HOME 戻る
2011.11.03(木)        根子岳(1408m)      標高差640m  曇り
 鹿納山へ登る予定で車を走らせると高森峠を過ぎる頃に雨が降り出した。カーラジオの天気予報で延岡方面の天気が午前中雨の予報であったので鹿納山へ登るのを断念し、根子岳へ登る事にした。高森の色見付近は少し霧雨が残っていたので、暫くリンゴ狩りをして登山口へ向かった。
 登山口近くの駐車場や、登山道へ入って直ぐの駐車場も満杯で林道の路肩にズラーット車が並んでいた。
 今年は朝夕が暖く余り冷え込みが感じられないので紅葉はどうかな!と思っていた。しかし、登山口から登るに連れ今年も素晴らしい紅葉が目に飛び込んできた。根子岳の紅葉を始めて見る登山者が素晴らしいの連発を放っていた。
 根子岳には黄色に紅葉する木が点在し、赤色もナナカマドやドウダンツツジ等、鮮やかで一段と紅葉が綺麗に見える。
 頂上は所狭しと人集りで記念写真も撮れない程でした。天狗への縦走路の空いている所は全て食事をする人達が座り込んでいた。また、天狗まで縦走する人達で渋滞していた。
 昨年は南峰を独占出来て良かったが・・・今年は余りの人出が多いので食事が済んで直ぐ下山した。しかし、どんどん登って来る団体があって離合する事が多かった。

根子岳ホームへ
 
登山ルート   大戸尾根コース : 路肩駐車(9:35) → (10:30)岩場  → (11:00)展望所  → (11:25)東峰山頂                   
                     

 登山口から1時間程で梯子のある岩場に到着する。そこは紅葉も大分進んでいた。ミズナラやクヌギ系は黄色と言うより少し茶色で、鮮やかな赤はナナカマド、コミネカエデやマユミの木、黄色はシロモジやタカノツメ等で、カエデの中でもミネカエデやウリハダカエデは黄色く紅葉していた。
ミズナラの向うに天狗岩 黄色いミネカエデと天狗

 根子岳東峰展望所、ここまでくれば頂上はもう直ぐ、ゆっくり登って30分で到達する。
展望所から天狗 展望所から東峰は約20分

          
、大きいヤマモミジは太陽に当たっている部分は赤く色づいて綺麗だが影の部分はまだ緑色。

 黄色く色づいたシロモジ、なかなか良い色です。クロモジの紅葉も見てみたい。シロモジは九州の多くの山で見かけるが、クロモジは長者原から雨ヶ池へのルートで見かけただけ。
ヤマモミジ シロモジ

         
 登山口で出会った花達、カワラナデシコやヒゴシオンと黄色い花はヤクジソウ?
カワラナデシコ ヒゴシオン
アキノノゲシ