★ZION(ザイオン)

下のほうに見えるシャープな尾根↓を歩いてきました。
高いところ苦手な人はかなりストレスかかります!
エンジェルス・ランディング頂上は比較的広々として開放的!
写真じゃわかりにくいですが信じられない断崖絶壁です。
エンジェルス・ランディング頂上付近(9合目くらい)
右下の白いTシャツの人物が私。
この幅のないシャープな尾根を
登るのです、スリル満点、まちがいない!

オブザベーション・ポイント頂上からの眺め。
人物後ろの黒っぽい山がエンジェルス・ランディング。


結構高いところも平気な妻。
エンジェルスランディングのさらに上いく高さ!

ザイオンは何度も訪れておりましたが、タイシタコトノナイ、グランドサークルの消化コースくらいにしか思っていませんでしたが、
オブザベーション・ポイントのトレイルしてからは一変!ここは間違いなく最高にハッピーな国立公園のひとつなのです!

2000年5月26日よりグランド・キャニオンのように混雑緩和のためシャトルバスを使った新しい交通システムが始まった。
駐車場はシアターとビジター・センター、スプリングデールの町にあり、駐車場からはシャトルバスで公園に入る。
シャトルバスは結構便利です。ザイオン・ロッジ宿泊以外で自家用車による進入は取り締まりの対象です。

入場$20/車1台あたり(2003年9月現在)
随分高くなったよ、この公園も・・・。

ハイキング・トレイル情報  ザイオンのトレイル・マップ

エンジェルス・ランディング  Strenuous
距離: 片道4.3km(標高差453m)
時間: 往復4時間
健脚向きのかなりハードな登山トレイル、とにかく高くて、スリルがあって、面白くて、しんどい!
高所恐怖症のかたはやめた方が良い。

オブザベーション・ポイント  Strenuous
距離: 片道6km(標高差655m)
時間: 往復5時間
見所の多いトレイル、途中アンテロープ・キャニオン風の写真スポットあり(コースを30分ほど外れます)。
ここもかなり崖っぷちを歩くがエンジェルス・ランディングより歩きやすいし、しんどいが楽しいトレイル。
頂上はエンジェルス〜の頂上を見下ろせるくらい高さを登るため、景色も満足度もあちらより上か!?


キャニオンオーバールック
出発地点:東ゲートへの途中、トンネルを抜けたすぐにある小さな駐車場。
距離: 片道0.8km(標高差50m)
時間: 往復約1時間

 ザ・ナローズ
距離:
時間:川の分岐までの簡易ナローズなら2時間 、その先の本物ナローズは1泊2日、ビジタ・ーセンターにてレジストリー必要。
要確認:その日の川の水量、天気予報。
ザ・ベスト・ハイキングコースと言う人多し!私はまだコースの途中までしか味わっていない。濡れるし、長いし
個人的にはコロブ・キャニオンのほうが興味がある。

エメラルド・プール・トレイル
距離:片道2km(標高差110m)
時間:約2.5時間 (Upper Emerald Pool Trailまで)

スプリングデールの宿=フラニガンズ・イン 
モーテルの前にシャトルバスの停留所がある宿。ビジターセンターまで3分。
ちょっと高いが洗練されており、きれいだし併設のレストランの質も高くおすすめ!



チェッカーボード・メサ
道路サイドより簡単に見られる。
昔、このあたりまでは無料だった!
「司教の宮殿」


この岩の下あたりがナローズの
リバーサイド・ウォークが始まる。
まだナローズの途中、
この後もっと狭くなるし水の中を歩く。



これがグレート・ホワイト・スローン
(周囲と比べると白いよ)
世界最大の1枚岩、バージン川からの
高さ約732メートル!
オーストラリアのエアーズロックを軽く凌ぐ!
左がグレート・ホワイト・スローンで
右下がエンジェルス・ランディングで
奥がスプリングデールの町方面




エンジェルス・ランディング
こんな感じのトレイルを登る登る登る
しつこい長さのつづら折りの
坂道トレイル
だんだんチェーンが必要に・・・
この辺になると高所恐怖症のかたには
まちがいなく無理です
かなり余裕の妻
全然余裕の無いわたし・・・
足元は垂直な崖、ここは頂上付近で気持ちE!
下の切り立った崖のリッジを登ってきたのです。
幅のない薄っぺらなトレイルで
両サイド断崖絶壁は最高に
スリリング!
遠近感解りにくいけれど数百メートル下に見える
道路はテンプル・オブ・シナワバに続く道路(右)
とヴァージンリバー(左)
頂上でゆっくり景色を堪能!
ザイオンロッジ〜スプリングデール
方面のパノラマです。
頂上です
頂上にあるモスト・ハイエスト・ポイント
石が積み重なった場所で事実上の頂点。





オブザベーション・ポイント

 

途中光の届かなくなる場所もいくつかある


野生の動物も上から落下して命を落とす
らしくリスさんの白骨もあったりする
スリリングなトレイル。
Weeping Rockのバス亭で下車
ヒドゥンキャニオンへの分岐を過ぎて
10分ほど登るとナローズ登場!
ここのナローズは勿論、水が無い
さらに10分くらいでガルチ発見!
いざ突入!
(実は迷い込んだだけなのさ!)
Weeping Rockのバス亭で降りるとグレートホワイトスローンを右手にみながらオブザベーションポイント
のトレイルに入ってゆきます。
ヒドゥンキャニオンと途中まで同じトレイルです、15分も歩けば分岐があります。
分岐を過ぎるとナローズよろしく,トレイルの両サイドは崖、しばらく行くとアンテロープ・キャニオン風の
トレイル(あくまでも本筋ではない)発見!片道約30分
終点は行き止まりでナチュラル・プールがありました(泳げるものではない)。
とてもおもしろいトレイルでハイカーマニアはオブザベーションポイントのアタック途中に訪れるようですが、
我々は偶然道に迷い混んだおかげでこのトレイルを制覇しました。 入り口付近でヘッドライト装備のハイカーに会った。
トラバース開始地点から終点のプールまで歩いて30分。御覧のように写真スポットは多数ありました。
引き返して10分ほどすると一人でやってきたアメリカ人に遭遇、一見して相当のトレッキングお宅の様子、
チャンスとばかり本来のオブザベイション・トレイルコースを聞いたら丁寧に教えてくれた、ラッキー!
こんな水溜りで足止めを食ったり
しながら奥へと進む
いろいろ苦労しながら前進
しなければならない。
水が流れている訳じゃないし
ナローズより面白いかもね。

ここに行こうと思った方へ

最初からキャニオンに入るとアップ・ダウン
が激しく体力を消耗してシンドイので、
左の写真のような右下が溝の場所を
歩いて5分ほど進むと突然視界が開けた
ところに出ます。

そのままトレイルを登るとオブザベーション
方面で、右手の川底に2メートルくらい
降りるとこのキャニオンに進入できる
ルートがあります。

このキャニオンを10分ほど
進むと分岐があり左は行き止まりで右
終点のプールまで行くコースです。

プールまで行かなくても、途中まででも
行く価値はあると思います。

だいたいのMAP


あと雨が少しでも降ったら絶対に引き返して
ください!間違いなく水が襲ってきます!
この左上の平らな道が本来のコース

上の道が本来のコース、我々はこの
下を一生懸命歩いたのです。
ナローズっぽいポイントの次は
左の険しい山を登り始める。
だんだんへばりつつあるわたし・・・
このポイントで2時間くらい経過
片方の崖の下は奈落のそこ、
このあたりまで来ると馴れてしまって
景色が楽しめるようになる。
こんな風なパノラマを見ながらの
トレイルなので飽きません。
エンジェルスランディングの↑頂上が
遥か下に見えます。
素晴らしい眺め、それにしても
疲れたトレイルだった・・・
恐ろしい絶壁ですが彼女は平気
なのでした・・・
三角点!?みたいのピーク印
最後まで妻は元気でした(^_^;