1998年晩秋、南山大学演劇部のOB、OGを中心に旗揚げ。
年2回の名古屋・東京公演と2~5本の企画公演を行っている。
お客さんのニーズに合わせて裁判をする「漂流裁判」や、自分の周囲・半径75cmを国家とする政策を描いた「ここまでがユートピア」など一見奇抜なシチュエーションから繰り出される、『会話』と『関係』のズレを中心とした喜劇を上演している。
名古屋小演劇界で最大の動員数を誇る。
愛知県芸術劇場演劇フェスティバル、名古屋市民芸術祭など愛知県内の主だったコンクールや全国のコンクールで優勝多数。
2011年、名古屋市芸術奨励賞受賞。

作・演出の鹿目由紀は、NHK「中学生日記」、メ~テレ「加藤家へいらっしゃい!~ 名古屋嬢っ~」など、テレビドラマや他劇団への執筆多数。 名古屋の人気劇作家。
俳優陣も舞台にテレビに、あちらこちらと活躍中。

 2015 年 ○ 鹿目由紀、東海連合の演出として「教文短編演劇祭2015」優勝
○ 川本麻里那、「第二回名古屋演劇杯・最優秀俳優賞」受賞
 2014 年 ○ 鹿目由紀、「松原英治・若尾正也記念演劇賞」受賞
 2013 年 ○ 鹿目由紀、「名古屋演劇ペンクラブ賞」受賞
 2011 年 ○ 鹿目由紀、日本劇作家協会プロデュース「劇王Ⅷ」優勝
★ 平成22年度名古屋市芸術賞「名古屋市芸術奨励賞」受賞
○ 鹿目由紀、平成22年度愛知県芸術文化選奨「文化新人賞」受賞
 2010 年 ○ 鹿目由紀、日本劇作家協会プロデュース「劇王Ⅶ」優勝
★ 第10 回愛知県芸術劇場演劇フェスティバル「グランプリ賞」受賞
○ 鹿目由紀、「第26回名古屋市文化振興事業団芸術創造賞」受賞
○ 鹿目由紀、私と中合会津店エッセイ大賞「特別賞」受賞
○ 鹿目由紀、日本演出者協会主催・若手演出家コンクール2010 「優秀賞」受賞
○ 鹿目由紀、「第16回劇作家協会新人戯曲賞」受賞
 2009 年 ○ 鹿目由紀、日本劇作家協会プロデュース「劇王Ⅵ」優勝
★ 名古屋市民芸術祭2009 「芸術祭賞」受賞
○ 鹿目由紀、日本演出者協会主催・若手演出家コンクール2009 「優秀賞」受賞
 2008 年 ○ 鹿目由紀、名古屋市文化振興賞・戯曲部門佳作受賞
○ 鹿目由紀、日本劇作家協会プロデュース「劇王Ⅴ」優勝
○ 鹿目由紀、第8回AAF 戯曲賞佳作受賞
 2007 年 ★ 愛知県芸術劇場演劇フェスティバル「グランプリ賞」受賞
★ 名古屋市民芸術祭2007 「審査員特別賞」受賞
 2003 年 ★ 池袋シアターグリーンフェスティバルvol55 ・「シアターグリーン大賞」受賞
  ※ →○は個人賞

 1998 年  11月 劇団あおきりみかん結成。
 1999 年  3月
9月
其の壱「誰が為にベルは鳴る」
其の弐「殺人は突然に」
 2000 年  3月
7月
9月
12月
其の参「サンタクロースが多すぎる」
「グリコン戦隊リサイクルマン」(名古屋市環境センター)
其の四「フィーリングカップル」
「モンタージュ」
 2001 年  4月
11月
其の五「つかづはなれず」
其の六「恋は盲目」
 2002年  3月
6月
11月
「ひびけ歌声」(新人公演)
其の七「うみがとっても青いから」
其の八「とけないまほう」
 2003年  3月
6月
11月
ぽんかん劇場其の壱「えんもたけなわ」
其の九「ときはかねなり」
其の拾「朝まで待てない」
 2004年  3月
6~7月
11~12月
ぽんかん劇場其の弐「プラクティス・プラクティス」
其の拾壱「昼下がり車庫上がり」
其の拾弐「超喫茶で逢いましょう」
 2005年   3月
6~7月
11~12月
ぽんかん劇場其の参「1と2と3と4と5」
其の拾参「ホップ・ストップ・バスストップ」 
其の拾四「困ったさんの 困ったさんによる 困ったさんのための」
 2006年   11~12月 其の壱五「にぎやかな崖っぷち」
 2007年   5~6月
11~12月
其の拾六「上空劇場、さようなら」
其の拾七「漂流裁判」
 2008年   2月
3月
5~7月
8月
「不惑と窓際の行方」(劇王Ⅴ)
ぽんかん劇場其の参「ギャル~閉じません
其の拾八「パレード旋風が巻き起こる時」
其の拾九「蒲団生活者」
 2009年   2月
6~7月
11月
「信号の虫」(劇王Ⅵ)
其の弐拾「箱を持っている」
其の弐拾壱「占いホテル」
 2010年   2月
2月
5~6月
11~12月
「借り物と協奏」(劇王Ⅶ)
第31回 kyoto演劇フェスティバル 「階段話」
其の弐拾弐 「ここまでがユートピア」
其の弐拾参 「オンナの平和」
 2011年   2月
3月
6~7月
8月
11~12月
「溝」(劇王Ⅷ)
「現在、進行形」
其の弐拾四「気分屋」
「合戦」(教文演劇フェスティバル)
其の弐拾伍「歯に衣着せない」
 2012年   5~6月
8~9月
8月
10~12月
11~12月
其の弐拾六「ミュージカル 湖の白鳥」
日本劇作家協会プログラム「第16回劇作家協会新人戯曲賞」の競演「ここまでがユートピア」
名古屋テレビ塔公演「怪談×階段」
あおきり展
其の弐拾七「よく聞く」
 2013年   2月
3~4月
6~7月
8~9月
11月
12月
「上中下」(劇王Ⅹ)
其の弐拾八「迷子の部屋」(名古屋テレビ塔共催)
其の弐拾九「サーカス家族」
名古屋テレビ塔 真夏の怪談「『天国』へのエレベーター」
其の弐拾九「サーカス家族」(再演)
「森だって、生きている」(名古屋市主催)
 2014年   2~3月
6~7月
9月
12~1月
其の参拾「発明王子と発明彼女」
其の参拾壱「天国の東側」
まちおこし音楽劇「愛・かきつばた姫」
其の参拾弐「身辺生理」
 2015年   6~8月
其の参拾参「だるい女」
 2016年   3月
8~10月
其の参拾四「パラドックス・ジャーニー」
其の参拾伍「僕の居場所」
 2017年   1~3月
其の参拾六「ルート67」

其の一
あおきりみかんとは、まだ未熟で青い、非常にすっぱいみかんのこと。
劇団あおきりみかんもまだまだ未熟。完熟することなく、常に前進していこう!の意。

其の弐
主宰・鹿目は酸っぱいものが大好きである。


copyright 2008: gekidannaokirimikan all rights reserved.