ヨアケドリ


 作詞 蟻ん子&kya  作・編曲 kya




 静かなる地平の向こう
 全てが混ざり合う色彩の果てよ

 永久(とこしえ)に揺らぎ続けるという
 光と影を導く煌めきよ



 飛び立ち越えてく 消えてく  
 群れの行く先を

 追い求め 思い焦がれる
 地に眠る夢

 舞い落ちる 花の名を
 刻む君の瞳に

 映りゆく 終焉と
 始まりの 光

  

 無限の世界にたゆたう君は
 現(うつつ)を導くために はばたく

 全ての地平を越えて
 どこまでもその瞳に命(こころ)に
 朱く焼き付ける



 空と地上 絡みゆく
 誰も存在した事ない場所で

 羽を丸めて眠りにつく
 鼓動のない命があるという



 時の静寂を響かせる
 最果ての幻想

 狂騒を遠ざけゆく
 孤独の調べ



 来るべき時を告げ
 独り飛び立つ背は

 輪廻から 解き放つ
 あらゆる世界を

 今



 夢幻の時間を 彷徨う君に
 小さなこの雫の欠片でも

 届かぬ腕の遥か上空を
 凛とした哀しい瞳の君は去りゆく

 悠久の風を その背に受け止め
 世界を覆う翼を 広げてく

 舞い落ちる 輝く羽を手の平に
 抱いて 未来(あす)への
 希望(ヒカリ)を 見つめる



 越えてゆく 消えてゆく
 限りなき世界の果て

 越えてゆく 消えてゆく
 新たな地平の向こうへ

 越えてゆく 消えてゆく
 終わりなき未来の果て

 永遠(とこしえ)に 羽ばたいてく
 世界全てを観る鳥よ