Art Gallery



カラヴァッジオ(1573−1610) 

イタリア・ルネサンスにおける最後のそして最もスキャンダラスで偉大なる画家

光と影の効果を駆使したその劇的な表現と厳格なリアリズムは、新しい絵画言語をもたらした。
しかし彼は画歴の全盛期にありながら、殺人を犯したためにローマから逃亡、各地を転々とし、
38歳でその短い生涯を閉じた。


イサクの犠牲
 ]
病めるバッカス
 ]
ホルフェルネスの斬首
 ]
エマウスの夕食
 ]
聖マタイと天使
 ]
聖マタイの殉教
 ]
聖マタイのお召し
 ]
メドゥーサ
 ]
聖ペテロの磔刑
 ]
エマウスの夕食
 ]
聖フランチェスコ
 ]
聖ヒエロニムス
 ]
洗礼者ヨハネ
 ]
サロメ
 ]
聖ヒエロニムス
 ]
いかさまトランプ
 ]
ゴリアテの首を持つダヴィデ
 ]
聖パウロの改宗
 ]
バッカス
 ]
蛇の聖母
 ]
果物を持つ少年
 ]
女占い師
 ]
ナルキッソス
 ]
聖パウロの回心
 ]