HOME 戻る
2009.10.10(土)  霧島連山(韓国岳・獅子戸岳・新燃岳・中岳&白鳥山)  晴れ 

 林田バス、「高千穂河原」(8:37)発、「えびの高原」行きに乗るため我家を6:00に出発した。途中、トイレタイムを取ったものの予定通り8:00に高千穂河原に着いた。えびの高原までのバス料金は、駐車料金と同じ410円です。韓国岳から縦走する人は連休とあってか20人弱と意外と多かった。天気は晴れ気温18度と清々しい朝である。硫黄岳は白い煙りを吐いており、賽の河原は何となく恐山の雰囲気に似ていた。五合目まで登ると眼下にえびの高原が広がり白紫池を抱えた白鳥山と硫黄山の向うに台形の形をした甑岳(こしきだけ)を見下ろす。七合目を過ぎると勾配が緩やかになり、右下に大浪池が姿を現す。山頂に着くと沢山の人で賑わっていた。御鉢の中を覗いたが紅葉には少し早いようでした。南の方には獅子戸岳、新燃岳、中岳と連なり、そして高千穂峰がずっしりと腰を下ろし威厳を唱えているかのようである。18年前に息子と登った時から大浪池の美しさと高千穂峰の雄々しさが好きになり数回登っているが、今回は奥さんと一緒に眺めることが出来て良かった。韓国岳から獅子戸岳への縦走は一旦300m程下る。折角登ったのに勿体無い位である。1時間20分位で獅子戸岳山頂に着く。新燃岳と高千穂峰の素晴らしい風景が大パノラマで目に映る。この景色を眺めながら獅子戸岳で昼飯を取る。獅子戸岳を下山し新燃岳へ登る途中、振り返ると獅子戸岳の岩峰部分が獅子の頭に見えたので成るほどと思った。獅子戸岳kら30分位で新燃岳に着く。お鉢の湖底はエメラルドグリーンに輝きその周りに白い煙が数本立ち上がっていた。中岳はなだらかな草原で秋の風が吹き抜けて心地よい。高千穂峰の鋭いを山頂を眺めしばし休憩。

ドライブコース:熊本長嶺6:00(発) 高速利用→ 8:00高千穂河原(着)  林田バス:高千穂河原(発)8:37 → 9:06えびの高原駐車場(着)

登山コース: えびの駐車場9:13 → 9:30硫黄岳 → 10:45韓国岳10:57 → 12:20獅子戸岳13:04 → 13:33新燃岳13:52 → 14:18中岳14:43 → 15:23高千穂河原  所要時間(6時間10分)
          【地図】                   

 駐車場から20分足らずで硫黄岳に着く。賽の河原にケルンは見えないが何となく恐山の賽の河原を小さくしたような感じがする。 
えびの高原駐車場 硫黄山と賽の河原

 五合目に着くと、えびの高原を一望出来、白鳥山と甑岳を眼下に望む。
白鳥山と白柴池、不動池 硫黄岳と甑岳

大浪池は澄み渡りコバルトブルーの湖面が美しい

 韓国岳山頂は秋晴れ、眼下には大浪池、そして南東に獅子戸岳、新燃岳、中岳そして高千穂峰の縦走路を見ていると飽きが来ない。山頂に着いてホット!縦走に向けてエネルギーを補給。バナナとみかんを食べる。
韓国岳山頂 韓国岳

獅子戸岳、新燃岳、高千穂峰

 韓国岳から獅子戸岳へは約1時間20分位で到着、獅子戸岳からの眺めは抜群で、ここでゆっくり昼食タイム。うどん・リンゴ・みかんを食べる。コーヒーが美味しい〜。
獅子戸岳の岩峰 新燃から獅子戸岳

 獅子戸岳から約30分で新燃え岳へ到着、何と言っても御鉢の中のエメラルドグリーンの湖面と吹き上げる白い噴煙が目を奪う。
新燃の御鉢 エメラルドグリーンと噴煙

 新燃え岳から約25分で中岳へ到着。ススキの草原で一味違う。高千穂峰を目の前にチョット一息。我家でとりたてのミカンを食べる。あと下山まで一息。すごい。足も軽い。
中岳 中岳山頂で休憩

 
白鳥山から白柴池と韓国岳 御池から韓国岳

女優黒木瞳さんと同じポーズ。すこし肉が・・・
顔はしっとりツルツル。
お昼は「さつま地鶏つみれ鍋」3150円を食べる。
天然泥湯 この人何族?満足よ

せっかく天然泥湯から上がり気分良くしてたのに、また大浪池を見に、階段を上る。長い〜汗を掻いた・・・
大浪池から韓国岳 夕方の湖底