ヴェネチア
2001年

『インディジョーンズ 最後の聖戦』ロケ地
『インディジョーンズ 最後の聖戦』(スティーブン・スピルバーク監督
1989年) において、ハリソン・フォード演じるインディが、下写真(たぶん
バルナバ教会だと思う・・・中身はハリウッドで撮影)の作品中では図
書館の床に描かれた文様を解読、その地下通路へと秘密を探しに行く
場面に登場、隣の写真の八百屋も映画に出ていたが、現在も同じ場
所で営業中。
S・マルゲリータ広場とアカデミア橋の中間のサン・バルナバ広場にあり、キャサリン・ヘップバーンの「旅情」の、お店でグラスを買うシーンも、この広場すぐ近く。現在お店でグラスは売っていないが、今も営業中らしい。

Caff Florian
ご存知現存する最古のカフェであるカフェ・フローリアン.
向かいのカフェ、クアドリなどサン・マルコ広場2面するテラス席を持つカフェは、夏季になると外でのライブを競いあう。フローリアンが人も演奏も一番大掛かりである。ミュージック・チャージ=7500リラ/1人、ベリーニ1杯=21000リラであった、かなり高いが、夜はとっても雰囲気は良い。
ちなみにハリーズ・バーのベリーニのレシピは、白桃ピューレ1:プロセッコが3である。       2000年7月現在

Osteria Antico Dolo
San Polo地区リアルト橋に近いこの店は来るだけでも価値がある。
ネーロ系の料理を食べたくなったらここへ、勿論それ以外の料理もおいしい。
かつてパオロ・ヴィラッジオ、ベルスキ、レオナルド・ピエラッチョーニなど常連だったという

宿泊先ホテル・コロンビナ4★
運河沿いでチェックインも運河からOK。
このため息橋の奥に見える白いのが
ホテル・コロンビナ
ということはサンマルコ広場にめちゃ近い
ということです。
ホテルの水上フロントでここから船に乗り込む。
この運河の奥が「ため息橋」があり海に出る。

アカデミア橋の上からのキャナル・グランデの様子

ムラーノ島 運河沿いに当然のごとくガラスショップだらけ。
サンマルコ広場周辺よりは安いが、もともとは高いもの
なので小型のグラス関連しか購入できず。
ムラーノ・ガラス工房の
ガラス職人、いつまで見ていても飽きない。