HOME 戻る
2008.5.4(日)           大崩山(1644m)      晴れ
 昨日は夏木山に登り素晴らしいアケボノツツジの開花を見ることが出来た。下山後、うめキャンプ村でオートキャンプする予定で受付を尋ねると満杯ですと返ってきた。しかたなく大崩の登山道を目指し車を走らせ美人湯まで来ると、美人湯下の駐車場は登山客で賑わっていた。水洗トイレや簡易流し台の設備があるので私達も車を止め車の横にテントを張った。駐車場は満杯になり9時を過ぎると大きなイビキが向いのテントから聞こえてきた。翌日、朝4時を過ぎると1台、2台と車が登山口へと出て行った。私達はゆっくり朝飯を食べて7時頃に出てゆきました。登山口の大分手前から車が路肩の右や左に止めてあった。登山口を過ぎて先の方に車を止めようと通過した。すると前方が道路工事で通行禁止になっていた。僅かな隙間でUターンし、通行禁止のガードを整理したら車1台止めるスペースが出来たので幸いでした。祝子川を渡る太い丸太橋があったが流されたのか、新しい鉄製の細長い橋になっていた。
Gps登山ルート   詳細はここ
所要時間(5:06)  登山口発←0:25→大崩山荘←1:56→袖ダキ←0:30→下わく塚←0:37→中わく塚←0:43→上わく塚←0:50→石塚←0:05→大崩山頂 
(家内と一緒のゆっくりタイムです。)                                                                     

 登山口から25分位で大崩山荘に着く、中を覗くと大きいバッグが3〜4個置いてあり皆さん出て行った後でした。

三里河原及びわく塚コース方面へ進むと丸太を組合わせた渡し木は無くなり、大きいロープが張られていた。
丸木の渡しは無くなっていた。 大崩山荘

 祝子川を渡る大きな丸太は無くなり、細くて短い鉄製の橋が掛けられていた。橋を渡り切るとロープが張ってあり、大きな岩を越え易くなっていた。 
祝子川を渡る

 雨宿りやビバークが出来る岩屋の横を通り、綺麗な水の流れる側を登る。私はその景色がとっても好きです。以前は水の流れも浅瀬でしたが洪水の性でか少し深くなっていました。 
水は青く澄んでいます 岩屋

 天気が良く素晴らしい眺めでした。袖ダキで一息する。小積ダキを眺めると今年もクライマーが挑戦していた。
下わく塚 袖ダキ

ハシゴの連続 下わく塚から中わく塚 中わく塚から上わく塚

  アケボノツツジは下わく塚付近と上わく塚付近の北側に咲き乱れています。左右の見事な写真は上わく塚付近のアケボノツツジです。
アケボノツツジ ツツジのトンネル

 家内がチョット疲れていたので山頂から二枚ダキ方面に下山した。心配していた道路工事は祝子川に掛かっていた橋が決壊し、谷は深くえぐれていました。幸い工事現場を監視していた人(赤丸内)が誘導してくれて左から右へ渡ることが出来ました。簡単そうに見えますが、工事用に掛けられた足場を使わなければ難しいものがありました。

 右写真は祝子川温泉、美人の湯の下にある駐車場で今朝まで沢山いた車も、残りわずかになり最後が私達でした。

 神戸から来た若者がロッククライミングをやりますと言っていたので小積ダキを攀じるのか聞いたら別の小岩と言っていた。
決壊した祝子川 美人湯の下の駐車場