HOME 戻る
霧島連山・高千穂の峰 1573m
 霧島・屋久国立公園は、宮崎・鹿児島両県に跨る霧島火山群からなる霧島地域、桜島を中心とする錦江湾地域、南方海上に位置する屋久島地域に分かれます。

 霧島地域は最高峰の韓国岳、新燃岳、高千穂峰等20数座の火山が集まった山々で、火口湖は10を数える。シイ・カシ・アカマツの自然林が残り、山頂付近はミヤマキリシマに覆われている。大浪池、御池、白柴池、六観音御池、不動池などの火口湖を有しています。また、えびの高原のノカイドウ群落は天然記念物です。


高千穂峰の一斉清掃
 2000年の山開きの前だったと思うが、自衛隊による山の一斉清掃が行われ沢山「何トン?」のゴミが運び出されたと、 ニュースや新聞で報道されていた。 「チリも積もれば山」とはこのことである。
 美しい山を見に登る人がゴミを捨てるなんて信じられません。

 
霧島連山縦走2009/10/10
高千穂峰2008/07/06

ドライブルート(熊本から高千穂河原まで3時間15分)
      6:45 熊本市長嶺発
      8:00 八代高速道路IC
      8:30 人吉高速道路IC
      9:00 ル−プ橋を渡り、加久藤トンネルを越る
     10:00 高千穂河原到着
 
 高千穂の峰は、何となく天から神様が降りてこられるような雰囲気がする。視界が良く天気の良い朝は、山頂から眺める峰々に掛かる雲海の動きとかを眺めていると、色んな変化があって空きが来ない。
高千穂峰の裾野 新燃岳
 御鉢の中は今も所々煙を上げていており火山活動が静かに続いている。外側は一部崩れて断層が現れ度重なる噴火を繰り返した様子が伺える。
御鉢1 御鉢2
 韓国岳から眺める大浪池は青空や樹林帯を映し込みコバルトブルーに輝く姿が美しい。向う正面から右側にミヤマキリシマが群生しています。高千穂峰のミヤマキリシマは風が強い性か地面に貼っていますが、ここのミヤマキリシマは大きくて人の背丈を越す物もあり大変綺麗で見事です。一周すると1時間程掛かりますが手前の半周は樹林帯の中を歩くのみです。
大浪の池21 大浪の池2

           
温泉情報
・新湯    : ひなびた温泉として雑誌等に紹介されているが、人は少なかった。入浴料500円しかし、最近の連休は車が道路脇まで
         数珠つなぎで大変混雑している。
・白鳥温泉 : 話のネタにと車を停めた。 レストラン、休憩所もありなかなかのものであった。温泉は温度が高いため水から先に入れる
         ようにと注意書きがしてあった。湯は熱く気持ちが良かった。 露天風呂は水で薄めてなく結構熱かった。サウナに入った
         が、またこれも熱かった。 座る椅子にタオルが置いてなく椅子が焼けていて最初座るとき尻が熱い。子供連れの親父が
         入って来て熱いのにびっくりし、すぐに出ていき洗面器に水を汲んできて椅子や足場にばら撒いていた