも、失礼ながら、せっかく一生懸命やっているのに、ズレているようにしか、見えないんだが。

相手のことを考えるなら、厳しくてもまずは、相手の生活改善を求めるべきなのではないか。それを行ったうえで、どうしても必要な援助だけをすべきであろう。

これではまるで、放漫財政を続けながら国民に増税を強いるのと変わらないのではないか。

ボランティア活動は尊いとは思うし、廃棄して捨てられる食料ならば、それを困っている人に届ける作業は意味のあることだとは思う。

しかし、たとえばこの女性は、こうした援助を受け続けていて、何か変わるだろうか。娘は娘で、母親に甘え続け、もう自分では働かなくなるだろう。本人は引越しもせずに、13万円の家賃をこのまま払い続けるだろう。

むしろ援助がない方が、かえって女性は自立するのではないか。そのすべはいくらでもあるのだから。私には、ボランティアによる援助がかえって女性と娘の自立を妨げてしまっているような気がしてならない。




原告はやらされている?
<仙台>生活保護費減額で20代女性が提訴 窮状訴え
毎日新聞 6月23日(木)12時31分配信


 生活保護費の基準額の引き下げは憲法の保障する生存権を侵害するとして、仙台市在住の20代女性が市と国を相手取り、減額取り消しと1万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、仙台地裁(高取真理子裁判長)であった。

 原告側によると、同様の訴訟は仙台では初めて。原告の女性は精神疾患があり、就職が困難という。弁論後の記者会見で、女性は生活の窮状を訴え「自立したくてもできない人がいることを国には分かってほしい」と述べた。

 訴状によると、国は生活保護費のうち生活扶助について、2013年8月以降、3段階にわたり最大10%削減している。【本橋敦子】
そもそも矛盾しているんですよ。

若いみそらなのに働いていないのは、精神疾患があって、なんでしょ。弁護士の助けを得ているにしても、これだけ訴訟する能力があるのに、働けないの? 年寄りならともかく。

わたしは、おそらくはこの女性は、訴訟を”やらされている”んではないかと思う。つまり、サヨクが自分たちの主張のために、この精神疾患の女性を利用しているわけ。

どだい、勝ち目のある裁判ではないだろう。それにこの手の訴訟なら、一人で国に立ち向かったってどうにもならないわけで、集団訴訟にすべきだろう。以前、年寄りの生活保護の加算訴訟の時はそうだったし。

サヨク弁護団はおそらく、訴訟団の立ち上げに失敗したのではないか。それでたったひとりの原告になったのではないか。

最近はさすがに、生活保護受給者に対する目が厳しい。やはりこういうご時勢だから、働かず、税金も保険料も支払わずにただ国からお金をもらっている人に対する目は厳しい。

サヨクの人たちは、生活保護は権利なのだから堂々ともらえ、などと言うが、こういう意見は、少なくとも、額に汗流して働き、必死になって税金を納めている人からは支持されないだろう。共産党支持者以外は。

こんな無駄なことにエネルギーを使うくらいなら、働けるように努力すればよいのに、と多くの人は思うのではないか。


平成28年ミニコラム

2002.3.8サイト開始        
御意見ご批評をお待ちしています
政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば「あれは秘書のやった こと」と嘯いて、
自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。(鳩山語録)

鳩山由紀夫「秘書の犯罪は議員の犯罪」 2002年加藤紘一秘書事件時
 【沖縄・普天間問題】民主党・田村議員「地元の意見聞く必要ない!」   
民主党 鳩山総理、沖縄県民に約束!『普天間飛行場は県外移設』
民主党マニフェストへの質問 1
低線量被爆
井上準之助最期の演説(現在に通じること多し)

あるサイトにこんな記事↓がありました。作り話ではないようですので、本当だと思った方はこの記事をコピペしてたくさん広めましょう(平成18年1月20日;最初の一文でググったら、12件ヒットしました)

小泉純一郎の人となりを示す8年前の出来事

私が小泉純一郎という政治家に強烈な印象を受けたのは、1997年の事だった。
当時、橋本内閣の厚生大臣だった小泉は国会議員永年在職(25年)表彰を辞退した。

永年在職表彰を受けると、国会議員には2つの特典が与えられた。
ひとつは、国会が100万円出して画家に肖像画を描かせ、国会の委員会室に飾ること。
もう一つは毎月30万円の特別交通費支給だった。

しかし小泉は 「自分が国会議員をやってきた25年間のうちに国の財政も悪化してきた。その責任を担っている 自分が表彰を受け、特典を得るのはおかしい」という理由で、本来堂々と受け取れるはずだった 「名誉ある特典」を自ら拒否したのだった。

月額30万円というと大した事無い様に感じる人もいるかもしれない。しかしこの年額360万円 の特別支給は非課税で、しかも引退後も終生支給を受けられると言うまさに国会議員の「既得権益」 そのものだった。

実際、この「既得権益」を自ら手放すなど前代未聞だった。「変人」の面目躍如である。 肖像画を辞退した政治家は過去3名いたらしい(成田知巳、伊東正義、渡部一郎)が、 特別交通費はしっかり受け取っていたようだ。「政治腐敗を正す」はずだった社民党や共産党の政治家も、みな例外なくこの既得権益の恩恵に預かっていたのである。このニュースは当時マスコミもそれほど大きく取り上げなかった記憶がある。実際このエピソードは現在でもそれほど広くは知られてはいないようだ。メディア向けのパフォーマンスではなかったところに意味がある。こういうエピソードにこそ、その人間の本質が表れる。以後、小泉純一郎は個人的に「最も注目すべき政治家」の1人になった。


そして、その3年半後、小泉内閣が誕生した。就任後、小泉が真っ先に手を付けた改革の一つが国会議員改革だった。国会議員歳費法改正案など関連法案が可決され、永年在職議員の特典制度は2002年4月をもって廃止されたのである。
発電設備量単位 W
発電量単位 Wh
日本全体の発電量 約1兆kWh
日本全体の発電設備 約2億5000万kW
太陽光発電設備1kWで、年に1000kWhの発電が可能。
一般的には1kWの設備でその5倍の発電、すなわち年5000kWhの発電が可能。
消費税1% 約2兆円
日本全体の太陽光発電量設備量 2015年3月 2100万kW
日本全体の太陽光発電申請量 2015年3月 1億kW
日本全体の買取総額 約1.8兆円(2014年)年額5688円増
2030年見込み 約1.4億kW 約6.1兆円 年額 1万7000円増
自由化による電力料金上昇
火力発電の構成
スペインにおける再生可能エネルギー導入の状況と課題

業務用
業務用