HOME 戻る
2013.3.15(金)    根子岳(1408m)   標高差585m   晴れ  
 昨年の水害による釣井尾根登山ルートの状況を確認する為に登る。登山口手前の林道の舗装が水圧で膨れ上がりデコボコになっていたが、砂利を入れてあり四駆であれば通行可能に成っていた。

 登山道は道すれすれに崩壊した場所が3ヶ所あったが通行に支障はなく山頂まで問題なく登る事が出来た。

 山頂は私一人が独占し、最近では珍しく誰も登って来ませんでした。

 見晴新道の下山は上級者との同行が望ましい。下って直ぐ岩場の崩壊した場所が現れる。崩壊した場所の右横にある岩を攀じ登って岩の上を向う側へ下る事が出来る。しかし、岩が脆(もろい)いので要注意。岩から降りる時もロープを使ったが良い。屏風岩、見晴台を通り中山尾根を下りカガミガウド登山口へ下山。
 
ドライコース : 長嶺自宅8:40) →  (9:50)駐車した場所
登山ルート : 駐車した場所(10:3) → (10:19)釣井尾根登山口 → (11:04)展望所 → (12:01)東峰山頂
    下山  : 山頂(13:35) → 見晴新道 → 中山尾根 → カガミガウド登山口 →  (14:54)駐車した場所

          

 杉を切り出している所の林道がぬかるみがありトラックのタイヤ跡が大きくエグレ、洗車したばかりの我が車を汚したくなかったので、登山道から少し手前であるが空き地に駐車し登山口まで歩(16分)くことにした。

釣井尾根登山口 登山口

 登山口から急坂を登ると10分足らずで尾根に上がる。
登山口からの急坂 急坂を尾根に上がると正面に東峰

 登山口から約1時間、見晴らしの良い展望所に着く。休憩するのに丁度良い。
展望所 展望所から天狗を望む

 左に大きな崩壊場所がありそこを過ぎると、大戸尾根方面からは見ることの出来ない東峰の素晴らしいピラミッドが見える。
東峰のピラミッド 良い眺め

 頂上は高森側からの登山者もなく、久し振りに私が独占しました。

 黄砂も少なく祖母山の山々を確認する事が出来た。
頂上から祖母山を望む 東峰から天狗岩と高岳」を望む

 下山は見晴新道、中山尾根を下りました。崩壊場所の横の岩を越えて向う側へ下りたが、岩が脆くて足元も安定していないので少し緊張した。
 

 
岩へのアプローチは緩やか 岩は脆く谷は深い


 岩の上は安定していてヒカゲツツジが群生していた。

 下りは少し太い木が生い茂り、素手でも降りる事は出来たが、折角ロープを持って来ていたので使ってみた。

 岩から降りた後の下山は昨年確認していたので問題なく順調に下山出来た。
日陰ツツジの群生する岩の上 下りにロープを使う