HOME 戻る
2008.6.27(金)       根子岳(1408m)   晴れ
 梅雨の長雨が続いている中、金曜日だけ1日晴れて、土日はまた雨の天気予報なので本日(6/27)に家内と登ることにした。

 オオヤマレンゲはヤカタガウドの登山ルートに多く見られ、まだ蕾も沢山ありましたので7月上旬までは楽しめそうです。天女の花と言われ、朝膨らんだ蕾が昼になると咲き始め薄紅色のオシベを覗かせます。満開になる夕方甘い香りを漂わせますが、3日目花は枯れて褐色に変ります。

今日は美人のオオヤマレンゲを撮ることが出来満足です。長雨が続いている性かヤカタガウドの谷は昭和時代のように水が流れていました。眼鏡岩の所まで来ると二人が休憩していた。地元、一の宮の植木職人と言っていた。

 マツのミドリ摘みの事や、オオヤマレンゲの種を採って、家で育てることや、挿し木をして育てる事等を教わり、大変な収穫があった。

 
2012年阿蘇地域の大豪雨でヤカタガウドの登山ルートは崩壊し、それに伴いオオヤマレンゲも流されてしまった。現在(2013年)オオヤマレンゲを確認出来るのは東の峰から天狗のコルへの縦走ルートで見られる。


根子岳関連情報はこちらをクリックして下さい。



眼鏡岩

 眼鏡岩の上の方に小さな架け橋があった岩が崩れてバラバラになって登山道に落ちて来ていました。左の写真をクリックすると崩壊前の写真を表示します。                      
眼鏡岩 植木職人の市原さん(中)

ヤマアジサイ バイカ